トナー濃度の調整方法(LBP9600C/9500C)



トナー濃度の調整方法(LBP9600C/9500C)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049074



印刷結果が全体に赤っぽかったり、青っぽかったり、カラーバランスが適切でないときは、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)のトナー濃度をそれぞれ調節し、補正することができます。トナー濃度は、「-8」〜「+7」の範囲で設定でき、工場出荷時には標準的な濃度「0」に設定されています。
操作パネルのキーで設定するときは、次の手順で操作します。

1.[ ](オンライン)を押します。
オンラインランプが消灯し、操作パネルで設定できる状態になります。

2.[ ](セットアップ)を押します。

3.[ ]、[ ]で「印字調整」を選択し、[OK]を押します。

 

 

 

 


4.[ ]、[ ]で目的の色のトナー濃度を選択し、[OK]を押します。

 

 

 

 


5.[ ]、[ ]で濃度を選択し、[OK]を押します。

「-8」にすると一番薄い濃度、「+7」にすると一番濃い濃度になります。
 

 

 

 

濃度が設定されます。

※トナーの濃度設定を濃くする場合、トナーの消費量が増えます。

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP9500C / LBP9600C

 

[TOP▲]
このページのトップへ