インターフェース自動切替えについて(CAPT機)



インターフェース自動切替えについて(CAPT機)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028200



ここでは、インターフェース自動切替えについて説明しています。

インターフェース自動切替えとは、インターフェースを自動的に切替えて、複数のインターフェースからデータを受信しプリントすることができる機能です。種類の異なるインターフェースに同時に接続している時でも、先にデータを受信したインターフェースに自動的に切り替えて印刷を行います。

 



詳細情報:
  1. インターフェース自動切替えについて(CAPT機)

【詳細1】インターフェース自動切替えについて(CAPT機)

■インターフェース自動切替えについて(CAPT機)

機種名
対応状況
LBP9200C/9100C/7200CN
LBP6300
LBP5610/5600SE/5600
LBP5300/5200/5100/5050N/5000
LBP3600/3500
LBP3310/3300
LBP-2410
LBP-1210/1110/1110SE/1110Premium

インターフェース自動切替え有り

ネットワークやUSBやパラレルなど異なるインターフェースに同時に接続している時でも、先にデータを受信したインターフェースに自動的に切り替えを行います。

 

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1110 SE / LBP-1110 Premium / LBP-1120 / LBP-1210 / LBP-210 / LBP-220 / LBP-220Pro / LBP-250 / LBP-2410 / LBP3000 / LBP3000B / LBP3100 / LBP3200 / LBP3210 / LBP3300 / LBP3310 / LBP3500 / LBP3600 / LBP5000 / LBP5050 / LBP5050N / LBP5100 / LBP5200 / LBP5300 / LBP5600 / LBP5600SE / LBP5610 / LBP6200 / LBP6300 / LBP7010C / LBP7200C / LBP7200CN / LBP9100C / LBP9200C

 

[TOP▲]
このページのトップへ