外観図(LBP-2410)



外観図(LBP-2410)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046335




INDEX

  1. 本体
  2. プリンタ背面
  3. プリンタ内部
  4. ランプとトナー交換キーについて
  5. 各部の寸法/周囲に必要なスペース/足の位置

■本体

本プリンタには通気口がありますので、壁や物でふさがないように設置してください。通気口をふさがれるとプリンタ内部に熱がこもり、火災の原因になることがあります。

No. 名称 内容
1 排紙トレイ プリントされた用紙が下向き(フェースダウン)で排紙されます。
2 上カバー トナーカートリッジ、ドラムカートリッジの交換や紙づまりを除去するときに、ここを開けて作業します。
3 ランプ&トナー交換キー プリンタの状態を示すランプとトナーカートリッジ交換時に使用するキーです。
4 手差しトレイ 用紙を手差しトレイから給紙するときに、ここを開けて用紙をセットします。
5 用紙ガイド 手差しトレイにセットした用紙の幅に合わせてガイドの一を調整します。積載制限ガイドが付いており、このガイドの下まで用紙をセットできます。
6 補助トレイ 手差しトレイに用紙をセットするときに引き出します。必ずこの補助トレイを引き出してから用紙をセットしてください。
7 延長トレイ A4サイズの用紙など長いサイズの用紙をセットするときに、用紙が垂れ下がらないように開けます。
8

吸気口

プリンタ内部冷却用の吸気口です。
9 運搬用取っ手 プリンタを持ち運ぶときは、ここに手を掛けてしっかりと持ちます。
10

電源スイッチ

プリンタの電源をオン/オフします。

 

戻る


■プリンタ背面

No. 名称 内容
1 排気口 プリンタ内部冷却用の排気口です。
2 ロック解除レバー 定着器を交換するときや、定着器内の紙づまりを除去するときに、このレバーを回して定着器を取り外します。
3 定着器 トナーを用紙に定着させる装置です。
4 サブ排紙トレイ プリントされた用紙が上向き(フェースアップ)で排紙されます。
5 USBコネクタ USBケーブルの接続部です。コンピュータなどのUSBポートに接続します。
6 拡張ボードスロット

オプションの内蔵型ネットワークボードを取り付けます。

7 排気口 プリンタ内部冷却用の排気口です。

 

戻る


■プリンタ内部

No. 名称 内容
1 シルアルナンバー表示ラベル プリンタ識別のためのシリアルナンバー(SerialNo.)が記載されています。
サービスや修理を受けるときに必要になります。はがさないようにしてください。
2 トナーカートリッジスロット トナーカートリッジをセットするスロットです。
3 ドラムカートリッジスロット ドラムカートリッジをセットするスロットです。

 

戻る


■ランプとトナー交換キーについて

No. 名称 点灯時 点滅時
1 トナーランプ(赤色) 「トナーカートリッジ交換モード」に入っている状態。 トナーカートリッジの交換が必要な状態。トナーカートリッジが正しく取り付けられていない状態。
2 トナー交換キー トナーカートリッジ交換時に使用します。
本プリンタのトナーカートリッジを交換するためには、「トナーカートリッジ交換モード」にする必要があります。
この「トナーカートリッジ交換モード」に入れたり抜けたりするときに、トナー交換キーを2秒間押します。「トナーカートリッジ交換モード」に入ると「トナーランプ」が点灯します。
3 用紙ランプ(赤色)
用紙なしの状態、またはプリントするサイズの用紙がセットされていない状態。
4 エラーランプ(赤色) サービスコールが発生している状態。 サービスコール以外のエラーが発生していてプリントできない状態。
5 印刷可ランプ(青色) プリント可能な状態。 プリント中、ウォームアップ中、キャリブレーション中など、プリンタが何らかの処理または動作を行っている状態。

 

戻る


■各部の寸法/周囲に必要なスペース/足の位置

各部の寸法

プリンタの寸法

周囲に必要なスペース

周囲に必要なスペース

*1 リーガルサイズの用紙を使用する場合は、1232mmになります。
*2 リーガルサイズの用紙を使用する場合は、573mmになります。

足の位置

足の位置(ペーパーフィーダ)

ゴム足の高さは3.5mm、先端の直径は26mm(プリンタ前側)、20mm(プリンタ後側)です。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-2410

 

[TOP▲]
このページのトップへ