用紙がつまった



用紙がつまった
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000053971



対処方法

印刷中に、何らかの理由で紙づまりが起こると、ピーという警告音が鳴り、ディスプレーに「用紙がつまりました。」というメッセージが表示されます。紙づまりが起こったときは、次の手順でつまった用紙を取り除き、印刷を再開します。手順通り用紙を取り除いても紙づまりのメッセージが消えないときは、まだ用紙の断片などが内部に残っている可能性があります。再度プリンターの各部を点検し、つまっている用紙を完全に取り除いてください。

表示されているメッセージに応じてつまった紙を取り除きます。
紙づまり位置メッセージ
(1)手差しトレイ手差しトレイ
(2)カセット1 /カセット2* / カセット3* /カセット4*
* ペーパーフィーダー装着時のみ
カセット1 /カセット2 / カセット3 /カセット4
(3)前カバー内部前カバー
(4)排紙トレイ、サブ排紙トレイサブ排紙トレイ
(5)両面搬送部 (両面ユニット装着時のみ)両面ユニット


2.前カバーを開けます。
前カバー上面にあるレバーを押しながら、ゆっくりと開けます。

3.前カバーを閉めます。
前カバーは確実に閉めます。
重要
前カバーについての注意
  • 前カバーが開かないことを確認してください(前カバーとプリンターの間に隙間が空いていたり、前カバーがぐらついていないことを確認してください)。前カバーが確実に閉まっていないと、印字不良の原因になります。
  • 前カバーを開けたまま長時間放置しないでください。


2.ペーパーフィーダーが装着されている場合は、給紙カセットを引き出します。
ペーパーフィーダーの給紙カセットを止まる位置までゆっくりと引き出し、手前側を持ち上げて取り外します。

3.プリンター本体の給紙カセットを止まる位置までゆっくりと引き出し、手前側を持ち上げて取り外します。

4.つまっている用紙を取り除きます。
4-1.プリンター本体の給紙カセットに用紙がつまっている場合は、図のように下に引っぱって取り除きます。

4-2.ペーパーフィーダーに用紙がつまっている場合は、図のように上に引っぱって取り除きます。

5.給紙カセットを斜めに差し込み、ゆっくりと水平に押し込んでプリンター本体にセットします。
給紙カセット前面が、プリンターの前面と揃うまで、しっかりと奥まで押し込みます。

ペーパーフィーダーが装着されている場合は、ペーパーフィーダーの給紙カセットもセットします。

6.前カバーを開けます。
前カバー上面にあるレバーを押しながら、ゆっくりと開けます。

7.前カバーを閉めます。
前カバーは確実に閉めます。
重要
前カバーについての注意
  • 前カバーが開かないことを確認してください(前カバーとプリンターの間に隙間が空いていたり、前カバーがぐらついていないことを確認してください)。前カバーが確実に閉まっていないと、印字不良の原因になります。
  • 前カバーを開けたまま長時間放置しないでください。


2.ペーパーフィーダーが装着されている場合は、給紙カセットを引き出します。
ペーパーフィーダーの給紙カセットを止まる位置までゆっくりと引き出し、手前側を持ち上げて取り外します。

3.トナーカートリッジをプリンターから取り出します。

4.トナーカートリッジを保護袋に入れます。

5.前カバー内側につまっている用紙を取り除きます。

6.搬送ガイドを持ち上げます。
搬送ガイドは緑色の取っ手を持って持ち上げます。

7.つまっている用紙を取り除きます。
用紙の手前側を搬送ガイドから送り出してから(1)、用紙をゆっくりと矢印の方向に取り除きます(2)。
定着していないトナーをこぼさないようにゆっくりと矢印の方向に取り除いてください。

8.トナーカートリッジを両手で持ち、本体に取り付けます。
トナーカートリッジの(A)をトナーカートリッジガイド(B)に合わせて止まるまで差し込みます。

9.前カバーを閉めます。
前カバーは確実に閉めます。
重要
前カバーについての注意
  • 前カバーが開かないことを確認してください(前カバーとプリンターの間に隙間が空いていたり、前カバーがぐらついていないことを確認してください)。前カバーが確実に閉まっていないと、印字不良の原因になります。
  • トナーカートリッジを取り付けたあと、前カバーを開けたまま長時間放置しないでください。
前カバーが閉まらないとき
  • 前カバーが閉まらないときは、トナーカートリッジの取り付け状態を確認してください。無理に前カバーを閉めると故障の原因になります。


2.ペーパーフィーダーが装着されている場合は、給紙カセットを引き出します。
ペーパーフィーダーの給紙カセットを止まる位置までゆっくりと引き出し、手前側を持ち上げて取り外します。

3.排紙トレイにつまっている用紙を取り除きます。
サブ排紙トレイを使用している場合は、手順4へ進んでください。
重要
つまった用紙が簡単に取り除けないとき
  • 無理に引っぱらずに「紙づまりの除去(前カバーエリア)」に進んでください。

3-1.排紙トレイにつまっている用紙を取り除きます。

3-2.サブ排紙トレイを開けます。

3-3.サブ排紙トレイ内の白い搬送ガイドを開けて(1)、つまっている用紙を取り除きます(2)。
用紙の先端を手前に送り出してから、つまっている用紙を取り除きます。

3-4.サブ排紙トレイを閉めます。
手順5に進んでください。

4.サブ排紙トレイにつまっている用紙を取り除きます。
重要
つまった用紙が簡単に取り除けないとき
  • 無理に引っぱらずに「紙づまりの除去(前カバーエリア)」に進んでください

7.前カバーを閉めます。
前カバーは確実に閉めます。
重要
前カバーについての注意
  • 前カバーが開かないことを確認してください(前カバーとプリンターの間に隙間が空いていたり、前カバーがぐらついていないことを確認してください)。前カバーが確実に閉まっていないと、印字不良の原因になります。
  • 前カバーを開けたまま長時間放置しないでください。


2.ペーパーフィーダーが装着されている場合は、給紙カセットを引き出します。
ペーパーフィーダーの給紙カセットを止まる位置までゆっくりと引き出し、手前側を持ち上げて取り外します。

3.排紙トレイにつまっている用紙を取り除きます。
重要
つまった用紙が簡単に取り除けないとき
  • 無理に引っぱらずに次の手順に進んでください。

4.トナーカートリッジをプリンターから取り出します。
重要
高圧接点部(A)や電気接点部(B)には触れない
  • プリンター故障の原因になることがあります。

5.トナーカートリッジを保護袋に入れます

6.つまっている用紙を取り除きます。
6-1.黒色の搬送ガイドを上げ(1)、つまっている用紙を取り除きます(2)。

6-2.両面ユニットを止まる位置までゆっくりと引き出し(1)、手前側を持ち上げてプリンター本体から取り外します(2)。
* 両面ユニットを取り外すときは、必ず前カバーが開いていることを確認してください。前カバーが閉じている状態で両面ユニットを取り外すと、印刷可能な状態にするために電源を入れなおす必要があります。電源を一度切ると、印刷中のデータが消去されてしまいます。

6-3.両面ユニットにつまっている用紙を取り除きます。
(A)の部分に用紙が見えている場合は手前に用紙を引っぱって取り除きます。

6-4.サブ排紙トレイを開けます。

6-5.サブ排紙トレイ内の白い搬送ガイドを開けて(1)、つまっている用紙を取り除きます(2)。
用紙の先端を手前に送り出してから、つまっている用紙を取り除きます。

6-6.サブ排紙トレイを少し閉じて(1)、黒い搬送ガイドのフックを取り外します(2)。

6-7.サブ排紙トレイを図の位置まで開けます。

6-8.つまっている用紙を取り除きます。

6-9.サブ排紙トレイを閉めます。

6-10.両面ユニットを図のように持って、水平にしっかりと奥まで押し込みます。

7.トナーカートリッジを両手で持ち、本体に取り付けます。
トナーカートリッジの(A)をトナーカートリッジガイド(B)に合わせて止まるまで差し込みます。

8.前カバーを閉めます。
前カバーは確実に閉めます。
重要
前カバーについての注意
  • 前カバーが開かないことを確認してください(前カバーとプリンターの間に隙間が空いていたり、前カバーがぐらついていないことを確認してください)。前カバーが確実に閉まっていないと、印字不良の原因になります。
  • トナーカートリッジを取り付けたあと、前カバーを開けたまま長時間放置しないでください。
前カバーが閉まらないとき
  • 前カバーが閉まらないときは、トナーカートリッジの取り付け状態を確認してください。無理に前カバーを閉めると故障の原因になります。



関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP8610 / LBP8620 / LBP8630

 

[TOP▲]
このページのトップへ