WindowsXPの共有プリンタへの印刷が正常に行えない



WindowsXPの共有プリンタへの印刷が正常に行えない
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028876



詳細情報:
  1. WindowsXPの共有プリンタへの印刷が正常に行えない

【詳細1】WindowsXPの共有プリンタへの印刷が正常に行えない

■現象

以下の手順にてWindows9x系OSクライアントから、WindowsXP共有プリンタへの印刷が正常に行えない

  1. Windows XPにLBP-220/220Proドライバ(Windows2000用プリンタドライバ)をインストールする
    ※LBP-220/220ProをWindowsXPで利用する場合、Windows2000用プリンタドライバを使用します。
  2. プリンタを共有する
  3. クライアントPC(Win9x/WinMe)にLBP-220/220Proドライバをインストールし、プリンタポートをネットワーク先に割り当てる

 

■原因

WindowsXPでは、Windowsディレクトリの下にあるフォルダを共有した場合に、Windows2000と異なり、デフォルトでの共有がうまく出せません。(OS仕様となります)

 

■回避策

[手順(サーバ側のみ)]

  1. WPSフォルダをWindowsフォルダからドライブ直下に移動する。(共有は自動的に解除される)
  2. 共有が解除されたWPSフォルダを、再度 Windowsフォルダにコピーする。(移動ではないので注意して下さい)
  3. 1.のドライブ直下のWPSフォルダを共有する。(「ネットワークユーザによるファイルの変更を許可する」はチェックしなくてもOK)

<C:\Windows\WPS フォルダ>ではなく< C:\WPS フォルダ>が共有されている状態で、Windows9x系OSクライアントからの印刷が可能になります。

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-220 / LBP-220Pro

 

[TOP▲]
このページのトップへ