「トナー濃度」を設定する(LBP3980/3970/3950/3930/3920/3910/3900)



「トナー濃度」を設定する(LBP3980/3970/3950/3930/3920/3910/3900)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000040740




印刷結果の印字濃度が濃すぎたり、薄すぎたりするようなときは、次の操作でトナー濃度を調整します。
トナー濃度は、工場出荷時に(4)に設定されています。
トナー濃度は1〜16まで設定できます。

プリンター本体のパネルで濃度を変更する場合

1.プリンタの所に行き、操作パネルの[セットアップ]を押します。


2.[]、[]で「インジ チョウセイ」を選択し、[OK]を押します。

3.[]、[]で「トナー ノウド」を選択し、[OK]を押します。

4.[]、[]で目的の数値を選択し、[OK]を押します。
]を押すと数値が減り、印字濃度は薄くなります。(3、2、1)
]を押すと数値が増え、印字濃度は濃くなります。(5、6、7〜15、16)
※トナーの濃度設定を濃くする場合、トナーの消費量が増えます。

戻る


ドライバー操作で濃度を変更する場合(LBP3980/3930/3910のみ)

1.印刷設定を開き

2.印刷品質タブをクリック

3,処理オプションをクリック

4.トナー濃度をクリック

5.トナー濃度(T):の下向き三角をクリックし、 お好みの濃度をクリック

注意事項.

工場出荷時は、プリンタのトナー濃度はパネル設定4に設定されております。
ドライバのトナー濃度は標準で「パネル優先」に設定されており、
ドライバ設定の-5の設定と同じとなります。

 濃く印刷したい場合:-4、-3、-2〜8と設定値を変更してお試しください。
 薄く印刷したい場合:-6、-7、-8 と設定値を変更してお試しください。

6.OKをクリック

7.OKをクリック

8.印刷を実行してください。


戻る



関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP3900 / LBP3910 / LBP3920 / LBP3930 / LBP3950 / LBP3970 / LBP3980

 

[TOP▲]
このページのトップへ