給紙方法と積載枚数(LBP-1110SE/1110Premium/1110)



給紙方法と積載枚数(LBP-1110SE/1110Premium/1110)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049038



ここでは、LBP1110SE/1110Premium/1110の給紙元の種類と積載枚数について説明します。


INDEX

  1. 給紙元の種類
  2. 給紙元の積載枚数

■給紙元の種類

本プリンタには、本体上部に給紙トレイと手差しトレイの2つのトレイがあります。給紙トレイは最大約125枚まで連続給紙が可能です。手差しトレイは1枚ずつ手で給紙して使用します。

手差しトレイに用紙が入っている場合は、給紙トレイよりも手差しトレイから優先して給紙されます。
一度印刷した用紙の裏面に印刷する場合は、用紙を給紙トレイ、または手差しトレイに一枚ずつセットしてください(OHPフィルム、ラベル用紙、封筒の両面印刷は不可)。

給紙元の種類
(A)

給紙トレイ

(B)
手差しトレイ
(A)給紙トレイ
( B)手差しトレイ

戻る


■給紙元の積載枚数

用紙の種類 サイズ 重さ 一度にセットできる枚数 備考
給紙トレイ 手差しトレイ
普通紙

76.2×127mm216×356mm*1
A4:210×297mm
B5:182×257mm
A5:148×210mm
リーガル:216×356mm
レター:216×279mm
エグゼクティブ:184×267mm

64g/m2
64g/m2用紙で約125枚
1枚
 
厚紙
91〜105g/m2
約85枚
1枚
 

OHPフィルム

A4

-
約100枚
1枚
キヤノン推奨品LBP用OHPフィルムA4の重さは8.7gです。
ラベル用紙

A4

-
約80枚
1枚
キヤノン推奨品ラベル用紙A4の重さ7.8gです。
官製はがき
100×148mm
-
約45枚
1枚
封筒
洋形2号:114×162mm
洋形4号:105×235mm
-
約7枚
1枚
キヤノン推奨品LBP専用封筒Y201、Y401

*1幅182mm未満の用紙の場合は、長さ235mm以下の用紙のみ使用可能です。
幅182mm未満の用紙の場合、長さ236mm以上の用紙は使用できません。誤ってお使いになると、プリンタが故障する恐れがあります。必ず235mm以下の用紙をお使いください。
一回の印刷の枚数は、ハガキや幅が182mm未満の用紙を連続で印刷する場合は45枚、封筒は40枚までにしてください。それ以上の枚数の印刷を連続で行う場合は、30分以上の休止時間を設け、プリンタ本体を十分に冷却してから印刷を再開してください。冷却が不十分なまま印刷を再開した場合には、本体内部の定着器周辺が昇温し、プリンタが故障する恐れがあります。
長さがB5サイズ以下の用紙を連続で印刷する場合に、定着器を保護するためプリント速度が落ちることがあります。

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1110 SE / LBP-1110 Premium

 

[TOP▲]
このページのトップへ