印刷データの消去(リセット)方法(LBP-1910/950)



印刷データの消去(リセット)方法(LBP-1910/950)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028383



ここでは、プリンタ内のデータを消去(リセット)する方法を説明します。

パソコン側の操作でプリントを中止しても、すでにプリンタに一部データが送られている場合、プリントジョブが終わらないことがあります。
そのような場合に、プリンタ側で現在実行中の処理やすべての作業を以下の手順で中止することができます。

プリンタ内のデータを消去(リセット)する方法としては、以下の3つの方法があります。

1. ジョブキャンセル →現在実行中のプリント(印刷)をキャンセルする方法
2. ソフトリセット →現在実行中の処理を中止する方法
3. ハードリセット →すべての処理やすでにメモリに受信されたデータを消去する方法


詳細情報:
  1. プリントをキャンセルする方法(ジョブキャンセル)
  2. 現在実行中の処理を中止する(ソフトリセット)
  3. すべての作業を中止する(ハードリセット)

【詳細1】プリントをキャンセルする方法(ジョブキャンセル)

■プリントをキャンセルする方法(ジョブキャンセル)

現在実行中のプリントをキャンセルしたいときは、次の操作で「ジョブキャンセル」を実行します。
ジョブキャンセルは、そのときデータ受信中またはデータ処理中のジョブをキャンセルすることができます。
次のプリントデータやまだデータ処理が始まっていないジョブには影響しません。

【重要】

ジョブキャンセルは、必ずデータ処理をしているとき(ジョブランプ点灯または点滅中)に、オフライン状態で行ってください。
ジョブランプが消灯しているときに[ジョブキャンセル]をしてもジョブキャンセルは行われません。
すでにデータ処理が終わり印刷処理中(給紙動作が始まった状態)のデータは、キャンセルできません。
その場合、その次のプリントデータがキャンセルされることがありません。
プリンタ専用でないプリンタドライバから送信されたプリントデータが混在している場合、複数のデータがキャンセルされることがあります。
ジョブキャンセルを行ったときに、「03 ジョブ キャンセル」と表示されてもジョブがキャンセルされてないことがあります。
パスワード入力前のセキュアプリントジョブやボックスに保存するジョブはキャンセルすることはできません(LBP5800/5700/2810/2710)。

 

ジョブキャンセルは、次の手順で操作します。必ずジョブランプが点灯または点滅しているとき(キャンセルしたいジョブがデータ受信中またはデータ処理中の状態)に行ってください。

印刷ジョブの削除方法

※下記操作は、必ずパソコン側の送信データを削除した後に行ってください。

1. [オンライン]を押します。
 
オンラインランプが消灯し、操作パネルで設定できる状態になります。
ディスプレイ表示は、使用状況により表示が異なります。ジョブ処理中は、ディスプレイ上段に動作モード、下段にユーザ名やプリンタの状態などの情報が表示されます。
2. [ジョブキャンセル]を押します。
 
「03 ジョブ キャンセル」が表示され、処理中のプリントデータがキャンセルされます。

データの受信中など処理に時間がかかるときは、「00 ジョブ スキップ」の表示に変わります。

【重要】
「00 ジョブ スキップ」が表示されているときは、[リセット]を押してソフトリセットまたはハードリセットを行うことができます。
その場合は、受信中のプリントデータや他のインターフェースのプリントデータも消去されますので、再度プリントを行ってください。
「03 ジョブ キャンセル」が表示されているときは、ソフトリセットまたはハードリセットを行うことができません。ジョブキャンセルが完了するか、「00 ジョブ スキップ」が表示されるまでお待ち下さい。
「00 インサツ カノウ」または「00 LIPS」が表示されたら、ジョブキャンセル完了です。

 

戻る

【詳細2】現在実行中の処理を中止する(ソフトリセット)

■現在実行中の処理を中止する(ソフトリセット)

現在実行中の処理を中止したいときは、次の操作で「ソフトリセット」を実行します。
ソフトリセットは、すべてのインタフェースに受信されたプリントデータや処理中のジョブ、プリンタメモリ内のプリントデータを消去します。

【重要】

必ずパソコン側でプリント中止の操作を行ってからプリンタ側でプリント中止(ソフトリセット)の操作を行ってください。
ソフトリセットを行うと、そのときプリント中のデータやすべてのインタフェースで受信中のデータは消去されますので、再度パソコンからプリントしなおしてください。
他のインタフェースのデータでも、すでにメモリに受信されたデータはすべて消去されます。ネットワークで使用しているときは、他のパソコンからのデータに影響しないように、この操作を行ってください。
ジョブの保存中や排紙待ちなど、実行中のデータがないときは、ソフトセットができない場合があります。そのようなときは、ハードリセットを行ってください。
エミュレーションモード時の場合、全ての印字パラメータが初期化されます。
登録データ(登録文字、ユーザページのフォーム、マクロデータ)はメニューの「トウロクレベル」が「イチジ」に設定されている場合のみ初期化されます。

 

手順

※下記操作は、必ずパソコン側の送信データを削除した後に行ってください。
1. [オンライン]を押します。

※オンラインランプが消灯し、操作パネルで設定できる状態になります。

2. [リセット]を押し続け、「03 ソフト リセット」と表示されたら離します。
 
約1秒で表示されます。そのまま5秒以上押す続けると「03 ハード リセット」の操作になります。

「03 ソフト リセット」の表示が消えたらソフトリセットが完了します。

3. [オンライン]を押します。

※オンラインランプが点灯し、プリントできる状態になります。

 

戻る

【詳細3】すべての作業を中止する(ハードリセット)

■すべての作業を中止する(ハードリセット)

何らかの理由で、すべての処理やすでにメモリに受信されたデータを消去したいときは、次の操作で「ハードリセット」を実行します。
ハードリセットは、すべてのインタフェースに受信されたプリントデータや処理中のジョブ、プリンタメモリ内のプリントデータを消去します。

【重要】

データの受信中にリセットした場合、まだメモリに受信していないデータは、リセット処理後に受信されます。
ただし、正しくプリントされないことがあります。
他のインタフェースのデータでも、すでにメモリに受信されたデータはすべて消去されます。
ネットワークで使用しているときは、他のパソコンからのデータに影響しないように、この操作を行ってください。
全ての印字パラメータ及び登録データ(登録文字、ユーザページのフォーム、マクロデータ)が初期化されます。

 

手順

※下記操作は、必ずパソコン側の送信データを削除した後に行ってください。
1. [オンライン]を押します。

※オンラインランプが消灯し、操作パネルで設定できる状態になります。

2. [リセット]を押し続け、「03 ハード リセット」と表示されたら離します。
 
「03 ハードリセット」が表示されるまで(約5秒)押す続けます。5秒未満の場合は、「03 ソフト リセット」の操作になります。

「03 ハード リセット」の表示が消えたらハードリセットが完了します。

3.

[オンライン]を押します。

※オンラインランプが点灯し、プリントできる状態になります。

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1910 / LBP-950

 

[TOP▲]
このページのトップへ