ハードディスク(HD)を取り付ける方法(LBP5910F/5910)



ハードディスク(HD)を取り付ける方法(LBP5910F/5910)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000042450



ここでは、ハードディスクについて説明します。


INDEX

  1. ハードディスクについて(HD-13の同梱品/注意事項)
  2. ハードディスクを取り付ける方法

■ハードディスクについて(HD-13の同梱品/注意事項)

ハードディスクは、プリンタのハードディスクスロットに取り付けます。

取り付け作業を始める前に、パッケージに次のものがすべて揃っているか確認してください。
万一、不足しているものや破損しているものがあった場合は、お買い求めの販売店までご連絡ください。

ハードディスクを取り付けるときは、必ずプリンタの電源をオフにし、電源プラグを抜き、プリンタ本体に接続されているすべてのインタフェースケーブルや電源コード、アース線を取り外してから作業を行ってください。そのまま作業を行うと、感電の原因になることがあります。
ハードディスクの取り扱いには注意してください。ハードディスクの角や部品の鋭利な部分に触れると、けがの原因になることがあります。

【重要】

ハードディスクには、静電気に敏感な部品などが使用されています。静電気による破損を防止するために、取り扱いに当たっては次のことをお守りください。

  • 一度室内の金属部分に手を触れ、体の静電気を逃がしてから作業してください。
  • 作業中に、ディスプレイなどの静電気を発生しやすいものに、触れないでください。
  • ハードディスクの部品やプリント配線、コネクタには直接手を触れないでください。
  • 静電気の影響を避けるために、ハードディスクは取り付ける直前まで保護袋から取り出さないでください。また、強い磁気を発生するものの側に近づけないでください。
  • ハードディスクを落としたり、衝撃を与えないでください。
  • ハードディスクは精密機器なので、ドライブの上面を押したり、重ねたり、他のものにぶつけたりしないでください。
  • ハードディスクのドライブ上面に貼ってあるラベルなどを絶対にはがさないでください。また、別のラベルなどを貼ったりしないでください。
  • ハードディスクを気温の低い場所から急に暖かい場所へ移動しないでください。

 

戻る


■ハードディスクを取り付ける方法

ハードディスクは、次の手順でプリンタのハードディスクスロットに取り付けます。
ハードディスクの取り付け作業には、プラスドライバが必要です。あらかじめネジに合ったサイズのものをご用意ください。

【重要】

ハードディスクの取り付け後には「パネル設定初期化」を行いますので、プリンタの設定を変更している場合は、ハードディスクの取り付け作業を行う前に、ステータスプリントを印刷してプリンタの設定状況を確認・保存しておいてください。
ステータスプリントの印刷方法につきましては、「プリンタの設定値を確認する(テストプリントを取る)方法」をご参照ください。


ハードディスクを取り付ける
1

プリンタの電源を切り、接続されているケーブルを取り外します。

プリンタの電源を切ります (1)。

USB ケーブルを接続している場合は、コンピュータの電源を切って(2)、USB ケーブルを抜きます(3)。

電源プラグを電源コンセントから抜きます(4)。

アース線を専用のアース線端子から取り外します(5)。

2 すべてのインタフェースケーブルや電源コード、アース線を取り外します。

作業用スペースが十分取れない場合は、作業しやすい場所にプリンタを移動します。
3

ネジを外して、ハードディスクスロットの保護板を取り外します。

【重要】
  • 取り外した保護板とネジは、ハードディスクを外したときに必要になります。なくさないように保管しておいてください。
  • 保護板の取り外し後、ハードディスクスロット内にネジやクリップ、ステイプル針などを落とさないでください。
    これらがハードディスクスロット内の穴に落ちたときは、電源プラグを電源コンセントに接続しないで、お買い求めの販売店にご連絡ください。
4

ハードディスクをハードディスクスロットに差し込みます。

ハードディスクは、金属製のパネル部分を持ち、ハードディスクスロット内部のガイドレールに合わせてまっすぐに差し込みます。

【重要】
  • ハードディスクをしっかりと確実に押し込んでください。
  • ハードディスクの部品やプリント配線、コネクタには直接手を触れないでください。
5 ハードディスクの上下を、付属の2 本のネジで固定します。
6 ハードディスクに同梱されている「シャットダウンラベル」をプリンタの見やすい場所に貼り付けます。

【重要】

ハードディスク装着後、電源を切るときはハードディスク保護のため、ラベルの指示にしたがって「シャットダウン」を実行してから、電源スイッチの“○”側を押してください。

7 電源コード、アース線を接続します。
8 アース線を専用のアース線端子へ、電源プラグを電源コンセントへ接続します。
9 電源スイッチの“|”側を押して、プリンタの電源を入れます。
10 以降の手順で「パネル設定初期化」を行います。

【重要】

ハードディスクの取り付け後は、「パネル設定初期化」を行ってください。
ハードディスクの機能は、「パネル設定初期化」を行うことによって、フォーマットされ、使用できる状態になります。

11

セットアップ]を押します。
12 ]、[]で「<ネル セッテイ ショキカ>を選択し、[OK]を押します。

確認のメッセージが表示されます。
13

OK]を押します。

【重要】

パネル設定初期化の実行時に、<ショキカ デキマセンデシタ>と表示された場合は、初期化は行われていません。

14

初期化終了後、ハードリセットまたはプリンタの電源を入れなおします。

プリンタの起動後、ハードディスクのフォーマットが行われます。
ハードディスクのフォーマット中は、ディスプレイに「FORMATTING」と表示されます。
フォーマットが終了するまで、しばらくお待ちください。

ハードディスクのフォーマットが終了したら、すべてのインタフェースケーブルを接続します。

【重要】

ハードディスクを取り付けて、「パネル設定初期化」を行ったあと、プリンタが起動すると、自動的にハードディスクのフォーマットが行われます。
このときにフォーマットが行われない場合、共通セットアップメニューの「HDD メンテナンス」で「クイックフォーマット」を実行してください。


ハードディスクを装着したあとは、次の操作を行います。

1. プリンタドライバの[デバイスの設定]ページを表示する
2.[デバイス情報取得]をクリックする

プリンタのオプション情報が自動で取得できない場合は、[ハードディスクを装着する]にチェックマークを付けてください。
詳しい操作手順につきましては、「オプション装着時のプリンタドライバの設定方法」をご参照ください。

以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP5910 / LBP5910F

 

[TOP▲]
このページのトップへ