ユーザ定義サイズの設定・印刷方法(LIPS LX Ver.1.70)-MacOS 10.4-



ユーザ定義サイズの設定・印刷方法(LIPS LX Ver.1.70)-MacOS 10.4-
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045998



アプリケーションソフトウェア上の原稿のサイズには、用意されている定型用紙以外に、独自に用紙を設定することができます。
この用紙を、ユーザ定義用紙と呼びます。


■ユーザ定義用紙を設定する方法

ここでは、Mac OS X 10.4以降の場合に、ユーザ定義用紙を設定する方法を説明します。

フリーサイズを設定する方法
1 アプリケーションソフトウェアの[ファイル]メニューから[ページ設定](または[用紙設定])を選択します。
2 「ページ設定」(または「用紙設定」)画面が開いたら、[用紙サイズ]から[カスタムサイズを管理]を選択します。
3

「カスタム・ページ・サイズ」画面が開いたら、[+]をクリックして、[ページサイズ]、[プリンタの余白]を設定します。

ページサイズ 用紙の縦と横の長さを設定します。
なお、印刷できる用紙サイズは、お使いのプリンタによって異なります。詳しくは「使用できる用紙・使用できない用紙」をご参照ください。
プリンタの余白 余白の長さを設定します。
「ユーザ定義」ポップアップリストから、プリンタリストに登録したプリンタ名の一覧を表示して、選択したプリンタ名に適した余白を選択することもできます。
4

設定したユーザ定義用紙の名称を入力し、用紙を登録します。

続けて、別のユーザ定義用紙を設定する場合は、【手順 3】〜【手順 4】を繰り返します。

一度登録した用紙を削除するときは、削除する用紙を選択したあと、[-]をクリックしてください。

5 「カスタム・ページ・サイズ」画面の[OK]をクリックします。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP3410 / LBP3700 / LBP3800 / LBP3900 / LBP3910 / LBP3920 / LBP3930 / LBP3950 / LBP3970 / LBP5400 / LBP5900 / LBP5900SE / LBP5910 / LBP5910F

 

[TOP▲]
このページのトップへ