用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法(LBP3000/3000B)



用紙サイズ/用紙タイプを設定する方法(LBP3000/3000B)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046172



ここでは、プリンタドライバ上で、用紙サイズと用紙タイプを設定する方法について説明します。


■プリンタドライバの設定をして印刷する

用紙サイズ/タイプを設定する
1 アプリケーションソフトの[ファイル]メニューから、[印刷]を選択します。

次に[名前]または[プリンタ名]でLBP3000/3000Bを選択し、[プロパティ]をクリックします。
2 プリンタの「プロパティ」画面が表示されたら、「ページ設定」ページが開いていることを確認して、[原稿サイズ]欄から、アプリケーションソフトで作成した原稿のサイズを選択します。
原稿サイズを[封筒 洋形 2号]、[封筒 洋形 4号]、[ユーザ定義用紙]に設定すると、右図のメッセージが表示され自動的に用紙タイプが設定されます。
ユーザ定義用紙を使用する場合は、あらかじめお使いになるユーザ定義用紙の用紙サイズを登録しておく必要があります。ユーザ定義用紙の用紙サイズの登録方法につきましては、「ユーザ定義サイズの設定・印刷方法」をご参照ください。
3

必要に応じて[出力用紙サイズ]でセットした用紙のサイズを選択します。

OHPフィルム、ラベル用紙は[A4]または[レター]を選択します。
原稿サイズと給紙トレイや手差しトレイにセットした用紙サイズが同じ場合は、設定を変更する必要はありませんので、[原稿サイズと同じ]に設定しておきます。


【重要】

[原稿サイズ]と[出力用紙サイズ]の設定が異なると、自動的に拡大または縮小して印刷されます。

4

給紙]ページを表示して、「用紙タイプ」でセットした用紙のタイプを選択します。

普通紙やラベル用紙の場合は[普通紙]、厚紙の場合は[厚紙]、OHPフィルムの場合は[OHPフィルム]を選択してください。
普通紙(64〜90g/m2)使用時に、[用紙タイプ]を[普通紙]に設定して印刷した結果、用紙のカールが目立つときは、[普通紙L]に設定してお試しください。
[厚紙]に設定して印刷した結果、定着性をより改善したいときは、[厚紙H]に設定します。
5 OK]をクリックして、プロパティ画面を閉じます。
6

OK]をクリックして、印刷を実行します。

以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP3000 / LBP3000B

 

[TOP▲]
このページのトップへ