WindowsXP ダウンロードしたプリンタドライバのインストール方法(LBP-1210)



WindowsXP ダウンロードしたプリンタドライバのインストール方法(LBP-1210)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000044698



Windows XPでキヤノンホームページからダウンロードした、プリンタドライバのインストール方法を説明します。
最新ドライバをご利用いただく場合は、ドライバをダウンロードしてインストールしてください。

なお、当手順の画像は、プリンタドライバVer.1.00.0.014dを使用している場合の画面例です。プリンタドライバのバージョンによっては画面が異なる場合もございますのでご注意ください。

【重要】
  • インストール前に、他のアプリケーションソフトウェアを全て終了してください。
  • ハードディスクの空き容量が不足している場合は、インストールの途中でメッセージが表示されます。インストールを中止し、ディスクの空き容量を増やしたあとインストールをやり直してください。
  • 必ずAdministratorsのメンバとしてログオンしてください。
  • プリンタにはUSBケーブルは付属していません。お使いのコンピュータに合わせてご用意ください。

INDEX

  1. ドライバをダウンロードする
  2. ドライバを解凍する
  3. パソコンとプリンタの準備をする
  4. インストールする(プラグ・アンド・プレイ)
  5. 修正モジュールをインストールする(Windows XP Service Pack 2の場合)

■ドライバをダウンロードする

以下の手順でキヤノンホームページから、ドライバをダウンロードすることができます。
既にドライバをダウンロード済みの場合は、次の手順「ドライバを解凍する」へお進みください。

ドライバをダウンロードする
1

以下のキヤノンホームページ(ソフトウエアダウンロードサイト)へアクセスします。

■ソフトウエアダウンロード
 http://cweb.canon.jp/drv-upd/lasershot/1210-xp.html

ページ下部にある、LBP-1210 Canon Advanced Printing Technology R1.04 Ver.1.00.0.014d inf版のダウンロード欄(右図参照)の「FTPダウンロード」または「HTTPダウンロード」をクリックします。

FTPサイトとHTTPサイトからダウンロードされる内容は同一のものです。FTPでのダウンロードができない場合は、HTTPでのダウンロードをお試しください。
2 「ファイルのダウンロード−セキュリティの警告」画面が開いたら、[保存]ボタンを押します。
3

「名前を付けて保存」画面が開いたら、[保存する場所]を指定して、[保存]ボタンを押します。

ここでは、保存する場所を「デスクトップ」に指定した場合の画面例で説明します。
4

ダウンロードが開始されます。

しばらくして「ダウンロードの完了」画面が開いたら、[閉じる]ボタンを押します。

「ダウンロードの完了後、このダイアログ ボックスを閉じる」にチェックが入っている場合は、この画面は自動的に閉じられます。【手順 5】へお進みください。
5

【手順 3】で指定した「保存する場所」に、「wx1210104.exe」という名前の電子レンジ型アイコン(右図参照)が作成されます。

以上でダウンロードは完了です。引き続き、「ドライバを解凍する」をご参照ください。

 

戻る


■ドライバを解凍する

キヤノンホームページから、ダウンロードしたドライバは圧縮されているため、そのままの状態ではインストールが行えません。
以下の手順で、ダウンロードしたドライバを解凍してください。
既にドライバを解凍済みの場合は、次の手順「パソコンとプリンタの準備をする」へお進みください。

ドライバを解凍する
1 ドライバをダウンロードする」手順で作成された、電子レンジ型のアイコン[wx1210104.exe]をダブルクリックします。
2 「開いているファイル−セキュリティの警告」画面が開いたら、[実行]ボタンを押します。
3

「インストールするフォルダ」画面が開いたら、[OK]ボタンを押します。

ここでは、インストールするフォルダの場所を「デスクトップ」に指定した場合の画面例で説明します。
インストールするフォルダ(フォルダの保存先)を指定し対場合は、[参照]ボタンを押して、保存先を選んでから[OK]ボタンを押してください。
4 【手順 3】で指定した「インストールするフォルダの場所」に、「WinXP」という名前のフォルダが作成されます。

以上で解凍は完了です。引き続き、「パソコンとプリンタの準備をする」をご参照ください。

 

戻る


■パソコンとプリンタの準備をする

ドライバのダウンロードと解凍が終わったら、お使いのコンピュータとプリンタを接続します。
以下の手順で、本体の準備をしてください。

パソコンとプリンタの準備をする
1 コンピュータの電源がオフになっていることを確認します。
2 プリンタの電源が切れている(スイッチが[]側になっている)ことを確認します。
3 プリンタへ電源コードを繋ぎます。
4 プリンタへUSBケーブル(四角い側)を差し込みます。
5 コンピュータへUSBケーブル(平たい側)を差し込みます。
6

コンピュータの電源を入れ、Windows XPを起動します。 Administratorのメンバとしてログオンします。

プリンタドライバのインストールを行うためには、プリンタに関するフルコントロールアクセス権が必要です。
7 スイッチを[]側に入れ、プリンタの電源を入れます。
以上でパソコンとプリンタの準備完了です。引き続き、「インストールする(プラグ・アンド・プレイ)」をご参照ください。

 

戻る


■インストールする(プラグ・アンド・プレイ)

ドライバのダウンロードと解凍、および本体の準備が終わったら、ドライバのインストールを行います。

インストールする(プラグ・アンド・プレイ)
1

パソコンとプリンタの準備をする」手順で、お使いのコンピュータとプリンタを接続すると、コンピュータに「新しいハードウェアが見つかりました」というふきだし(バルーン)が表示されます。

ふきだし(バルーン)は時間が経つと、自動的に消えますので【手順 2】へお進みください。
2 「新しいハードウェアの検出ウィザード」画面が表示されたら、[いいえ、今回は接続しません]を選択し、[次へ]ボタンを押します。
3 次の画面で、[一覧または特定の場所からインストールする(詳細)]を選択し、[次へ]ボタンを押します。
4

次の画面で、[次の場所で最適のドライバを検索する]にチェックを入れた状態で、[次の場所を含める]をチェックします。

参照]ボタンを押します。

5

「フォルダの参照」画面が開いたら、「ドライバを解凍する」手順で作成した[WinXP]フォルダを選択し、フォルダの中にあるもうひとつの[WinXP]フォルダを選択して、[OK]ボタンを押します。

ここでは、WinXPフォルダが「デスクトップ」に置いてある場合の画面例で説明します。
6

「新しいハードウェアの検出ウィザード」画面に戻ります。

次の場所を含める]欄に、【手順 5】で指定したフォルダの場所が表示されます。

次へ]ボタンを押します。

7 「ファイルをコピーしています」画面が表示され、インストールが進行します。

しばらくして、「Canon LASER SHOT LBP-1210のインストール」画面が開いたら、[OK]ボタンを押します。

「新しいハードウェアの検索ウィザードの完了」画面が開いたら、[完了]ボタンを押します。

コンピュータに「新しいハードウェアが見つかりました」というふきだし(バルーン)が表示されます。

ふきだし(バルーン)は時間が経つと、自動的に消えます。
以上でインストールは完了です。Windows XP Service Pack 2をお使いの場合は、引き続き「修正モジュールをインストールする(Windows XP Service Pack 2の場合)」をご参照ください。

 

戻る


■修正モジュールをインストールする(Windows XP Service Pack 2の場合)

Windows XP Service Pack 2 などの データ実行防止機能を持っているOSを使用する場合は、ドライバのインストール後、以下の修正モジュールのダウンロードと解凍を行い、生成したフォルダ内にある[CAP2RU.exe]をダブルクリックしてドライバの更新を行ってください。

データ実行防止機能が働くと、以下のようなメッセージが表示され印刷が行えません。

修正モジュールをインストールする(Windows XP Service Pack 2)
1

以下のキヤノンホームページ(ソフトウエアダウンロードサイト)へアクセスします。

■ソフトウエアダウンロード
 http://cweb.canon.jp/drv-upd/lasershot/1210-xp.html

ページ下部にある、修正モジュールのダウンロード欄(右図参照)の「FTPダウンロード」または「HTTPダウンロード」をクリックします。

FTPサイトとHTTPサイトからダウンロードされる内容は同一のものです。FTPでのダウンロードができない場合は、HTTPでのダウンロードをお試しください。
2 「ファイルのダウンロード−セキュリティの警告」画面が開いたら、[保存]ボタンを押します。
3

「名前を付けて保存」画面が開いたら、[保存する場所]を指定して、[保存]ボタンを押します。

ここでは、保存する場所を「デスクトップ」に指定した場合の画面例で説明します。
4

ダウンロードが開始されます。

しばらくして「ダウンロードの完了」画面が開いたら、[閉じる]ボタンを押します。

「ダウンロードの完了後、このダイアログ ボックスを閉じる」にチェックが入っている場合は、この画面は自動的に閉じられます。【手順 5】へお進みください。
5

【手順 3】で指定した「保存する場所」に、「w1210dep.exe」という名前の電子レンジ型アイコン(右図参照)が作成されます。

w1210dep.exe]をダブルクリックします。

6 「開いているファイル−セキュリティの警告」画面が開いたら、[実行]ボタンを押します。
7

「LBP-1210 Modification Module」画面が開いたら、[OK]ボタンを押します。

ここでは、インストールするフォルダの場所を「デスクトップ」に指定した場合の画面例で説明します。
インストールするフォルダ(フォルダの保存先)を指定し対場合は、[参照]ボタンを押して、保存先を選んでから[OK]ボタンを押してください。
8

【手順 7】で指定した「インストールするフォルダの場所」に、「CAP2UD」という名前のフォルダが作成されます。

9

CAP2UD]フォルダをクリックして、開きます。

CAP1UDフォルダの中にある[CAP2RU.EXE]アイコンをダブルクリックします。
10 「CAPT RU Utility」画面が開いたら、[はい]ボタンを押します。
11 次の画面で[OK]ボタンを押します。
以上で修正モジュールのセットは完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1210

 

[TOP▲]
このページのトップへ