【LBP共通】電源のオン、オフ



【LBP共通】電源のオン、オフ
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046087



プリンタの電源のON,OFFについての説明です。(例LBP5910/9650Ci)


INDEX

  1. 電源をオンにする
  2. 電源をオフにする(HDDあり、なし)

■電源をオンにする

【重要】

電源をオフにした直後に、再度電源をオンにしないでください。
電源をオフにしたあとに再度電源をオンにするときは、電源をオフにしてから10秒以上経ったあと、電源をオンにしてください。


電源ONにする<参考例1、LBP5910>
1

本体の電源スイッチをONにします。

その他の機種の操作につきましては、機種ごとのマニュアルをご参照ください。

一部電源スイッチの無い機種もございます。

 

マニュアル公開場所(現行機種) →  http://cweb.canon.jp/manual/lasershot/

マニュアル公開場所(旧機種)  →  http://cweb.canon.jp/manual/lasershot/index-old.html

 

<参考例 LBP5910>


2 操作パネルのランプやディスプレイが点灯し、本体やオプション品の状態を自己診断します。
自己診断の結果に異常がなければ、印刷可能な状態になります。

電源ONにする<参考例2、LBP9650Ci>
1

本体の電源スイッチカバーを開けます。

その他の機種の操作につきましては、機種ごとのマニュアルをご参照ください。

一部電源スイッチの無い機種もございます。

 

マニュアル公開場所(現行機種) →  http://cweb.canon.jp/manual/lasershot/

マニュアル公開場所(旧機種)  →  http://cweb.canon.jp/manual/lasershot/index-old.html

 

<参考例 LBP9650Ci>

2 本体の電源スイッチを押します。
3 操作パネルのランプやディスプレイが点灯し、本体やオプション品の状態を自己診断します。
自己診断の結果に異常がなければ、印刷可能な状態になります。

 

戻る


■電源をオフにする(HDDあり、なし)

【重要】
  • ネットワークに接続している場合は、他のコンピュータから印刷していないか確認してから、電源をオフにしてください。
  • ジョブランプが点灯している状態で電源をオフにすると、プリンタのメモリに残っている印刷データは消去されます。

電源OFFにする<参考例1、LBP5910 HDDあり>
1

電源を切るときは、プリンタが次の状態ではないことを確認してください。

  • 印刷中
  • 電源を入れた直後の自己診断中
  • ジョブランプが点灯中
  • 次のいずれかのメッセージが表示されている⇒「キドウチュウ」、「キャリブレーションチュウ」
2

●ハードディスクを使用している場合

・LBP5910の場合、操作パネルの操作部電源スイッチ(サブ電源)を押し続け、「シャットダウンチュウ」 と表示されたら離します。 「デンゲンヲ オキリクダサイ」 のメッセージを確認し、主電源を切ります。

「シャットダウンチュウ」 が表示されるまで(約4秒)押し続けます。4秒未満の場合、「スリープモード」を「ツカワナイ」以外に設定しているときはスリープモードに移行します。


【重要】

  • ハードディスクを使用している場合は、必ずHDDランプが点灯していないことを確認してください。HDDランプが点灯中(ハードディスクに読み書き中)に電源を切ると、ハードディスクに損傷を与え、使用不能になることがあります。
  • シャットダウンを実行すると、途中で止めることはできません。再びプリンタの電源を入れたい場合は、メッセージに従って電源スイッチを一度切ってから、電源スイッチを入れてください。
  • ハードディスクに停止操作したジョブやセキュアプリントのジョブがある場合にシャットダウン操作を行うと、「ジョブガ ココッテイマス」 または 「ジッコウ デキマセンデシタ」 のメッセージが表示されます。
  • シャットダウンを実行する場合は、ソフトリセットをしてジョブを消去したあと、再度シャットダウン操作を行ってください。シャットダウンを実行しない場合は、[オンライン]を押してください。
3

本体の電源スイッチをOFFにします。

<参考例 LBP5910>


電源OFFにする<参考例2、LBP5910 HDDなし>
1

電源を切るときは、プリンタが次の状態ではないことを確認してください。

  • 印刷中
  • 電源を入れた直後の自己診断中
  • ジョブランプが点灯中
  • 次のいずれかのメッセージが表示されている⇒「キドウチュウ」、「キャリブレーションチュウ」
2

本体の電源スイッチをOFFにします。

<参考例 LBP5910>


電源OFFにする<参考例3、LBP9650Ci>
1

電源を切るときは、プリンタが次の状態ではないことを確認してください。

  • 印刷中
  • 電源を入れた直後の自己診断中
  • ジョブランプが点灯中
  • 次のいずれかのメッセージが表示されている⇒「起動中です」、「キャリブレーション中です」、「Initializing NVRAM...」
2

・LBP9650Ciの場合、「リセット」 を押します。「シャットダウン」を選択し、[OK] を押します。「実行しますか?」 と表示されたら「はい」 を選択し、[OK] を押します。

【重要】

  • 「実行できませんでした」が表示されたとき
  • SDカードにセキュアプリントのジョブがあります。シャットダウンを実行する場合は、ソフトリセットをしてジョブを消去したあと、再度シャットダウン操作を行ってください。
    シャットダウンを実行しない場合は、[  ](オンライン)を押してください。

  • パネル操作から電源を切れないとき
    電源スイッチを押して電源を切ることができます。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1110 SE / LBP-1110 Premium / LBP-1120 / LBP-1210 / LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-210 / LBP-220 / LBP-220Pro / LBP-250 / LBP-2030 / LBP-2030PS / LBP-2035PS / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2160 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2260PS / LBP-2260PSII / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2410 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP-310 / LBP-320 / LBP-320Pro / LBP-350 / LBP3000 / LBP3000B / LBP3100 / LBP3200 / LBP3210 / LBP3300 / LBP3310 / LBP3410 / LBP3500 / LBP3600 / LBP3700 / LBP3800 / LBP3900 / LBP3910 / LBP3920 / LBP3930 / LBP3950 / LBP3970 / LBP3980 / LBP-430 / LBP-450 / LBP-470 / LBP5000 / LBP5050 / LBP5050N / LBP5100 / LBP5200 / LBP5300 / LBP5400 / LBP5500 / LBP5600 / LBP5600SE / LBP5610 / LBP5700 / LBP5800 / LBP5900 / LBP5900SE / LBP5910 / LBP5910F / LBP6200 / LBP6300 / LBP6600 / LBP6700 / LBP6710i / LBP-720 / LBP-730 / LBP-730PS / LBP-740 / LBP-740e / LBP-750 / LBP7010C / LBP7100C / LBP7110C / LBP7200C / LBP7200CN / LBP7600C / LBP7700C / LBP-830 / LBP-840 / LBP-850 / LBP-870 / LBP-880 / LBP8610 / LBP8620 / LBP8630 / LBP-910 / LBP-930 / LBP-930EX / LBP-950 / LBP9100C / LBP9200C / LBP9500C / LBP9510C / LBP9600C / LBP9650Ci / LBP-A304E / LBP-A304EII / LBP-A304GII / LBP-A309GII / LBP-A404 / LBP-A404E / LBP-A404F / LBP-A404GII / LBP-A404PS / LBP-A404PS-Lite / LBP-A405Jr. / LBP-A408 / LBP-B406 / LBP-B406D / LBP-B406E / LBP-B406EII / LBP-B406G / LBP-B406GII / LBP-B406PS / LBP-B406PS-Lite / LBP-B406S

 

[TOP▲]
このページのトップへ