PowerMacで「色ずれ補正」を実行するとエラーが発生し色ずれする



PowerMacで「色ずれ補正」を実行するとエラーが発生し色ずれする
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045573



■現象

PowerMac OS 10.xとLBP5050を接続(USBおよびネットワーク)し、「色ずれ補正」を実行するとエラーが発生する。またそのとき色ずれも発生する場合がある。

本現象はMacOS X 10.x(PowerPC)環境で発生します。
IntelMacOS10.x/Windows環境では本現象は発生しません。
 
1

自動で色ずれ補正が実行される。もしくは ステータスウィンドウの右記画面から色ずれ補正を手動にて実行する。

 

2

色ずれ補正が完了し、ステータスウィンドウの表示が右記の表示になり色ずれ補正が完了しないメッセージが表示される。

 

3

印刷を実行するとエラーが発生する。

 

4 「再開」を押すと印刷されるが、色がずれて印刷される場合がある。 *正常に色ずれ補正が実行される場合もあります。
5 何度「色ずれ補正」を実行しても、色ずれ補正エラーが表示されてしまう。
一度色がずれて印刷されるとそれ以降の画像は全て色がずれて印刷されてしまう。

■回避策

現在公開されている最新ドライバ(V2.31以降)にて対応しました。
下記URLより最新ドライバをダウンロード後、インストールしてください。

●Canon Advanced Printing Technology Printer Driver & Utilities for Macintosh
http://cweb.canon.jp/drv-upd/lasershot/capt2macx.html

戻る


 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP5050 / LBP5050N

 

[TOP▲]
このページのトップへ