ペーパーフィーダの設置(LBP8630/8620/8610)



ペーパーフィーダの設置(LBP8630/8620/8610)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000056707



ペーパーフィーダーは、プリンター本体の底面に取り付けて使用します。
ペーパーフィーダを設置する前に、パッケージに次のものがすべて揃っているかを確認してください。 万一不足しているものや破損しているものがあった場合は、お買い求めの販売店までご連絡ください。

                                      ネジはペーパーフィーダ同士を連結するもので、本体とPF-67Rの接続にはネジ不要。

【警告】

ペーパーフィーダを取り付けるときは、必ずプリンターの電源をオフにし、電源プラグを抜き、プリンター本体に接続されているすべてのインタフェースケーブルや電源コード、アース線を取り外してください。そのまま作業を行うと、電源コードやインタフェースケーブルが傷つき、火災や感電の原因になります。


【重要】

ペーパーフィーダのコネクタや給紙ローラには触れないでください。故障や給紙不良の原因になります。


ペーパーフィーダは、3台まで装着することが出来ます。
ペーパーフィーダーに付属の給紙カセット(UC-67KG)にA5サイズはセットできません。オプションの500枚ユニバーサルカセットUC-67KDを装着することで、セット可能です(自動両面印刷も可能)。

ペーパーフィーダーの用紙のセット方法については「給紙カセット(カセット1、2、3、4)に用紙をセットする」を参照してください。

ペーパーフィーダーを取り付けるネジが4本余りますが、なくした場合に必要になるので、大切に保管しておいてください。

INDEX

  1. プリンターを移動する(既にプリンターを設置済の場合)
  2. ペーパーフィーダの設置(梱包材を取り外し、ペーパーフィーダを取り付ける)

■プリンター本体をを移動する(既にプリンターを設置済の場合)

プリンター設置後に、ペーパーフィーダを取り付けるときは、次の手順でプリンターをいったん適切な場所に移動させます。

【警告】

プリンター本体を移動させる場合は、必ずプリンターとコンピュータの電源をオフにし、電源プラグを抜き、インタフェースケーブルを取り外してください。そのまま移動すると、電源コードやインタフェースケーブルが傷つき、火災や感電の原因になります。


給紙カセットを取り付けた状態で持ち運ばないでください。給紙カセットが落下し、けがの原因になることがあります。


プリンターを移動する
1 プリンターの電源をオフにします(1)。

プリンターのシャットダウンを行ってから電源をオフにしてください。
シャットダウン方法は、 「電源のオン、オフ(LBP8630/8620/8610)」を参照してください。

USB ケーブルを接続している場合は、コンピュータの電源を切って(2)、USB ケーブルを抜きます(3)。

電源プラグを電源コンセントから抜きます(4)。

アース線を専用のアース線端子から取り外します(5)。

【重要】

電源コードを外した際は、アース線にキャップをしてから保管してください。

2 すべてのインタフェースケーブルや電源コード、アース線を取り外します。
オプションの両面ユニットが取り付けられている時は、プリンターから取り外します。
3 給紙カセットを止まる位置まで引き出し(1)、手前側を持ち上げてプリンター本体から取り外します(2)。

【重要】

給紙カセットは水平に引き抜くことはできません。無理に引き抜こうとすると給紙カセットを破損することがあります。



4 プリンター本体を設置場所から移動します。
プリンター本体下部にある運搬用取っ手の中央部に2人以上で手をかけ、同時に持ち上げて運びます。

本プリンターは、給紙カセットを取り付けていない状態で約19.6kg あります。必ず2 人以上で腰などを痛めないように注意して持ち運んでください。

絶対に本体前面や背面など、運搬用取っ手以外の部分を持たないでください。落としてけがの原因になることがあります。
本プリンターは、本体背面側(A)が重くなっています。持ち上げるときにバランスを崩さないように注意してください。落としてけがの原因になることがあります。

【重要】

必ず前カバーや手差しトレイが閉まっていることを確認してから持ち運んでください。

5 作業場所にゆっくりとおろします。

プリンターはゆっくりと慎重におろしてください。手などを挟むと、けがの原因になることがあります。

以上で移動作業は完了です。

 

戻る


■ペーパーフィーダの設置(梱包材を取り外し、ペーパーフィーダを取り付ける)

ペーパーフィーダは、プリンターの底面に取り付けます。

プリンターやペーパーフィーダはゆっくりと慎重におろしてください。手などを挟むと、けがの原因になることがあります。
給紙カセットを取り付けた状態で持ち運ばないでください。給紙カセットが落下し、けがの原因になることがあります。

【重要】
  • ペーパーフィーダ内部に梱包材が残っていると、動作時に給紙不良や故障の原因になります。必ず手順にしたがって梱包材を残さずに取り外してください。
  • 取り外した梱包材は、移転や移設、修理などの輸送時に必要になります。なくさないよう大切に保管しておいてください。

梱包材は予告なく位置・形状が変更されたり、追加や削除されることがあります。


ペーパーフィーダの設置方法
1 ペーパーフィーダーの給紙カセットに貼られている梱包材を取り外します。
図のように添付を取り外し(1)、添付付き梱包材を取り外します(2)。
図のように2本のテープを取り外し(1)、梱包材を取り外します(2)。
図のように2本のテープを取り外して(1)、テープ月梱包材を取り外します(2)。
2 給紙カセットを止めているテープと、テープ付き梱包材を取り外します。
添付付き梱包材は、2本のテープを取り外して(1)、梱包材と一緒に取り外します(2)。
3 ペーパーフィーダーから、給紙カセットを引き出します。
給紙カセットをト待つ位置まで引き出します(1)。
図のように取っ手(A)を両手で持って、給紙カセットの手前を少し持ち上げてから(2)、完全に引き出します(3)。

【重要】
  • 給紙カセットは重いので両手でしっかり持ってください。
  • 取り出した給紙カセットは、水平で安定した場所に置いてください。
  • 給紙カセットは水平に引き抜くことはできません。無理に引き抜こうとすると給紙カセットを破損することがあります。
4 後端の用紙ガイドのロック解除レバーをつまみながら、用紙ガイドを移動します。
5 テープと梱包材を取り外します。
図の位置にあるテープを取り外します(1)。

テープ付き梱包材を取り外します(2)。
6 ペーパーフィーダーを設置場所に置きます。
ペーパーフィーダーを持ち運ぶときは、両手で左右の運用取っ手の中央部を持って運んでください。
【重要】
  • ペーパーフィーダのコネクタ(A)や給紙ローラー(B)には触れないでください。故障や給紙不良の原因になります。

本プリンターおよびオプション品の質量で歪んだり、沈む可能性のある場所(じゅうたん、畳などの上) には設置しないでください。

プリンター本体を載せたり、電源コードやインターフェイスケーブルなどの接続作業が出来るように、周囲に十分なスペースを確保しておいてください。


7 カセット保護カバーを取り付けます。

【重要】
  • カセット保護カバーに手をかけたり、強く押したり、物を置いたりしないでください。
    カセット保護カバーが破損する恐れがあります。

ペーパーフィーダーのカセット保護カバーは、1段装着するごとに取り付けてください。


 
8

ペーパーフィーダーとペーパーフィーダーを取り付けるときは、ペーパーフィーダーの位置決めピン(A)やコネクタ(B)に合わせてゆっくりと載せます。

ペーパーフィーダを1 台のみ取り付ける場合は、【手順 9】に進んでください。

ペーパーフィーダは、最大3台まで取り付けることができます。

9 付属の4 本のネジでペーパーフィーダを固定します。
ネジはしっかりと固定してください。

ペーパーフィーダーを取り付けるネジが4本余りますが、なくした場合に必要になるので、大切に保管しておいてください。

10 カセット保護カバーを取り付けます。

【重要】
  • カセット保護カバーに手をかけたり、強く押したり、物を置いたりしないでください。
    カセット保護カバーが破損する恐れがあります。

ペーパーフィーダーのカセット保護カバーは、1段装着するごとに取り付けてください。

11 ペーパーフィーダーをも1段取り付ける場合は、手順8〜手順10を行って取り付けます。
12 プリンター本体をペーパーフィーダーの両面側や前面に合わせてゆっくりと載せます。
プリンター本体を載せるときは、位置決めピン(A)やコネクタ(B)も合わせてください。

【重要】

プリンター本体がペーパーフィーダーにうまく乗らないときは、一度プリンターを持ち上げて、水平にしてから載せ直してください。プリンターを持ち上げずに無理に載せようとすると、ペーパーフィーダーのコネクタや位置決めピンが破損することがあります。

13 給紙カセットをプリンター本体、ペーパーフィーダーにセットします。

オプションの両面ユニットが取り付けられていた時は、プリンターに取り付けます。
取り付け方については、「両面ユニットの取り付け(LBP8630/8620/8610)」をご参照ください。

14 USB ケーブル以外のインタフェースケーブルや電源コード、アース線を接続します。
15 アース線を専用のアース線端子へ、電源プラグを電源コンセントへ接続します。
16 必要に応じて、USB ケーブルを接続します。
以上でペーパーフィーダの装着は完了です。ペーパーフィーダを装着した後は、次の操作を行います。

ペーパーフィーダーを装着したあとは、プリンタードライバーの[デバイスの設定]ページでオプション機器の設定が必要になります。[デバイスの設定]ページの[デバイス情報取得]ボタンをクリックすると、プリンターのオプション情報が自動的に取得できます。


【重要】

ペーパーフィーダーの設置後、初めて給紙カセットに用紙をセットするときは、必ずプリンターの電源を一度入れてから行ってください。

.

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP8610 / LBP8620 / LBP8630

 

[TOP▲]
このページのトップへ