外観図(LBP-1910)



外観図(LBP-1910)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046342




INDEX

  1. プリンタ前面
  2. プリンタ背面
  3. 上カバー内部
  4. 左カバー内部
  5. 2×500枚ペーパーデッキ
  6. 2000枚ペーパーデッキ
  7. 封筒フィーダ
  8. 7ビンソータ前面
  9. 7ビンソータ背面
  10. ステイプルスタッカ前面
  11. ステイプルスタッカ背面
  12. 操作パネル
  13. ディスプレイ
  14. 各部の寸法/周囲に必要なスペース/足の位置

■プリンタ前面

本プリンタには通気口がありますので、壁や物でふさがないように設置してください。通気口をふさがれるとプリンタ内部に熱がこもり、火災の原因になることがあります。
操作パネルに貼られているフィルムは、ご使用前にはがしてください。

No. 名称 内容
1 操作パネル プリンタの動作や状態を表示したり、機能の設定をします。
2 前カバー オプションの両面ユニットの紙づまりを除去するときに、ここを開けて作業します。
3 電源スイッチ プリンタの電源をオン/オフをします。
4

カセット

 

最大500枚までのB4、A4、リーガル、レターサイズの普通紙がセットできます。

5 カセット2 最大500枚までのA3、B4、A4、レジャー、リーガル、レターサイズの普通紙がセットできます。
6 用紙サイズ表示板差し込み口 給紙カセットの用紙サイズ表示板をセットします。
7 用紙積載センサー 排紙トレイの満載を検知します。
8 排紙トレイ プリントされた用紙が下向き(フェースダウン)で排紙されます。
9 排紙ストッパ

排紙する用紙に合わせて調節します。

10 上カバー トナーカートリッジの交換や紙づまりを除去するときに、ここを開けて作業します。
11 右面吸気口 プリンタ内部冷却用の吸気口です。
12 スロットカバー オプションの封筒フィーダを取り付けるときに、このカバーを外します。
13 給紙トレイ 用紙を給紙トレイから給紙するときに、用紙をセットします。
14 右カバー 給紙部の紙づまりを除去するときに、ここを開けて作業します。
15 運搬用取っ手 プリンタを運ぶときは、ここを持ちます。

 

戻る


■プリンタ背面

No. 名称 内容
1 LANコネクタ 10BASE-T/100BASE-TX
2 100ランプ(緑色) プリントサーバが100BASE-TXでネットワークに接続されているときに、点灯します。10BASE-T接続の場合は、点灯しません。
3 LNKランプ(緑色) プリントサーバがネットワークに正しく接続されているときに、点灯します。
4 ERRランプ(オレンジ色) プリントサーバが正常に動作していないときに、点灯または点滅します。
5 背面吸気口 プリンタ内部冷却用の吸気口です。
6 背面排気口 プリンタ内部冷却用の排気口です。
7 拡張ボードスロット オプションのハードディスクなどを取り付けます。
8 オプションコントローラスロット オプションのオプションコントローラボードを取り付けます。
9 定格銘板ラベル プリンタ識別のためのシリアルナンバー(SerialNo.)が記載されています。
サービスや修理を受けるときに必要になります。
明示されている電流値(14.0A)は、平均消費電流です。
10 電源コード差し込み口 付属の電源コードとアース線をここに接続します。
11 パラレルコネクタ IEEE1284準拠の8ビットパラレルインタフェースケーブルの接続部です。パソコンのプリンタポートがパラレルインタフェースに対応しているときに、ここへ接続します。
12 左右排気口 プリンタ内部冷却用の排気口です。
13 左カバー 排紙部の紙づまりを除去するときに、ここを開けて作業します。
14 サブ排紙トレイ プリントされた用紙が上向き(フェースアップ)で排紙されます。
15 左面吸気口 プリンタ内部冷却用の吸気口です。
16 USBコネクタ USBケーブルの接続部です。パソコンがUSBインタフェースに対応しているときに、ここへ接続します。

 

戻る


■上カバー内部

No. 名称 内容
1 除電ユニット プリント時に用紙の帯電を取り除く重要な部品です。
2 転写ローラ プリント時にトナーを用紙に転写させる重要な部品です。
3 転写ガイド 銀色の金属製の用紙ガイドです。ここに紙粉がたまっているときは、清掃してください。
4 搬送ローラ 転写ローラに用紙を送る重要な部品です。ここに紙粉がたまりやすいので、定期的に清掃してください。
5 除電針清掃ブラシ 除電ユニットが汚れたときに、このブラシで清掃します。
6 トナーカートリッジガイド トナーカートリッジをセットするときは、両端の突起をこのガイドに合わせて押し込みます。

【重要】
除電ユニット、転写ローラには、絶対に手を触れないでください。印字品質が低下することがあります。

 

戻る


■左カバー内部

No. 名称 内容
1 定着器 トナーを用紙に定着させる装置です。
2 加圧調整レバー

封筒をプリントするときに切り替えます。

3 両面ユニット用スロット オプションの両面ユニットを取り付けるときは、このスロットに合わせて押し込みます。

【重要】

プリンタ内部の定着器周辺は、使用中に高温になります。紙づまりの処理など内部を点検するときは、定着器周辺には触れないように点検してください。やけどの原因になることがあります。

戻る


■2×500枚ペーパーデッキ

図は2×500枚ペーパーデッキ-C1をレイに説明しています。2×500枚ペーパーデッキ-C1Lの名称も同様です。ただし、収納スペースはありません。

No. 名称 内容
1 オプションコントローラコネクタ オプション品をコントロールするためのケーブルを接続します。上側の15ピンコネクタは、プリンタ本体のオプションコントローラボードと接続します。下側の14ピンコネクタは、他のオプション品がある場合に接続します。
2 電源コード差し込み口 付属の電源コードとアース線をここに接続します。
3 転倒防止脚 2×500枚ペーパーデッキを安定させるための補助脚です。
4 搬送路カバー 用紙を2×500枚ペーパーデッキから本体へ給紙する搬送路カバーです。2×500枚ペーパーデッキの紙づまりを除去するときに、ここを開けて点検します。
5 状況表示ランプ 2×500枚ペーパーデッキの状態を表示します。
緑点灯 正常に待機中または動作中。
赤点滅 紙づまり発生中または搬送路カバーが開いている状態。
赤点灯 故障発生中。
消灯 電源オフまたは電源コード、コントローラケーブル接続不良の状態。
6 カセット3 最大500枚までのB4、A4、リーガル、レターサイズの普通紙がセットできます。
7 カセット4 些細代500枚までのA3、B4、A4レジャー、リーガル、レターサイズの普通紙がセットできます。
8 用紙サイズ表示板差し込み口 カセットの用紙サイズ表示板をセットします。
9 収納スペース 付属品や消耗品を収納しておくことができるスペースです。ドアの上中央を押して開閉します。

 

戻る


■2000枚ペーパーデッキ

No. 名称 内容
1 オプションコントローラコネクタ オプション品をコントロールするためのケーブルを接続します。上側の15ピンコネクタは、プリンタ本体のオプションコントローラボードと接続します。下側の14品コネクタは、他のオプション品がある場合に接続します。
2 電源コード差し込み口 付属の電源コードとアース線をここに接続します。
3 転倒防止脚 2000枚ペーパーデッキを安定させるための補助脚です。
4 搬送路カバー 用紙を2000枚ペーパーデッキから本体へ給紙する搬送路のカバーです。2000枚ペーパーデッキの紙づまりを除去するときに、ここを開けて点検します。
5 ペーパーデッキ 最大2000枚までのA3、B4、A4、レジャー、リーガル、レターサイズの普通紙がセットできます。
6 用紙サイズ表示板差し込み口 2000枚ペーパーデッキの用紙サイズ表示板をセットします。
7 状況表示ランプ 2000枚ペーパーデッキの状態を表示します。
緑点灯 正常に待機中または動作中。
赤点滅 紙づまり発生中または搬送路カバーが開いている状態。
赤点灯 故障発生中。
消灯 電源オフまたは電源コード、コントローラケーブル接続不良の状態。

 

戻る


■封筒フィーダ

No. 名称 内容
1 封筒ガイド セットした封筒の左右を固定するためのガイドです。積載制限マークが表示されており、このマークの下まで封筒をセットできます。
2 封筒押さえプレート セットした封筒を固定するためのプレートです。
3 補助トレイ セットした封筒が垂れ下がらないようにするためのトレイです。

 

戻る


■7ビンソータ前面

No. 名称 内容
1 用紙積載センサー ノンソートビンの満載を検知します。
2 ノンソートビン

プリントされた用紙が上向き(フェースアップ)で排紙されます。

3 反転トレイ 用紙の裏表を反転させるときに、一度用紙がこのトレイに排紙され、反転して他のビンに排紙されます。
4 ビン 用紙を排紙するトレイで、7枚のビンが装備されています。ビンを指定して排紙したり、複数部をソートして排紙することができます。
5 傾き調整レバー 7ビンソータの傾きを調整するレバーです。プリンタと7ビンソータの間にすき間ができるときは、このレバーで調整します。
6 ソータ開閉取っ手 7ビンソータで用紙がつまったときは、7ビンソータロック解除レバーとこの取っ手を持って7ビンソータをプリンタ本体から引き離します。
7 状況表示ランプ 7ビンソータの状態を表示します。
緑点灯 正常に待機中または稼動中。
赤点滅 紙づまり発生中。7ビンソータ右カバーが開いている状態。全てのビンが満載の状態。
赤点灯 故障発生中。
消灯 電源オフまたは電源コード、コントローラケーブル接続不良の状態。
8 ビン番号ラベル/ビン名シール ビン番号が表示されています。また、シールにビンの排紙区分を書き込むことができます。
9 7ビンソータロック解除レバー 7ビンソータをプリンタ本体から引き離すときは、このレバーを引いてロックを解除します。
10 取り付けユニット プリンタ側に取り付けるユニットです。この取り付けユニットに7ビンソータのガイドプレートを接続します。

 

戻る


■7ビンソータ背面

No. 名称 内容
1 7ビンソータ上カバー 7ビンソータ内のプリンタ側の紙づまりを除去するときに、ここを開けて作業します。
2 7ビンソータ右カバー 7ビンソータの反転部の紙づまりを除去するときに、ここを開けて作業します。
3 ガイドプレート 7ビンソータとプリンタをまっすぐに接続するためのガイドです。
4 排気口 7ビンソータ内部冷却用の排気口です。
5 オプションコントローラコネクタ

オプション品をコントロールするためのケーブルを接続します。上側の15ピンコネクタは、プリンタ本体のオプションコントローラボードと接続します。
下側の14ピンコネクタは、他のオプション品がある場合に接続します。

6 電源コード差し込み口 付属の電源コードとアース線をここに接続します。
7 コードホルダ 電源コードやアース線を通すホルダです。

 

戻る


■ステイプルスタッカ前面

No. 名称 内容
1 ステイプルスタッカ上カバー 紙づまりを除去するときに、ここを開けて作業します。
2 フェースアップガイド フェースアップ排紙中に紙がつまったときは、ここを開けて除去します。
3 ステイプルスタッカ前カバー ステイプラユニットの針を交換するときや針づまりを除去するときは、ここを開けて作業します。
4 フェースダウンガイド フェースダウン排紙中に紙がつまったときは、ここを開けて除去します。
5 ステイプルスタッカ右カバー 反転ガイド部で紙がつまったときは、ここを開けて除去します。
6 ステイプラユニット ステイプラのヘッドユニットです。
7 針カートリッジ ステイプラユニットの針がなくなったときは、このカートリッジを交換します。
8 針づまり解除プレート ステイプラユニットの針がつまったときは、このプレートを引き上げてつまった針を取り除きます。

 

戻る


■ステイプルスタッカ背面

No. 名称 内容
1 スライドガイド 排紙ビンの動作だに応じて上下に動きます。
2 接続ピン ステイプルスタッカとプリンタ本体の接続を検知します。
3 ガイドレール ステイプルスタッカをプリンタ本体に接続するときの位置決めガイドです。
4 排紙ビン 排紙先に排紙ビン1を指定したときは、ここに用紙が排紙されます。
5 排紙ビン2 排紙先に排紙ビン2を指定したときは、ここに用紙が排紙されます。
6 排紙ビン3 排紙先に排紙ビン3を指定したときは、ここに用紙が排紙されます。
7 電源コード差し込み口 付属の電源コードとアース線をここに接続します。
8 オプションコントローラコネクタ

オプション品をコントロールするためのケーブルを接続します。15ピンコネクタは、ペーパーデッキまたはプリンタ本体と接続します。14ピンコネクタは、他のオプション品と接続します。

 

戻る


■操作パネル

No. 名称 内容
1 ディスプレイ プリンタの状態やメッセージ、メニュー機能の設定項目や設定値を表示します。
2 印刷可ランプ(緑色)
点灯 プリント可能な状態(オンラインでスリープモードに入った場合は、印刷可ランプ(緑)のみ点灯し、その他のランプは全て消灯します)。
点滅 自己診断中または、ウォーミングアップ中。
消灯 プリントできない状態。
3 メッセージランプ(オレンジ色)/HDDランプ(緑色)

オレンジ色点灯

プリンタに何かトラブルが起きてプリントできない状態(オフラインでスリープモードに入った場合は、メッセージランプ(オレンジ)のみ点灯し、その他のランプは全て消灯します)。
緑色点灯 ハードディスクに読み書きを行っている状態(ハードディスク使用時)
消灯 プリンタが正常な状態。ハードディスクに読み書きを行っていない状態(ハードディスク使用時)。
4 ジョブランプ(緑色)
点灯 プリントデータ受信中または、プリンタのメモリにプリントデータが残っている状態。
点滅 プリントデータを処理している状態。
消灯 プリンタのメモリにプリントデータが何もない状態。
5 [オンライン]キー/オンラインランプ(緑色) パソコンとの接続をオン(オンライン)/オフ(オフライン)します。
他のキーを操作するときには、このキーを押して、オフラインにします。

また、エラーが発生してプリンタが停止したときに、そのエラーを一時的に解除してプリントを続行させる機能も持っています。
エラーによっては、このキーを押しても解除できないことがあります。
キー内部にオンラインランプがあり、点滅により次の状態を表示します。
点灯 オンライン状態(パソコンからプリントデータを受信できる状態)。
点滅 オンラインからオフラインへ切り替え途中の状態。自己診断中。ウォーミングアップ中。
消灯 オフライン状態(パソコンからのプリントデータを受信せず、操作パネルのキー操作を受け付ける状態)。
ただし、プリンタがスリープモードに移行しているときは、オンラインの状態になっていてもオンラインランプは消灯し、印刷可ランプのみ点灯します。
6 [排出]キー
オンライン時 プリンタのメモリに残っているプリントデータを強制的にプリントし、ジョブを終了させます。
メモリのデータを強制的にプリントしているときは、<05 ハイシチュウ>とディスプレイに表示されます。
オンライン時 オンラインの状態では動作しません。
なんらかの原因でプリントデータが途中で途切れたり、プリントが中断したりしたような場合、ジョブランプが点灯したままプリンタが停止してしまうことがあります。
このようなときには、[排出]キーでメモリに残っているデータを強制的にプリントします。
メモリにデータが残っていない場合は、実行中のジョブを終了します。(ジョブランプ消灯)
7 [動作モード](∧)キー
オフライン時 動作モードメニューを表示します。3秒以上押し続けると優先エミュレーションメニューを表示します。
オンライン時 オンラインの状態では動作しません。
メニュー操作時 ひとつ前のメニュー(上の階層)へ戻します。
8 [ユーティリティ/ジョブキャンセル](<)キー
オフライン時 ジョブランプ点灯または点滅時はジョブキャンセルを行います。ジョブランプ消灯時はユーティリティメニューを表示します。
オンライン時 オンラインの状態では動作しません。
メニュー操作時 メニューの左側の項目を表示します。設定値を減らします。
9 [リセット/実行](∨)キー
オフライン時 1秒以上押し続けると、ソフトリセットを行います。
5秒以上押し続けると、ハードリセットを行います。
オンライン時 オンラインの状態では動作しません。
メニュー操作時 次のメニュー(下の階層)へ進みます。
一番下のメニュー設定値が表示されている状態では、設定値を確定します。
10 [セットアップ](>)キー
オフライン時 セットアップメニューを表示します。
オンライン時 オンラインの状態では動作しません。
メニュー操作時 メニューの右側の項目を表示します。設定値を増やします。
11 給紙元表示ランプ(緑色)
点灯 現在選択されている給紙元のランプが点灯します。
点滅 現在選択されている給紙元の用紙がない、または給紙カセットが装着されていない状態。
消灯 現在選択されていない状態。オプション品を含む給紙カセットまたはペーパーデッキが装着されていない状態。
12 [給排紙選択]キー
オフライン時 給排紙選択メニューを表示します。
オンライン時 オンラインの状態では動作しません。
給排紙選択メニュー時 給紙元や排紙先、トレイ用紙サイズの設定値が順に切り替わります。
13 [両面]キー/両面ランプ
オフライン時 両面プリントと片面プリントを切り替えます。
オンライン時 オンラインの状態では動作しません。
メニュー操作時 メニュー操作中は動作しません。
キー内部に両面ランプがあり、点滅により次の状態を表示します。
点灯 両面プリントに設定されている状態。
消灯 片面プリントに設定されている状態。
オプションの両面ユニットが装着されていない場合は、[両面]を押しても両面ランプは点灯しません。

 

戻る


■ディスプレイ

本プリンタの操作パネルには下図のようなディスプレイがあり、プリンタの状態やメッセージ、メニュー機能の設定項目や設定値を表示します。

印刷可能な状態 操作パネルでメニュー操作中の状態

No. 名称 内容
1 状態、動作欄 プリンタの状態や動作モードを表示します。
2 警告、処理メッセージ欄 警告メッセージや処理メッセージを表示します。
3 給紙元、用紙サイズ欄 現在選択されている給紙元の用紙サイズを略号で表示します。
次の用紙は略号で表示されます。
レター LT
レター縦 LTR
リーガル LG
レジャー LD
エグゼクティブ EX
ユーザペーパー 80〜99
フリー FR
洋形4号封筒 Y4
角形2号封筒 K2

 

戻る


■各部の寸法/周囲に必要なスペース/足の位置

●各部の寸法

●周囲に必要なスペース/足の位置

各部の寸法
標準仕様
 
2000 枚ペーパーデッキ+封筒フィーダ装備仕様

ステイプルスタッカ+封筒フィーダ装備仕様

7 ビンソータ+封筒フィーダ装備仕様
2000 枚ペーパーデッキ-N1
2 × 500 枚ペーパーデッキ-C1
2 × 500 枚ペーパーデッキ-C1L
ペディスタル(ボックスタイプ)
ペディスタル(キャスタタイプ)
ステイプルスタッカSS-72
7 ビンソータ-H1
7 ビンソータ用ペディスタル
両面ユニットDU-82
封筒フィーダEF-9

周囲に必要なスペース
標準状態
 
ペディスタル(キャスタタイプ)装着状態
2×500枚ペーパーデッキ-C1L装着状態
2000枚ペーパーデッキ -N1、2×500枚ペーパーデッキ-C1、ぺディスタル (ボックスタイプ)装着状態
ステイプルスタッカSS-72装着状
7ビンソータ-H1装着状態
7ビンソータ+7ビンソータ用ペディスタル+ペーパーデッキ装着状態

足の位置

本体底面のゴム足の位置

ゴム足の高さは8.5mm、先端の直径は37mm です。
ペーパーデッキのキャスタ、アジャスタ、転倒防止脚アジャスタの位置

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1910

 

[TOP▲]
このページのトップへ