色味や色ずれを調整する(キャリブレーション)(LBP9600C/9500C)



色味や色ずれを調整する(キャリブレーション)(LBP9600C/9500C)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000048088



対処方法

色味が変わったり色ずれが発生して、正しい色(指定した色)で印刷されないときなどは、キャリブレーションを行います。

キャリブレーションの種類概要キャリブレーションの実行時間(目安)
色ずれ調整各色の印字開始位置のずれを制御して色ずれを調整します。色ずれが起こっているときに実行してください。約22秒
濃度制御最大濃度および中間濃度を制御します。色味が変わり正しい色(指定した色)で印刷されないときなどに実行してください。約37秒
中間濃度制御中間濃度を制御します。中間濃度の色味が変わり正しい色(指定した色)で印刷されないときなどに実行してください。約37秒
フルキャリブレーション「色ずれ調整」と「濃度制御」を行います。色ずれの調整と濃度の制御(色味の調整)をまとめて行いたいときなどに実行してください。約73秒


操作パネルからキャリブレーションを行う
1.[](ユーティリティ)を押します。

2.[]、[]で「キャリブレーション」を選択し、[OK]を押します。

3.[]、[]で「色ずれ調整」、「濃度制御」、「中間濃度制御」、「フルキャリブレーション」から調整したい項目を選択し、[OK]を押します。

4.[]で「はい」を選択し、[OK]を押します。
→キャリブレーションが実行されます。

リモートUIからキャリブレーションを行う
1.リモートUIを起動します。
1-1.Webブラウザを起動します。
1-2.アドレス入力欄に「http://<プリンタのIPアドレス>/」を入力して、キーボードの[ENTER]キーを押します。
  • 入力例: 「http://192.168.0.215/」
メモ
プリンタのIPアドレスがわからないとき
  • ネットワーク管理者に相談してください。
DNSサーバにプリンタのホスト名が登録されているとき
  • IPアドレスのかわりに[ホスト名.ドメイン名]を入力することもできます。
- 入力例:「http://my_printer.xy_dept.company.co.jp/」
SSLによる暗号化通信を利用するとき
  • 「https://<プリンタのIPアドレスまたは名前>/」を入力します。[セキュリティ警告]ダイアログボックスなどが表示された場合は、メッセージにしたがって対処してください。
* SSLによる暗号化通信を利用するためには、鍵と証明書が作成され、使用鍵として登録が行われている必要があります。
SSL暗号化通信機能の詳細や鍵の登録の手順については、プリンタに付属のCD-ROMに収められている「ユーザーズガイド」(HTMLマニュアル)を参照してください。

2.管理者モードでログオンします。
(1)[管理者モード]を選択します。
(2)[パスワード]を入力します。
(3)[OK]をクリックします。
メモ
管理者パスワードを設定していないとき
  • [パスワード]を入力する必要はありません。管理者パスワードを設定/変更する方法については、プリンタに付属のCD-ROMに収められている「ユーザーズガイド」(HTMLマニュアル)を参照してください。

3.[デバイス管理]メニューから[状態]を選択します。

4.[キャリブレーション]をクリックします。

5.キャリブレーションを実行します。
(1)実行したいキャリブレーションを選択します。
(2)[実行]をクリックします。


1.[](オンライン)を押します。
→オンラインランプが消灯し、操作パネルで設定できる状態になります。

2.[](セットアップ)を押します。

3.[]、[]で「ユーザメンテナンス」を選択し、[OK]を押します。

4.[]、[]で「初回キャリブレーション」を選択し、[OK]を押します。

5.電源を入れた直後のプリンタの動作を設定します。
]、[]で、「ジョブ終了後実行」または「即時実行」を選択し、[OK」を押します。

ジョブ終了後実行:電源を入れてから最初の印刷が終了したときにキャリブレーションを実行します。
即時実行:電源を入れた直後にキャリブレーションを実行します。電源を入れた直後にキャリブレーションを実行すると、印刷可能な状態になるまでに時間がかかります。
→「初回キャリブレーション」の設定が変更されます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP9500C / LBP9600C

 

[TOP▲]
このページのトップへ