Norton Internet Securityのファイアウォール設定手順



Norton Internet Securityのファイアウォール設定手順
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000037343



ここでは、Norton Internet Securityのファイアウォール設定手順について説明します。


INDEX

  1. Norton Internet Securityのファイアウォール設定手順
  2. ネットワーク環境下で共有プリンタを使用する場合のサーバの設定
  3. ネットワーク環境下で共有プリンタを使用する場合のクライアントの設定

■Norton Internet Securityのファイアウォール設定手順

Norton Internet Securityがインストールされた、Windows Vista環境で、USB接続でデフォルト状態のままCAPTプリンタを使用すると動作遅延が発生します。
CAPTプリンタを通常の動作速度で使用可能にするためには、以下の手順で、Norton Internet Securityのファイアウォール設定を変更してください。

USB接続時の設定方法

1

Norton Internet Securityのアイコンをダブルクリックし起動します。
Norton Internet Securityのアイコン
2

「Norton」の画面が開いたら、[Norton Internet Security]タブを選択し、[設定] を選択します。

 

「Norton」の画面
3 「設定」 内の[Webセキュリティ]→[ファイアウォール]をクリックします。 「Norton」の画面
4 設定]ボタンをクリックします。 「Norton」の画面
5

「インターネットセキュリティとファイアウォールのオプション」画面が開いたら、[プログラムの制御]をクリックし以下のプログラムが追加されていることを確認します。

・CNAXXRPK→RPCサーバプロセス
・CNAXXSWK→ステータスウィンドウ本体
XX」に入る文字はお使いの環境によって異なります。

「アクセス」の設定は「カスタム」のままで設定変更は不要です。
このプログラムを手動で削除してしまった場合でも、再度、プリンタドライバのプロパティを開くと自動的にプログラムが追加されます。
ただし、再追加されるまでは若干時間がかかります。

 

「インターネットセキュリティとファイアウォールのオプション」画面
6 拡張設定]をクリックし、[設定]ボタンをクリックします。

「インターネットセキュリティとファイアウォールのオプション」画面
7

「一般ルール」画面が開いたら、

・「EPMAPのデフォルト遮断

のチェックを外し、[OK]をクリックします。

「一般ルール」画面
以上で設定は完了です。

 

戻る


■ネットワーク環境下で共有プリンタを使用する場合のサーバの設定

USB接続の端末をサーバとして、ネットワーク接続でインストールしようとした場合、Norton Internet Securityがインストールされている環境では、ネットワーク上のPCを参照できません。
Norton Internet Securityのファイアウォール設定を変更し、ネットワーク接続でインストールするためには、以下の手順で設定を変更してください。

【重要】
  • クライアント端末にも Windows Vistaを使用し、Norton Internet Securityをインストールした環境を想定しています。
    また、サーバー側のWindows Vista には「USB接続時の設定方法」が適応済みであることを前提条件としています。

サーバーの設定

1

Norton Internet Securityのアイコンをダブルクリックし起動します。
Norton Internet Securityのアイコン
2

「Norton」の画面が開いたら、[Norton Internet Security]タブを選択し、[設定] を選択します。

 

「Norton」の画面
3 「設定」内の[Webセキュリティ]→[ファイアウォール]をクリックします。 「Norton」の画面
4 設定]ボタンをクリックします。 「Norton」の画面
5

「インターネットセキュリティとファイアウォールのオプション」画面が開いたら、[拡張設定]をクリックし、[設定]ボタンをクリックします。

「インターネットセキュリティとファイアウォールのオプション」画面
6

「一般ルール」画面が開いたら、

・「インバウンド NetBIOSのデフォルト遮断
・「インバウンド NetBIOS名のデフォルト遮断
・「Microsoft Windows 2000 SMBのデフォルト遮断


のチェックを外し、[OK]をクリックします。

 

 

「一般ルール」画面
「一般ルール」画面
以上で設定は完了です。

 

戻る


■ネットワーク環境下で共有プリンタを使用する場合のクライアントの設定

クライアントの設定

1

Norton Internet Securityのアイコンをダブルクリックし起動します。
Norton Internet Securityのアイコン
2

「Norton」の画面が開いたら、[Norton Internet Security]タブを選択し、[設定] を選択します。

 

「Norton」の画面
3 「設定」内の[Webセキュリティ]→[ファイアウォール]をクリックします。 「Norton」の画面
4 設定]ボタンをクリックします。 「Norton」の画面
5

「インターネットセキュリティとファイアウォールのオプション」画面が開いたら、[拡張設定]をクリックし、[設定]ボタンをクリックします。

「インターネットセキュリティとファイアウォールのオプション」画面
6

「一般ルール」画面が開いたら、

・「インバウンド NetBIOSのデフォルト遮断
・「インバウンド NetBIOS名のデフォルト遮断

のチェックを外し、[OK]をクリックします。

 

 

「一般ルール」画面
以上で設定は完了です。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1110 SE / LBP-1110 Premium / LBP-1120 / LBP-1210 / LBP-2410 / LBP3000 / LBP3000B / LBP3200 / LBP3210 / LBP3300 / LBP3310 / LBP3500 / LBP3600 / LBP5000 / LBP5100 / LBP5200 / LBP5300 / LBP5600 / LBP5600SE / LBP5610

 

[TOP▲]
このページのトップへ