設置手順(LBP5910F/5910)



設置手順(LBP5910F/5910)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046065



プリンタの設置は次表の手順で作業を行ってください。

設置の手順 詳細
1 プリンタの設置(設置場所に運び、プリンタの梱包材を取り外す) 本手順
2 電源コード、アース線の接続 本手順
3 ドラムカートリッジのセット Q&A
4 トナーカートリッジのセット Q&A
5 用紙のセット 給紙カセット Q&A
手差しトレイ Q&A
6 プリンタとコンピュータの接続 Q&A


INDEX

  1. プリンタの設置(設置場所に運び、プリンタの梱包材を取り外す)
  2. 電源コード、アース線の接続

■プリンタの設置(設置場所に運び、プリンタの梱包材を取り外す)

設置場所に運ぶ前に、給紙カセットを止めているテープを取り外さないでください。給紙カセットが落下し、けがの原因になることがあります。


【重要】
  • 本プリンタ用ぺディスタルを使用せずにプリンタのみを設置する場合は、プリンタの質量に耐えられる机などに設置してください。
  • オプションのぺディスタルやペーパーフィーダを取り付けるときは、プリンタをパッケージから取り出す前にぺディスタルやペーパーフィーダを設置してください。
  • プリンタ内部に梱包材が残っていると、動作時に印字不良や故障の原因になります。必ず手順にしたがって梱包材を残さずに取り外してください。
  • 取り外した梱包材は、移転や移設、修理などの輸送時に必要になります。なくさないよう大切に保管しておいてください。

梱包材は予告なく位置・形状が変更されたり、追加や削除されることがあります。


設置場所に運び、プリンタの梱包材を取り外す方法
1 プリンタを設置場所へ運びます。

プリンタ下部にある運搬用取っ手に4 人以上で手を掛け、同時に持ち上げて運びます。

トナーカートリッジ、ドラムカートリッジを取り付けていない状態でLBP5910 は約48.5kg、LBP5910F は約52.5kg あります。必ず4 人以上で腰などを痛めないように注意して持ち運んでください。
絶対に給紙カセットや排紙部など、運搬用取っ手以外の部分を持たないでください。落としてけがの原因になることがあります。
●LBP5910
●LBP5910F
2 設置場所にゆっくりとおろします。

プリンタはゆっくりと慎重におろしてください。手などを挟むと、けがの原因になることがあります。

3

プリンタに貼られているテープを取り外します。

●LBP5910

後カバーを止めているテープを取り外すときは、図のように手で後カバーを押さえながら、テープを取り外してください。

●LBP5910F

後カバーを止めているテープを取り外すときは、図のように手で後カバーを押さえながら、テープを取り外してください。



4 LBP5910F の場合は、テープ付き梱包材を取り外します。
5 前カバー右側にあるレバーを押しながら、前カバーを手前に開けます。

【重要】

前カバーを開けるときは、必ず手差しトレイとプリンタの給紙カセットが閉まっていることを確認してください。


6 定着器を手前に倒します。

図のように定着器の左右にあるロック解除ボタンを押しながら(1)、取っ手を持って定着器を手前に倒します(2)。

【重要】

定着器に取り付けられているヒモ付き金具は、次の手順で取り外します。定着器が手前に倒れていない状態でヒモ付き金具を取り外さないでください。

7 定着器のヒモ付き金具はヒモを持って引き抜きます。
8 取っ手を持って定着器を元の位置に戻し(1)、左右の取っ手を図のように押します(2)。
9

図のように、両手で前カバーに手をそえて(1)、両手で前カバーを押して閉めます(2)。

前カバーは、図のように前カバーの前部を押して閉めてください。前カバー左右のレバー部を持って閉めると、指を挟んでけがの原因になることがあります。

10 給紙カセットを止まる位置まで引き出します(1)。
給紙カセットの手前を少し持ち上げてから(2)、図のように手をそえて引き出します(3)。

【重要】

給紙カセットは水平に引き抜くことはできません。無理に引き抜こうとすると給紙カセットを破損することがあります。

11 図の位置にあるテープを取り外します。
12 給紙カセット内部の梱包材を取り外します。

【重要】

給紙カセットには、梱包材が取り付けられています。必ず給紙カセットを引き出し、残さずに取り外してください。

【重要】

給紙カセットの黒いゴムパッドには触れないでください。給紙不良の原因になります。

13 給紙カセットをプリンタにセットします。

図のように給紙カセットを両手で持って、止まる位置まで差し込みます(1)。
給紙カセットの手前を少し持ち上げてから(2)、給紙カセットの前面が、プリンタの前面と揃うまで、しっかりと奥まで押し込みます(3)。
以上で梱包材を取り外す作業は完了です。続いて、電源コードとアース線を接続してください。

 

戻る


■電源コードとアース線を接続する

接続する際にはユーザズガイドの「安全にお使いいただくために」を参照してください。
感電防止のため、プリンタの電源コードが接続されていないことを確認してからアース線を接続してください。

プリンタとコンピュータがUSBケーブルで接続されているときは、感電防止のため、USBケーブルを抜くか、コンピュータの電源コードを抜いてからアース線を接続してください。


【重要】
  • アース線を接続するときは、プリンタ、コンピュータ双方とも接続してください。片方だけ接続すると、機器間に電位差が生じ故障の原因になることがあります。
  • コンピュータ本体の補助コンセントに電源を接続しないでください。
  • なるべくひとつのコンセントを専用にしてお使いください。
  • 本プリンタを無停電電源に接続しないでください。停電発生時に誤動作を起こしたり、故障する恐れがあります。

アース線の取り付け作業には、プラスドライバが必要です。あらかじめネジに合ったサイズのものをご用意ください。


電源コードとアース線を接続する
1 プリンタの電源が入っていないことを確認します。

電源スイッチの[]側を押した状態がオフです。

2 アース線端子のネジをゆるめて取り外し、付属のアース線をネジ止めします。

アース線が、電源コード差し込み口にかからないようにアース線を取り付けてください。
アース線端子のネジを取り外すときは、ワッシャーをアース線端子の下にある溝に落とさないように気を付けて取り外してください。
3 電源コード差し込み口に、付属の電源コードをしっかりと差し込みます。
4 アース線を専用のアース線端子へ、電源プラグを電源コンセントへ接続します。
以上で電源コードとアース線の接続は完了です。続いて、ドラムカートリッジトナーカートリッジをセットしてください。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP5910 / LBP5910F

 

[TOP▲]
このページのトップへ