Debianパッケージのインストール・アンインストール方法(LIPS4/LIPSLX)



Debianパッケージのインストール・アンインストール方法(LIPS4/LIPSLX)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000037024



ここでは、Debianパッケージのインストール・アンインストール方法について説明します。


INDEX

1.  必要なソフトウェア
2-1.Debian パッケージ・インストール/アンインストール方法
2-2.プリンタドライバを更新する
2-3.ドライバのアンインストール方法


■1. 必要なソフトウェア

本プリンタドライバはLIPSフィルタを使用するため、システム環境に応じた共通API(Glue Code)対応Ghostscriptが必要です。
右記のWebサイトでお使いのOSの共通API(GlueCode)対応状況を確認し、必要に応じてGhostscriptをアップデートインストールしてください。

http://opfc.sourceforge.jp/index.html.ja

DebianでGhostscriptを アップデートインストールする場合は、http://opfc.sourceforge.jp/debian.html.jaに記載されている「ESP Ghostscriptのインストール」を実行してから、以下の手順でデフォルト設定を変更してください。

デフォルト設定の変更方法

1 rootでログインします。
$ su
2 右記のコマンドを入力します。 # update-alternatives --config gs
画面に右記のように表示されます。

Selection   Alternative
------------------------------------------
 *+ 1       /usr/bin/gs-gpl
   2       /usr/bin/gs-esp

Press enter to keep the default[*], or type selection number:

3 gs-espの番号を選択します。
(例では2

 

戻る


■2-1. Debian パッケージ・インストール/アンインストール方法

このインストール方法は、新規インストールあるいは、古いドライバを一旦アンインストールして、インストールする場合に利用します。

新規インストール方法
1 Linuxを起動して、rootでログインします。
$ su
2 CUPSドライバ共通モジュールをインストールします。
右記のようにコマンドを入力します。
# dpkg -i [CUPSドライバ共通モジュールのファイル名]
3 プリンタドライバモジュールをインストールします。
右記のようにコマンドを入力します。
# dpkg -i [LIPS4プリンタドライバモジュールのファイル名]
4 CUPSを再起動します。
右記のようにコマンドを入力します。
# /etc/init.d/cupsys restart
5 プリントスプーラにプリンタ(PPD)を登録します。

<パラレル接続の場合>
# /usr/sbin/lpadmin -p [Printer] -m [PPD File] -v parallel:/dev/lp0 -E

<プリンタがUSB 接続の場合>
# /usr/sbin/lpadmin -p [Printer] -m [PPD File] -v usb:/dev/usb/lp0 -E

<プリンタがネットワーク接続の場合>
# /usr/sbin/lpadmin -p [Printer] -m [PPD File] -v lpd://[IP Address]/[Printer] -E

ネットワーク接続の場合の登録手順例
Canon iR105(名称をiR105 とした場合)を 登録する場合 (IP Address: 172.23.44.111)

# /usr/sbin/lpadmin -p iR105 -m CNCUPSIR105SK.ppd -v lpd://172.23.44.111/iR105 -E

 

戻る


■2-2.プリンタドライバを更新する

既存のプリンタドライバをアンインストールせずにアップデートインストールすることができます。

アップデートインストールの方法

1 Linuxを起動して、rootでログインします。
$ su
2 すでにプリンタ(PPD)登録が行われている場合は、プリンタのスプーラ登録を 削除します。
右記のようにコマンドを入力します。
# /usr/sbin/lpadmin -x [Printer]

iR105という名称で登録しているプリンタを削除
/usr/sbin/lpadmin -x iR105
3 CUPSドライバ共通モジュールをインストールします。
右記のようにコマンドを入力します。
# dpkg -i [CUPSドライバ共通モジュールのファイル名]
4 プリンタドライバモジュールをインストールします。
右記のようにコマンドを入力します。
# dpkg -i [LIPS4プリンタドライバモジュールのファイル名]
5 プリンタドライバのバージョンを表示させて、新しいバージョンのドライバのみが 残っていることを確認します。
右記のようにコマンドを入力します。
$ dpkg -l | grep cndrvcups
6 CUPSの再起動する。
# /etc/init.d/cupsys restart
7

プリントスプーラにプリンタ(PPD)を登録します。

2-1.Debian パッケージ・インストール/アンインストール方法の【手順 5】の『プリントスプーラにプリンタ(PPD)を登録』の項目を参照ください。
 

 

戻る


■2-3.ドライバのアンインストール方法

アンインストール方法

1 rootでログインします。 $ su
2 プリンタのスプーラ登録を削除します。
右記のようにコマンドを入力します。
# /usr/sbin/lpadmin -x [Printer]

iR105という名称で登録しているプリンタを削除
/usr/sbin/lpadmin -x iR105
3 プリンタドライバモジュールをアンイストールします。
右記のようにコマンドを入力します。
# dpkg -P [LIPS4プリンタドライバモジュールのファイル名]
4 CUPSドライバ共通モジュールをアンインストールします。
右記のようにコマンドを入力します。
# dpkg -P [CUPSドライバ共通モジュールのファイル名]

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1620 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-2050 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP3410 / LBP3700 / LBP3800 / LBP3900 / LBP3910 / LBP3930 / LBP3950 / LBP5500 / LBP5700 / LBP5800 / LBP5900 / LBP5900SE

 

[TOP▲]
このページのトップへ