トナーカートリッジの交換方法(LBP-830)



トナーカートリッジの交換方法(LBP-830)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000033281




ここでは、LBP-830のトナーカートリッジの交換方法について説明しています。

トナーカートリッジは消耗品です。プリンタの使用中にトナーが少なくなると、ディスプレイにメッセージが表示されます。
メッセージが表示された場合は、新しいトナーカートリッジに交換してください。

【重要】

印字がかすれたり、印字むらが出るときは、「16 トナー チェック」や「16 トナー コウカン」メッセージが表示されなくても、トナーカートリッジの寿命がきていることが原因です。印字品質が低下したら、そのまま使い続けずに新品のトナーカートリッジと交換してください。交換の際は、必ずプリンタ専用のトナーカートリッジを使用してください。

商品名 商品コード 価格(税別) 印刷可能枚数
EP-BS トナーカートリッジ* 1535A001

36,000円

約6,000枚

VP-BS トナーカートリッジ* 1536A001 72,000円 約17,000枚
(約8,500枚×2)
* 在庫限りで販売終了になります。

※VP-BSトナーカートリッジは、EP-BSトナーカートリッジ増量品の2本パックです。
※A4サイズ、5%印字比率、印字濃度が工場出荷初期設定値の場合の数値です。
  グラフィックデータやグラフデータなどを印刷した場合、トナー消費量が多くなりますので、トナーカートリッジの寿命が短くなります。

 



詳細情報:
  1. トナーカートリッジの交換方法(LBP-830)

【詳細1】トナーカートリッジの交換方法(LBP-830)


次の手順で搬送ローラ付近の清掃をしたあと、新しいトナーカートリッジと交換してください。

【警告/注意】

  • 使用済みのトナーカートリッジを火中に投じないでください。トナーカートリッジ内に残ったトナーに引火して、やけどや火災の原因になります。
  • プリンタを使用した直後は、定着器や搬送ガイドが非常に高温になっています。ヤケドなどの恐れがありますので、絶対に手で触れないように注意してください。
  • プリンタ内部の電極部やすき間などに手を触れたりものを入れたりしないでください。破損の原因になります。

トナーカートリッジの交換方法

1

給紙トレイを開き、開閉レバーを押し上げて前カバーを開きます。

トレイ給紙を行っているときは、トレイ上の用紙をすべて取り除いてから前カバーを開いてください。

 

2

使用済みのトナーカートリッジを取り出します。

トナーカートリッジは、緑色の取っ手を両手でつかんで引き出します。

3

搬送ローラ付近に用紙くずがたまっているときは、クリーニングします。

用紙くずは、柔らかい布に少し水を含ませ、固く絞って拭き取ります。拭き取った後は、必ず乾いた柔らかい布でカラ拭きしてください。
絶対に中性洗剤などのクリーニング溶液は使用しないでください。
搬送ローラに水気や用紙くずが残らないように、綺麗に拭きとってください。水気が残っていると、故障などの原因になります。

4

新しいトナーカートリッジを保護袋から取り出し、図のように持ち、2〜3秒に1回程度の速さでゆっくりと5〜6回振って、内部のトナーを均一にならします。

トナーカートリッジが入っていた保護袋は、捨てずに保管しておいてください。プリンタのメンテナンスなど、トナーカートリッジを取り出すときに必要になります。

 

5

黒い保護シートを図の矢印の方向に引き、取り除きます。

6

トナーカートリッジを平らな場所に置き、カートリッジを抑えながら、シーリングテープを引き抜きます。

曲げて引いたり、上向きや下向きに引っ張ったりすると、シーリングテープが途中で切れ、完全に引き抜けなくなることがあります。シーリングテープは、タブに指を掛け、まっすぐ横に引っ張って引き抜いてください。
シーリングテープは最後まで完全に抜き取ってください。
手や衣服をトナーで汚さないように十分に注意して作業を行ってください。

 

7

図のようにして、トナーカートリッジを本体にセットします。

トナーカートリッジの緑色の取っ手を両手でつかみ、両側の突起を本体内側のガイド溝に合わせます。緑色の取っ手を少し持ち上げぎみにしてしっかりと奥へ押し込みます。

 

8

前カバーと給紙トレイを閉じます。

前カバーは両手で静かに持ち上げ、カチッと音がするかでしっかり閉じてください。

 

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-830

 

[TOP▲]
このページのトップへ