排紙方法と積載枚数(LBP-1110SE/1110Premium/1110)



排紙方法と積載枚数(LBP-1110SE/1110Premium/1110)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049039



ここでは、LBP1110SE/1110Premium/1110の排紙先の種類と積載枚数及び排紙先の選択について説明します。


INDEX

  1. 排紙先の種類
  2. 排紙先の積載枚数
  3. 排紙先の選択

■排紙先の種類

LBP-1110SEでは、印刷した用紙の排紙方法を選択できます。排紙方法には印字面を下向きにして排紙するフェイスダウンと、上向きにして排紙するフェイスアップがあります。用途によって使い分けてください。

排紙先の種類
●フェイスダウン排紙
1
フェイスダウン排紙は、印字面を下向きにして、本体上側のフェイスダウン排紙トレイに排紙されます。
印刷した順に用紙が積み重なります。通常はこの排紙方法が便利です。

 

 

2
切り替え方法は、排紙切替レバーを上にします。
●フェイスアップ排紙
1
フェイスアップ排紙は、印字面を上向きにして、本体前面のフェイスアップ排紙口から排紙されます。
プリンタ内部通過時に、用紙がまっすぐ排出されるので、カールしやすいOHPフィルム、ラベル用紙、官製はがきなどに印字するときに使用します。ただし、用紙の重なりは印刷した順と逆になります。
2
切り替え方法は、排紙切替レバーを下にします。

本体前面に排紙された用紙は1枚ずつ取り除いてください。

フェイスアップ排紙口に出てきた用紙を無理にひっぱらないでください。
本プリンタには排紙トレイがありません。排紙された用紙は手または机などで受けてください。
フェイスアップ排紙口の前に物を置かないでください。排紙が妨げられて紙づまりの原因になることがあります。
用紙の丸まりや紙づまりを防ぐため、リーガルサイズの用紙、OHPフィルム、ラベル用紙、官製はがき、封筒はフェイスアップで排紙してください。

戻る


■排紙先の積載枚数

用紙の種類 使用できる排紙方法 排紙枚数
普通紙

フェイスアップ

1枚(64g/m2
フェイスダウン
約50枚(64g/m2

OHPフィルム

フェイスアップ

1枚
ラベル用紙

フェイスアップ

1枚
官製はがき
フェイスアップ
1枚
封筒
フェイスアップ
1枚


戻る


■排紙先の選択

排紙先の選択

排紙方法の切替えは、本体前面にある排紙切替レバーで行います。

(A)
フェイスダウン
(B)
フェイスアップ

印刷中は、絶対に排紙切替レバーを操作しないでください。

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1110 SE / LBP-1110 Premium

 

[TOP▲]
このページのトップへ