トナーカートリッジの交換方法(LBP-1110シリーズ/350/250)



トナーカートリッジの交換方法(LBP-1110シリーズ/350/250)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028294




ここでは、LBP-1110シリーズ、LBP-350/250のトナーカートリッジの交換方法について説明しています。

【重要】

本プリンタはトナーカートリッジの寿命が近づいても、プリンタ本体やお使いのコンピュータに警告メッセージは表示されません。
用紙の縦方向に白いすじが入ったり、印字のカスレやムラが出た場合を交換の目安としてください。


このような症状が発生した場合は、トナーカートリッジを取り外しトナーカートリッジの交換方法[
手順4]のように、トナーカートリッジをゆっくりふってみてください。
トナーカートリッジを振っても現象が改善されない場合は、新しいトナーカートリッジへ交換してください。
交換の際は、本プリンタ専用のトナーカートリッジと交換してください。

商品名 商品コード 価格(税別) 印刷可能枚数
EP-22 トナーカートリッジ
1550A001
9,800円
約2,500枚

※A4サイズ、5%印字比率、印字濃度が工場出荷初期設定値の場合の数値です。
 グラフィックデータやグラフデータなどを印刷した場合、トナー消費量が多くなりますので、トナーカートリッジの寿命が短くなります。

 



詳細情報:
  1. トナーカートリッジの交換方法

【詳細1】トナーカートリッジの交換方法

【警告/注意】

  • 使用済みのトナーカートリッジを火中に投じないでください。トナーカートリッジ内に残ったトナーに引火して、やけどや火災の原因になります。
  • トナーで衣服や手を汚さないように注意してください。衣服や手が汚れた場合は、直ちに水で洗い流してください。温水で洗うとトナーが定着し、汚れがとれなくなることがあります。

トナーカートリッジの交換方法

1

本体のフロントカバーを開きます。

 

2

トナーカートリッジを取り出します。

【警告】
使用済みのトナーカートリッジは、絶対に火の中に投じないでください。カートリッジ内に残ったトナーに着火してやけどや火災の原因になります。

3

新しいトナーカートリッジを保護袋から取り出します。

トナーカートリッジが入っていた保護袋は、メンテナンスや修理でプリンタからトナーカートリッジを取り出す際に必要となりますので、捨てずに保管しておいてください。

 

4

図のような方向にトナーカートリッジをゆっくりと5回〜6回ゆすり、内部のトナーをならします。

 

5

トナーカートリッジを平らな場所に置き、カートリッジ側面のタブを図のように折り曲げます。

シーリングテープが引ける状態になります。

 

6

シーリングテープを水平に引き抜きます。

斜めや下向きに引きと、途中で切れて引き抜けなくなることがあります。

7

トナーカートリッジの左右の突起を本体内部のガイドに合わせて押し込みます。

8

奥に突き当たったら、図のように押し込み、カチッとロックされることを確認します。

9

フロントカバーを閉じます。

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1110 SE / LBP-1110 Premium / LBP-250 / LBP-350

 

[TOP▲]
このページのトップへ