印字結果にムラ、汚れが入る(LBP3410)



印字結果にムラ、汚れが入る(LBP3410)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000029324




ここでは、LBP3410で印刷結果にムラが出る場合や、印刷した用紙の表面や裏面に黒点状の汚れが付着する場合の原因と対処方法について説明しています。

 



詳細情報:
  1. トナーがなくなった
  2. 用紙が湿っている、あるいは乾燥している
  3. トナーカートリッジが劣化、あるいは損傷している
  4. 定着ローラが汚れている

【詳細1】トナーがなくなった

■原因

トナーカートリッジ内のトナーがなくなった可能性があります。

■対処方法

新しいトナーカートリッジに交換してください。
トナーカートリッジの交換方法については、関連情報トナーカートリッジの交換方法」 を参照してください。

 

戻る

【詳細2】用紙が湿っている、あるいは乾燥している

■原因

用紙が湿っている、あるいは乾燥している可能性があります。

■対処方法

適切な用紙に交換し、印刷しなおしてください。
使用する用紙については、関連情報使用できる用紙・使用できない用紙」を参照してください。

規格にあった用紙でも、保管が悪いと変質してしまうことがあります。変質した用紙は給紙 不良や紙づまりの原因になったり、印字品質の低下を招くことがあります。 用紙を保管するときは、次のことにご留意ください。

  • 用紙は特に水分を嫌いますので、湿らせないようにしてください。
  • 用紙の包装紙は、湿気および乾燥を防ぐ働きをします。使用するまでは包装したままにしておいてください。また、使用しない用紙は包装紙に包んでおいてください。
  • 平らな場所に保管してください。
  • 床面は一般に湿度が高いので、用紙を床に直接置かないでください。
  • 用紙が丸まったり折り目がつくような置きかたをしないでください。
  • 用紙を立てて保管したり、あまり多く積み重ねないでください。
  • 直射日光の当たる場所や湿度の高い場所、乾燥している場所に保管しないでください。
  • 保管場所と使用する場所の温度や湿度に著しく差がある場合は、包装したままで一日ほど 使用する場所に置いて、室温に慣らしてから使ってください。急激な温度や湿度の変化 は、用紙の丸まりやしわの原因になります。
戻る

【詳細3】トナーカートリッジが劣化、あるいは損傷している

■原因

トナーカートリッジが劣化、あるいは損傷している可能性があります。

「トナー ヨコク」「トナー カクニン」などのメッセージが表示された後にもそのまま使い続けると、トナーカートリッジが劣化し、印刷品質にムラ等のトラブルが発生してきます。
また、光がトナーカートリッジ内の感光ドラムにあたり、性能が劣化し、プリントの品質が低下し印刷結果にムラ等のトラブルが現れることもあります。

■対処方法

新しいトナーカートリッジに交換してください。
トナーカートリッジの交換方法については、関連情報トナーカートリッジの交換方法」を参照してください。

 

戻る

【詳細4】定着ローラが汚れている

■原因

定着ローラが汚れいている可能性があります。

■対処方法

印刷した用紙の表面や裏面に黒点状の汚れが付着するような場合は、次の手順で定着ローラを清掃してください。
清掃することで、画像不良の発生を防止します。

【重要】

  • A4サイズの用紙以外に、クリーニング用紙をプリントすることはできません。
  • A4サイズの用紙をご用意ください。
  • クリーニング用紙を印刷するには、手差しトレイにA4サイズの用紙をセットしてください。

 

定着ローラの清掃方法(LBP3410)

1

プリンタがオンライン状態になっていることを確認します。

オンライン状態になっていいない場合、[オンライン]を押します。

 

2

[ユーティリティ]()キーを押します。

<パネル表示>

3

[ユーティリティ]()キーまたは、[セットアップ]()キーを押し、「クリーニング」を選択し、[OK]キーを押します。

ディスプレイに「クリーニング ヨウシ」と表示され、クリーニング用紙の印刷待ちになります。

<パネル表示>

4

手差しトレイにA4サイズの用紙をセットし、[オンライン]キーを押します。

<パネル表示>

クリーニング用紙が印刷されます。
5

クリーニング用紙の印刷面を下にして、矢印が奥になるように手差しトレイにセットします。

6

[オンライン]キーを押します。

用紙がゆっくりと送られて、定着ローラの清掃を開始します。

クリーニングの実行には約90秒かかります。
クリーニングは中止することができません。完了するまでお待ちください。

<パネル表示>

クリーニング用紙を使って、定着ローラのクリーニングを行っても、印刷した用紙の表面や裏面に黒点状の汚れが付着するような場合は、印刷したクリーニング用紙を使わずにA4サイズの白紙を手差しトレイにセットして、「クリーニング ジッコウ」を再度行ってください。

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP3410

 

[TOP▲]
このページのトップへ