回収トナー容器(廃トナー容器)の交換方法(LBP5610)



回収トナー容器(廃トナー容器)の交換方法(LBP5610)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000041711



ここでは、回収トナー容器の交換方法について説明しています。
「E1 ハイトナーヨウキ コウカン」のメッセージが表示されたときは、次の手順で新しい回収トナー容器と交換してください。

回収トナー容器がいっぱいになると、プリンタステータスウィンドウ(Windows)/ステータスモニタ(Macintosh)にメッセージが表示されますので、メッセージに応じて対処してください。

プリンタステータスウィンドウの表示方法につきましては、関連情報プリンタステータスウィンドウの表示方法」をご参照ください。

メッセージ 表示される時期 内容および対処
「回収トナー容器の交換時期が近づいています。」 回収トナー容器の交換時期が近づいたとき ・プリントは継続できます
・新品の回収トナー容器を用意してください
「回収トナー容器がいっぱいです。カバーを開けて、回収トナー
容器を交換してください。」
回収トナー容器がいっぱいになったとき ・プリンタは停止します。
・新品の回収トナー容器に交換してください

【重要】
  • 交換の際は、必ず本プリンタ専用の回収トナー容器を使用してください。回収トナー容器の詳細につきましては、関連情報トナーカートリッジ対応表(価格・商品コード・枚数・ランニングコスト) 」をご参照ください。




【警告/注意】

  • 回収トナー容器は再利用できません。新しいトナーと混ぜないでください。交換メッセージが表示された後は、必ず新しい回収トナー容器と交換してください。
  • 必ずプリンタ専用の回収トナー容器を使用してください。
  • 使用済みの回収トナー容器を火中に投じないでください。ドラムカートリッジ内に残ったトナーに引火して、やけどや火災の原因になります。
  • 製品内部には、高圧になる部分があります。紙づまりの処理など内部を点検する時は、ネックレス、ブレスレットなど金属物が製品内部に触れないように点検してください。
    やけどや感電の原因になります。
  • トナーで衣服や手を汚さないように注意してください。衣服や手が汚れた場合は、直ちに水で洗い流してください。
    温水で洗うとトナーが定着し、汚れが取れなくなることがあります。
  • プリンタ使用中は定着器周辺が高温になっています。定着器周辺に触れないように注意してください。
    やけどの原因になることがあります。

【重要】

  • 回収トナー容器の交換はプリンタの電源をONにした状態で行ってください。
  • 下記図の前カバー内側にある高圧接点部には、絶対に触れないでください。プリンタ故障の原因になることがあります。

 

■回収トナー容器の交換

回収トナー容器の交換方法

1 前カバーをあけます。

※前カバー右側にあるレバーを押しながら、前カバーを手前に開けます。

【重要】

  • プリンタの電源をONにした状態で作業を行ってください。
  • 前カバーを開けるときは、必ず手差しトレイと本体の給紙カセットが閉まっていることを確認してください。
2

前カバーの取っ手を持って、前カバーを開けます。

【重要】
前カバーを開ける際には、静かに開けてください。
前カバーを開けた勢いでトナーがこぼれ周囲が汚れる場合があります。

3 回収トナー容器を取り外します。
4 付属のふたを回収トナー容器に取り付けます。
5

新しい回収トナー容器を保護袋から取り出します。

【重要】

  • 回収したトナーは再利用できません。新しいトナーと混ぜないでください。必ず新しい回収トナー容器を使用してください。
  • 必ずプリンタ専用の回収トナー容器を使用してください
6 回収トナー容器を取り付けます。
7 前カバーの取っ手を持って、前カバーを閉めます。
8 前カバーを閉めます。

右図のように、両手で前カバーに手をそえて(1)、両手で前カバーを押して閉めます(2)。

【注意】
前カバーは、図のように前カバーの前部を押して閉めてください。前カバー左右のレバー部を持って閉めると、指を挟んでけがの原因になることがあります。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP5610

 

[TOP▲]
このページのトップへ