プリンタドライバをインストール後、プリンタフォルダを開くとフリーズする(ハングアップする)



プリンタドライバをインストール後、プリンタフォルダを開くとフリーズする(ハングアップする)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000028878



詳細情報:
  1. プリンタドライバをインストール後、プリンタフォルダを開くとフリーズする(ハングアップする)

【詳細1】プリンタドライバをインストール後、プリンタフォルダを開くとフリーズする(ハングアップする)

■現象

WindowsNT4.0 SP3環境において、プリンタドライバをインストール後、プリンタフォルダを開くとプリンタフォルダがフリーズする(ハングアップする)

 

■発生環境

OS:WindowsNT4.0 Service Pack3
プリンタドライバ:キヤノン製LIPS4プリンタドライバ Ver4.70/Ver4.71

 

■回避方法

WindowsNT4.0 Service Pack3 を Service Pack6a または、Service Pack5 以上へバージョンアップを行ってください。

すでに上記現象が発生している場合はプリンタファルダが開けなくなる為、アンインストール出来ない状況が発生することがあります。
その場合は、以下の手順でバージョンアップ作業を行ってください。 

  1. [スタート]→[検索]→[ファイルやフォルダ]から[\winnt\system32]の下にある<Aucplmnt.dll>および<Aucjlmnt.dll>ファイルを検索します。
    *インストールされている機種によりどちらか一方の場合もあります。
    *[\winnt\system32\spool\drivers\w32x86]の下にあるファイルではありませんので注意してください。

  2. <Aucplmnt.dll>および<Aucjlmnt.dll>のファイル名を変更します。
    (例)Aucplmnt.dll → Aucplmnt1.dll

  3. OSを再起動します。

  4. Service Pack 6a(5以上)にアップします。

  5. 手順2で変更したファイル名を元に戻します。

  6. OSを再起動します。

 

Service Packのバージョンアップが行えない環境でご利用の場合

Service Packのバージョンアップが行えない環境の場合には、上記手順3までを行ってください。
その後、下記サイトより最新プリンタドライバ(Ver4.80以降)を入手し、インストールしてください。
その際、上記手順2にて変更したファイル名は元に戻さないでください。

http://cweb.canon.jp/drv-upd/lasershot/ls4-nt4.html

※手順2にて変更したファイルは、プリンタドライバインストール後に削除してください。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-2030 / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2160 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP-430 / LBP-450 / LBP-470 / LBP5500 / LBP5700 / LBP5800 / LBP-720 / LBP-730 / LBP-740 / LBP-740e / LBP-750 / LBP-830 / LBP-840 / LBP-850 / LBP-870 / LBP-880 / LBP-910 / LBP-930 / LBP-930EX / LBP-950

 

[TOP▲]
このページのトップへ