排紙先を切り替える方法(LBP3500)



排紙先を切り替える方法(LBP3500)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028483




ここでは、本体上面の「排紙トレイ」と本体背面の「サブ排紙トレイ」の切替方法について説明します。
排紙先の種類については、
関連情報給紙先/排紙先の種類」をご参照ください。

【注意】

  • 印刷中に排紙先の切り替えは行わないでください。紙づまりの原因になります。
  • 排紙部のローラには衣服や手などを近づけないでください。印刷中でなくてもローラが急に回転し、衣服や手などが巻き込まれて、けがの原因となることがあります。

 



詳細情報:
  1. サブ排紙トレイに切り替える
  2. 排紙トレイに切り替える

【詳細1】サブ排紙トレイに切り替える


排紙先をサブ排紙トレイに切り替えるときは、以下の手順で行います。

サブ排紙トレイに切り替える方法
1 サブ排紙トレイを開けます(1)。
A4などの大きい用紙を排紙する場合は、補助トレイを引き出します(2)。
A3などの長い用紙を排紙する場合は、延長トレイを開けます(3)。
2

プリンタの[印刷設定]または[プロパティ]を開き、[仕上げ]ページにある[排紙先]で[自動]または[サブ排紙トレイ]を選択します。

[自動]を選択する場合は、サブ排紙トレイが開いていることを確認してください。サブ排紙トレイが閉まっている場合は、排紙トレイに排紙されます。

【重要】
サブ排紙トレイは、上向き(フェースアップ)で排紙されるため、1ページ目から印刷するとページ順が逆に積み重なって排紙されます。ページ順をそろえて排紙したい場合は、[仕上げ]ページの[仕上げ詳細]ダイアログボックスにある[サブ排紙トレイ使用時に排紙順序を逆にする]にチェックマークを付けると、最終ページから印刷するため、ページ順を揃えて排紙することができます([サブ排紙トレイ使用時に排紙順序を逆にする]の初期設定値は、チェックマークが付いている状態です)。

 

 

戻る

【詳細2】排紙トレイに切り替える


排紙先を排紙トレイに切り替えるときは、以下の手順で行います。

排紙トレイに切り替える方法
1 延長トレイ、補助トレイを閉じて(1)、サブ排紙トレイを閉めます(2)。
2

プリンタの[印刷設定]または[プロパティ]を開き、[仕上げ]ページにある[排紙先]で[自動]または[排紙トレイ]を選択します。

[自動]を選択する場合は、サブ排紙トレイが閉まっていることを確認してください。サブ排紙トレイが開いている場合は、サブ排紙トレイに排紙されます。

 

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP3500

 

[TOP▲]
このページのトップへ