手差しトレイの用紙にプリントする



手差しトレイの用紙にプリントする
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045049



対処方法

封筒や郵便はがきなどにプリントするときは、手差しトレイにセットします。

定形サイズ
A/Bサイズまたはインチサイズの定形サイズの用紙がセットできます。ただし、A5、ステートメントサイズの用紙は必ずヨコ置きにセットしてください。

フリーサイズ
フリーサイズ(99 × 148 mm 〜 297 × 431.8 mm)の用紙がセットできます。

封筒
洋形4号(105 × 235 mm)、COM10 No.10(104.7 × 241.3 mm)、Monarch :Catalog Glove No.8(98.4 × 190.5 mm)、DL(110 × 220mm)、ISO-B5(176 ×250 mm)、ISO-C5(162 × 229 mm)の封筒がセットできます。

郵便はがき
はがき(100 × 148 mm)、往復はがき(148 × 200 mm)、4面はがき(296 × 200mm)がセットできます。


指定する用紙がすでに手差しトレイにセットされている場合:
1-A-1.[用紙選択]->[手差し]を押して指定したあと、手順6へ進みます。

指定する用紙と異なる用紙が手差しトレイにセットされている場合:
1-B-1.予約されているジョブがあるかどうかを確認してください。 [ジョブ状況を確認する ]

予約されているジョブがあるときは手差し用紙変更予約を行ってください。 [予約プリント時に手差しトレイを使う ]
予約されているジョブがないときは、セットされている用紙を取り除いたあと、手順2以降を続けます。

2.セットする用紙サイズにあわせて、スライドガイドを調節します。

用紙が大きいときは補助トレイを引き出します。

3.用紙を手差しトレイにセットします。

積載制限表示()を越えないようにセットしてください。
用紙がカールしていると、紙づまりを起こしやすくなります。そのため、図のようにカールをなおしてから手差しトレイにセットしてください。

一度プリントした用紙の裏面にプリントするときは、カールをなおしたあと、プリントする面を下向きにして、また、最初のプリントで後に排紙された辺が給紙方向になるように、用紙をセットしてください。

封筒をセットする場合:
3-A-1.封筒を5枚ほど手にとり、よくさばいて揃えます。この操作を5回繰り返します。

3-A-2.封筒を清潔で平坦な場所に置いて、矢印の方向に手で伸ばします。この操作を5回繰り返します。

ISO-B5、ISO-C5、COM10 No.10、Monarch : Catalog Glove No.8、DL の封筒を使用する場合は、封の部分がめくれないように封筒の四隅をよく押さえます。

洋形4号の封筒を使用する場合は、封の部分は折り曲げずにセットしてください。
重要
特に通紙方向()を念入りに行ってください。

3-A-3.下の図のようにセットします。
重要
ここまでの手順を行っても正しく通紙されない場合は、同様の手順を1枚ずつ行ってください。

郵便はがきをセットする場合:
3-B-1.下の図のようにセットします。

宛先面にプリントする場合

郵便はがきの両面にプリントする場合は、一面目にプリントしたあと、再び手差しトレ イにセットし、二面目にプリントしてください。一面目にプリントしたあと、カールがついてしまった場合はカールをなおしてからプリントしてください。

4.用紙サイズを選択します。

A/Bサイズの用紙を選択する場合

4-A-1.「A/Bサイズ」から用紙を選択したあと、[次へ]を押します。
重要
定形サイズ(A/Bサイズ)の用紙を使用する場合でも、[フリーサイズ]を選択することができます。ただし、[フリーサイズ]を選択すると以下の機能は使用できません。
  • 仕上げ
- 両面プリント
- 表紙/合紙
- 表紙/仕切紙
- 製本
  • イメージ合成
- ページ印字/部数印字
- スタンプ/日付印字
- 地紋印字
メモ
インチサイズを選択する場合は、[インチサイズへ]を押します。

定形サイズ以外の用紙を選択する場合

4-B-1.[フリーサイズ]を押したあと、[次へ]を押します。

封筒を選択する場合

4-C-1.[封筒]を押します。

共通仕様設定(初期設定/登録)の手差し封筒種指定が「ON」の場合は、封筒の種類を選択したあと、[OK]を押します。

共通仕様設定(初期設定/登録)の手差し封筒種指定が「OFF」の場合は、封筒種類の選択はできません。
[封筒]を押したときに、自動的に洋形4号が選択されます。
重要
封筒の種類は正しく選択してください。紙づまりの原因になることがあります。

4-C-2.[OK]を押したあと、手順6に進みます。

郵便はがきを選択する場合

4-D-1.[はがき]を押します。

4-D-2.郵便はがきの種類を選択したあと、[OK]を押します。

すでにプリントされた郵便はがきのウラ面にプリントする場合は、[両面2面目]を押します。

4-D-3.[OK]を押したあと、手順6に進みます。

下の画面が表示されたときは、スライドガイドの幅を調節してサイズを設定したあと、[OK]を押してください。

下の画面が表示されたときは、スライドガイドの幅を手差し用紙の標準モードとして登録した用紙サイズにあわせるか、共通仕様設定(初期設定/登録)で手差し用紙の標準モード登録を「OFF」にしてください。 [手差し用紙の標準モードを登録する ]
重要
用紙サイズは、手差しトレイにセットした用紙と同じサイズを選択してください。

5.用紙の種類を選択したあと、[OK]を押します。

リストにない用紙の種類を使用したい場合は、[詳細設定]を押して、用紙の種類を選択したあと、[OK]を押します。

すでにプリントされた用紙のウラ面にプリントする場合は、[両面2面目]を押します。
メモ

6.[OK]を押します。


関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP4500

 

[TOP▲]
このページのトップへ