WindowsXP/2000 はがき印刷時のプリンタドライバ設定方法(LIPSドライバ)



WindowsXP/2000 はがき印刷時のプリンタドライバ設定方法(LIPSドライバ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028354



はがきで印刷する場合、プリンタドライバ側ではがきサイズを設定する必要があります。
ここでは、プリンタドライバでのはがきサイズの設定方法を説明します。

はがきなど、プリンタドライバの用紙サイズの変更は、以下の2通りの設定(変更)方法があります。

  1. ご利用のアプリケーションソフト上から変更する場合 → 【詳細 1 へ】
  2. どのアプリケーションからでも全て同じサイズで出力する場合 → 【詳細 2 へ】

一時的に用紙サイズを変更する場合は、「アプリケーションソフトから用紙サイズを変更する方法」をご覧ください。
どのアプリケーションからでも全て同じサイズで出力する場合は、「プリンタダイアログボックスから用紙サイズを変更する方法」をご覧ください。

 



詳細情報:
  1. アプリケーションソフトから用紙サイズを変更する方法
  2. [プリンタ]ダイアログボックスから用紙サイズを変更する方法

【詳細1】アプリケーションソフトから用紙サイズを変更する方法

■アプリケーションソフトから用紙サイズを変更する方法

ここでは、アプリケーション上からプリンタドライバの用紙サイズを変更する手順を説明します。
全てのアプリケーションからの印刷の用紙サイズを変更する場合は、[プリンタ]ダイアログボックスから用紙サイズを変更する方法をご覧ください。

画面はWindowsXP環境でLIPSIVプリンタドライバVer10.52を使用した場合の例になります。OSやプリンタドライバのバージョンにより、若干画面は異なりますが、設定手順は同じです。
アプリケーションソフトからの用紙サイズ変更方法
1

アプリケーションソフトのメニューから、印刷コマンドを選択します。

ここではワードパッドを例にしています。 アプリケーションソフトにより、印刷画面の表示方法は異なります。
2

アプリケーションソフトの印刷画面で、印刷したいプリンタが選択されていることを確認し、[プロパティ]や[詳細設定]をクリックし、ドキュメントプロパティダイアログボックスを開きます。

[プロパティ][詳細設定]などの表現はアプリケーションにより異なります。
ここではワードパッドを例にしています。
3
ドキュメントプロパティダイアログボックスの[ページ設定]ページで、[原稿サイズ]のリストボックスから「はがき」を選択します。
4
[原稿サイズ]に「はがき」が設定されていることを確認し、[OK]をクリックしドキュメントプロパティダイアログボックスを閉じます。
5

アプリケーションソフト上から印刷を実行します。

以上で設定が完了です。

トレイ給紙(手差し給紙)を行う場合、プリンタ側でトレイ用紙サイズをデータサイズにあわせて変更する必要があります。
トレイ用紙サイズの変更方法につきましては、関連情報トレイ用紙サイズの設定方法」をご覧ください。

アプリケーションソフトによっては、アプリケーションソフト上での用紙サイズの設定も必要なケースがあります。プリンタドライバ側で用紙サイズを変更してもきちんと出力されない場合は、アプリケーション側の用紙サイズの設定もご確認ください。
アプリケーションソフトの操作につきましては、アプリケーションソフトに付属の取扱説明書をご覧ください。

 

 

戻る

【詳細2】[プリンタ]ダイアログボックスから用紙サイズを変更する方法

■[プリンタ]ダイアログボックスから用紙サイズを変更する方法

ここでは、[プリンタ]ダイアログボックスから用紙サイズを変更する手順を説明します。

[プリンタ]ダイアログボックスから用紙サイズを変更すると、プリンタドライバのデフォルト値を変更することになります。
全てのアプリケーションソフトからの印刷がここで設定した用紙サイズで出力されるようになります。
データごとに用紙サイズを切り替える場合は、「アプリケーションソフトから用紙サイズを変更する」をご覧ください。

画面はWindowsXP環境でLIPSIVプリンタドライバVer10.52を使用した場合の例になります。OSやプリンタドライバのバージョンにより、若干画面は異なりますが、設定手順は同じです。
[プリンタ]ダイアログボックスから用紙サイズを変更する方法
1

[プリンタ]ダイアログボックスを開きます。

[プリンタ]ダイアログボックスの開き方はWindowsのバージョンにより異なりますので、それぞれ以下をご参照ください。

<WindowsXP Professional/Server2003の場合>
[スタート]→[プリンタとFAX]を選択してください。

<WindowsXP HomeEditionの場合>
[スタート]→[コントロールパネル]→[プリンタとハードウェア]→[プリンタとFAX]を選択してください。

<Windows2000の場合>
[スタート]→[設定]→[プリンタ]を選択してください。

[スタート]メニューから[コントロールパネル]→[プリンタとハードウェア]→[プリンタとFAX]を選択してください。

画面はWindowsXP HomeEditionの場合です。
2

[プリンタ]ダイアログボックスで、設定を変更するプリンタを選択した状態で、[ファイル]メニューから[印刷設定]を選択し、ドキュメントプロパティダイアログボックスを開きます。

3
ドキュメントプロパティダイアログボックスの[ページ設定]ページで、[原稿サイズ]のリストボックスから「はがき」を選択します。
4
[原稿サイズ]に「はがき」が設定されていることを確認し、[OK]をクリックしドキュメントプロパティダイアログボックスを閉じます。

以上で設定が完了です。

トレイ給紙(手差し給紙)を行う場合、プリンタ側でトレイ用紙サイズをデータサイズにあわせて変更する必要があります。
トレイ用紙サイズの変更方法につきましては、関連情報トレイ用紙サイズの設定方法」をご覧ください。

既にアプリケーションソフトを起動してしまっている場合は、アプリケーションソフト再起動時にこの設定が有効になります。

 

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP3410 / LBP3700 / LBP3800 / LBP3900 / LBP3910 / LBP3920 / LBP3930 / LBP3950 / LBP3970 / LBP3980 / LBP-430 / LBP-450 / LBP-470 / LBP4510 / LBP5400 / LBP5500 / LBP5700 / LBP5800 / LBP5900 / LBP5900SE / LBP5910 / LBP5910F / LBP6600 / LBP6700 / LBP6710i / LBP-720 / LBP-730 / LBP-740 / LBP-740e / LBP-750 / LBP7600C / LBP7700C / LBP-830 / LBP-840 / LBP-850 / LBP-870 / LBP-880 / LBP8610 / LBP8620 / LBP8630 / LBP-910 / LBP9500C / LBP9510C / LBP9600C / LBP9650Ci

 

[TOP▲]
このページのトップへ