用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法(LBP5610/5600SE/5600)



用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法(LBP5610/5600SE/5600)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028315



手差しトレイおよび給紙カセットからプリントする場合は、以下の順番に設定を行ってください。
  1. 各給紙元に用紙をセットする
  2. プリンタドライバで用紙サイズ/用紙タイプ/給紙部を設定する

ここでは、2.のプリンタドライバでの設定方法を説明します。

「1.各給紙元に用紙をセットする」については、関連情報の「手差しトレイに用紙をセットする方法給紙カセットに用紙をセットする方法」をご覧ください。



■用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法

プリントするときは、プリンタドライバ上で、本体にセットした用紙サイズ、用紙タイプ(種類)、給紙元の設定を行ってください。

用紙サイズ/用紙タイプを設定/変更する方法
1

アプリケーションソフトの[ファイル]メニューから[印刷]を選択します。
次に[名前]または[プリンタ名]でプリンタを選択し、[プロパティ]をクリックします。

プリンタのプロパティダイアログボックスが表示されます。

 

2
[ページ設定]ページをクリックし、[原稿サイズ]でアプリケーションソフトで作成した原稿のサイズを選択します。
3
[出力用紙サイズ]で本体にセットした用紙のサイズを選択します。
4

[給紙]ページをクリックし、[給紙部]で用紙がセットされている給紙元(例:手差しトレイ)を選択します。

5
[用紙タイプ]でセットされている用紙の種類に合わせて下記の設定値を選択します。
用紙の種類
ドライバの設定
普通紙(64-105g/m2) 普通紙*1
厚紙(106-169g/m2) 厚紙 1
厚紙(170-220g/m2) 厚紙 2
コート紙 コート用紙*2
ラベル用紙 ラベル紙
ハガキ はがき*3
封筒 *4
長尺紙 <長尺紙を印刷する場合>

*1

普通紙(64g/m2)を「普通紙」に設定してプリントした結果、次のような不具合があった場合は、「普通紙 L」に設定してください
・普通紙(64g/m2)をプリントした結果、用紙のカールが目立つ場合
・幅がレターサイズ(279.4mm)以下の用紙を連続印刷したときに、印刷速度が遅くなる場合

*2 106-169g/m2以外のコート紙の場合は、以下の設定を行ってください。
105g/m2以下の場合:

[用紙タイプ]を「普通紙」に設定する

170-220g/m2の場合:
  1. [用紙タイプ]の設定を[コート紙]にする
  2. [仕上げ]-[仕上げ詳細]-[処理オプション]の順にクリックし、[処理オプション]ダイアログボックスの[特殊定着モード]の設定を[モード 4]にする
*3

[はがき]は、[ページ設定]ページの[出力用紙サイズ]の設定が[はがき]、[往復はがき]、[4面はがき]の場合にのみ選択できます。
また、LBP5600SE/5600は、はがき、往復はがき、4面はがきサイズの普通紙(64-105g/m2)に印刷する場合は[普通紙]を選択し、厚紙(106-169g/m2)やキヤノン推奨4面はがきに印刷する場合は、[厚紙 1]を選択します。

*4 封筒の場合は、[ページ設定]ページの[出力用紙サイズ]を設定すると自動的に各用紙タイプに適した印刷モードで印刷されます。

<長尺紙を印刷する場合>

以下のいずれかの方法で設定を行ってください。

  • [お気に入り]から[長尺紙]を選択する

  • [印刷品質]ページの[印刷品質]で[ユーザ設定]を選択し、[設定]ボタンをクリックして、[ユーザ設定]ダイアログボックスの[モード詳細]で[高速(長尺紙対応)]を選択します。


6

[OK]をクリックして、プロパティダイアログボックスを閉じます。

7
[OK]をクリックし、印刷を実行します。
以上で設定は終了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP5600 / LBP5600SE / LBP5610

 

[TOP▲]
このページのトップへ