給紙方法と積載枚数(LBP-2410)



給紙方法と積載枚数(LBP-2410)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049052



ここでは、LBP-2410の給紙元の種類と積載枚数及び給紙元の選択について説明します。


INDEX

  1. 給紙元の種類
  2. 給紙元の積載枚数
  3. 給紙元の選択

■給紙元の種類

本プリンタは、標準状態では手差しトレイからのみ給紙することができます。オプションの250枚ペーパーフィーダを装着すると、合計2つの給紙元から給紙することができます。

給紙元の種類
(A)
手差しトレイ
(B)
カセット1(オプション)

戻る


■給紙元の積載枚数

用紙タイプ 給紙元
手差しトレイ カセット1(オプション)
普通紙(64g/m2

約125枚

250枚
厚紙(135g/m2

約80枚

-

OHPフィルム(モノクロプリントのみ)

約60枚

-
ラベル用紙

約50枚

-
はがき
約10枚
-
封筒
約10枚
-

戻る


■給紙元の選択

給紙元の選択は、プリンタドライバの「給紙」ページで行います。


「給紙」ページを表示して、給紙元の設定を行います。
プリンタドライバの「給紙」ページの表示方法は、「印刷条件を設定する」を参照してください。

設定項目 設定値 説明
給紙方法
全ページを同じ用紙に印刷

 

すべてのページを同じ給紙元から給紙します。ただし、「給紙部」が「自動」に設定されていて、「手差しで続けて印刷する」にチェックマークを付けた場合は、カセット1の用紙がなくなると手差しトレイから給紙します。
最初と最後の用紙を指定して印刷* 表紙を異なる用紙に印刷するときなど、ページごとに用紙を指定して印刷します。
最初と2枚目、最後の用紙を指定して印刷*
OHPフィルムの間に用紙をはさむ* OHPフィルムの間に用紙をはさんで印刷します。
給紙部
自動
手差し(トレイ)
カセット1*
どの給紙元から給紙するかを設定します。「給紙方法」の設定によって表示される設定項目が変わります。

 

最初のページ*
2枚目のページ*
その他のページ*
最後のページ*

中差し用紙*

自動
カセット1*
用紙タイプ
普通紙
厚紙
OHPフィルム
封筒
使用する用紙のタイプを選択します。「封筒」は、「ページ設定」ページの用紙サイズで「封筒洋形4号」または「封筒洋形2号」を選択すると自動的に設定されます。
手差しから印刷する場合に一時停止する

-

手差しトレイからプリントするとき、メッセージを表示して一時停止するか、そのままプリントするかどうかを設定します。
手差しで続けて印刷する*
-
カセット1からの給紙中に用紙がなくなったとき、給紙元を自動的に切り替えて手差しトレイから給紙するかどうかを設定します。

*オプションの250枚ペーパーフィーダが装着されている場合にのみ設定できます。

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-2410

 

[TOP▲]
このページのトップへ