給紙元の種類と積載枚数(LBP7700C)



給紙元の種類と積載枚数(LBP7700C)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000050129



対処方法


用紙の種類給紙部
手差しトレイカセット1カセット2
(オプション)
普通紙(80g/m2の場合)約100枚約250枚約500枚
厚紙(120g/m2の場合)約80枚約200枚約400枚
厚紙(163g/m2の場合)約50枚約125枚約250枚
OHPフィルム(モノクロ印刷時のみ使用可能)約50枚
ラベル用紙約40枚
郵便はがき約40枚
郵便往復はがき約40枚
4面はがき*約50枚
封筒約10枚
* 郵便4面はがきは使用できません。


DOSやUNIXから印刷する場合
プリンタドライバが使用できないDOSやUNIXなどから給紙部を指定して印刷したい場合は、プリンタの操作パネルで次の設定を行います。初期値は「自動」に設定されています。

1.[](給紙選択)を押します。

2.[]、[]で「給紙モード」を選択し、[OK]を押します。

3.[]、[]で「給紙部」を選択し、[OK]を押します。
* 「カセット2」はペーパーフィーダ装着時にのみ表示されます。

→給紙部が変更されます。
メモ
同じサイズの用紙が複数セットされているときは
  • 自動給紙選択時は、給紙部表示ランプの表示に関係なく、上段の給紙部から給紙されます。用紙がなくなると、同じサイズの用紙がセットされている他の給紙部へ自動的に切り替わります。


関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP7700C

 

[TOP▲]
このページのトップへ