用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法(LBP5100)



用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法(LBP5100)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000035213



ここでは、プリンタドライバ上で[用紙サイズ]、[用紙タイプ]、[給紙部]の設定を行う方法について説明します。

用紙を各給紙部にセットした後は、次の手順でプリンタドライバの設定をして印刷を行ってください。

各給紙部に用紙をセットする方法については、関連情報をご参照ください。

 



詳細情報:
  1. 用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法(LBP5100)

【詳細1】用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法(LBP5100)

■用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法(LBP5100)

用紙を給紙部に設定したあと、以下の手順でプリンタドライバの設定をして印刷します。

【重要】

  • アプリケーションソフトで用紙サイズを [はがき] や [ハガキ] に設定しても、プリンタドライバの用紙タイプは [はがき] に設定されません(アプリケーションソフトの用紙サイズの設定は、通常 [ファイル] メニューの [ページ設定] や [印刷設定] で行います)。
    例:Adobe Reader 7.0 ([ファイル] メニューから [印刷設定] を選択します。

  • 公社製はがき、公社製往復はがき、公社製4面はがき、キヤノン推奨4面がはきに印刷する場合は、必ずプリンタドライバの [給紙] ページの [用紙タイプ] を [はがき] に設定してください。
用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法
1
アプリケー本ソフトの [ファイル] メニューから [印刷] を選択し、[名前] または [プリンタ名] で本プリンタを選択し、 [プロパティ] をクリックします。
2

[ページ設定] ページを表示して、[原稿サイズ] からアプリケーションソフトで作成した原稿のサイズを選択します。

[原稿サイズ] を [はがき]、[往復はがき]、[4面はがき]、[封筒洋形2号]、[封筒洋形4号] に設定すると、右のメッセージが表示され自動的に[用紙タイプ]が設定されます。
3

必要に応じて [出力用紙サイズ] でセットした用紙のサイズを選択します。

【重要】

  • [原稿サイズ] と給紙カセットにセットした用紙サイズが同じ場合は、設定を変更する必要はありませんので、[原稿サイズと同じ] に設定しておきます。
  • [原稿サイズ] と [出力用紙サイズ] の設定が異なると、自動的に拡大または縮小して印刷されます。
4

給紙カセットから印刷する場合は、プrンタステータスウィンドウの [カセット用紙サイズの登録] ダイアログボックスの設定と [出力用紙サイズ] の用紙サイズが一致していることを確認します。

[カセット用紙サイズの登録] ダイアログボックスの表示方法は、関連情報給紙カセットに用紙をセットする方法」を参照してください。

 

5

[給紙] ページを表示して、[給紙部] を選択します。

[給紙方法] を [全ページを同じ用紙に印刷] 以外に設定している場合は、[給紙部] の設定が [最初のページ] や [その他のページ] などに変わりますが、[給紙部] の設定と同様に設定します。

普通紙以外の用紙を給紙カセットから印刷する場合は、[給紙部]で[カセット1]または[カセット2]を選択してください。[自動]を選択すると、給紙カセットからは給紙できません。
【重要】
[給紙] ページの[給紙部] を [カセット1] または [カセット2] に指定した場合、プリンタドライバの [仕上げ詳細] ダイアログボックスにある [用紙サイズのチェックを行う] にチェックマークが付いていないと、用紙サイズのチェックは行われません。
給紙カセットにセットされている用紙サイズや設定が異なる場合、[用紙サイズのチェックを行う] にチェックマークが付いていると(工場出荷時の設定)、以下の例のようになります。
例)
給紙カセット
にセットした
用紙サイズ
出力用紙
サイズ*1
カセット
用紙サイズ
の登録*2
プリンタの動作
A5
A4
A5
[出力用紙サイズ] と [カセット用紙サイズの登録] の設定が異なっているため、プリンタステータスウィンドウに「用紙が指定と異なります」 というメッセージが表示され、印刷を一時停止します。
A4
A4
A5
A5

A4

A4
[出力用紙サイズ] より給紙カセットにセットした用紙サイズが小さいため、先頭ページの印刷後にプリンタステータスウィンドウに [用紙が指定と異なります] というメッセージが表示され、印刷を一時停止します。
A4
A5
A5
そのまま印刷されます。ただし、[出力用紙サイズ] より給紙カセットにセットした用紙サイズが大きいため、余白が大きく印刷されます。
*1 [ページ設定] ページにある設定
*2 プリンタステータスウィンドウの [オプション] メニューの [デバイス設定] にある設定
メッセージが表示された場合、[出力用紙サイズ] で設定した用紙サイズに印刷するときは、給紙カセットに正しい用紙をセットしなおして、[カセット用紙サイズの登録] ダイアログボックスの設定を正しい用紙サイズに設定します。現在セットされている用紙に印刷するときは、[エラー復帰] ボタンをクリックします。なお、[給紙部] を [自動] に指定した場合は、[用紙サイズのチェックを行う] の設定に関わらず用紙サイズのチェックを行います。
厚紙、OHPフィルム、ラベル用紙を給紙カセットから印刷する場合は、[給紙部] で [カセット1] または [カセット2] を選択してください。[自動] を選択すると、給紙カセットからは給紙できません。
6
[用紙タイプ] でセットした用紙のタイプを選択します。

[用紙タイプ]に応じて、次のように設定してください。

用紙タイプ
プリンタドライバの設定
普通紙 60〜74g/m2 [普通紙L]

75〜90g/m2

[普通紙]
厚紙 91〜120g/m2 [厚紙 1]
121〜163g/m2 [厚紙 2]
OHPフィルム [OHPフィルム]
ラベル用紙 [ラベル用紙]
はがき [はがき]
封筒 *
* 封筒の場合は、[ページ設定] ページの [出力用紙サイズ] を設定すると自動的に各用紙タイプに適した印刷モードで印刷されます。[用紙タイプ] を [封筒] に設定して印刷した結果、封筒のふたが貼り付いてしまう場合は、[用紙タイプ] を [封筒L] に設定してください。
7
[OK] をクリックして、プロパティダイアログボックスを閉じます。
8 [OK] をクリックして、印刷を実行します。

 

 

戻る
関連情報: 戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP5100

 

[TOP▲]
このページのトップへ