RAM/ROMの取り付け(LBP8630/8620/8610)



RAM/ROMの取り付け(LBP8630/8620/8610)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000056728



拡張RAM、コントロールROM は、プリンター右側のメインボードに取り付けて使用します。
取り付けたあと、必要に応じてRAMやROMを設定します。
次のことに気を付けてRAM やROM の取り付けを行ってください。

【警告】

RAM やROM を取り付けるときは、必ずプリンタの電源をオフにし、電源プラグを抜き、プリンタ本体に接続されているすべてのインタフェースケーブルや電源コード、アース線 を取り外してから作業を行ってください。そのまま作業を行うと、感電の原因になることがあります。


RAM、ROM の取り扱いには注意してください。RAM、ROM の角や部品の鋭利な部分に触れると、けがの原因になることがあります。


【重要】
  • RAM とROM は、形状や取り付ける位置、取り付け方法が異なります。取り付け位置や取り付け方法を間違えないように気を付けてください。間違えると正しく動作しません。
  • RAM やROM には、静電気に敏感な部品などが使用されています。静電気による破損を防止するために、取り扱いに当たっては次のことをお守りください。
  • 一度室内の金属部分に手を触れ、体の静電気を逃がしてから作業をしてください。
  • 作業中にディスプレイなど、静電気を発生しやすいものに触れないでください。
  • メインボードの部品やプリント配線、コネクタには直接手を触れないでください。
  • 静電気の影響を避けるために、RAM やROM は取り付ける直前まで保護袋から取り出さないでください。
  • メインボードにあるスイッチには絶対に触れないでください。スイッチを動かすとプリンタが正常に動作しません。


INDEX

  1. RAM、ROM の取り付け位置について
  2. RAM、ROM を取り付ける

■RAM、ROM の取り付け位置について

RAM とROM は、取り付ける位置が異なります。取り付ける前に図を参照して、取り付け位置を確認してから作業を行ってください。

 

戻る


■RAM、ROMを取り付ける

RAM とROMは、次の手順でプリンター本体のメインボードに取り付けます。RAMとROMの取り付け作業には、プラスドライバーが必要です。あらかじめネジに合ったサイズのものをご用意ください。

RAM、ROMを取り付ける
1 プリンターの電源をオフにします(1)。

プリンターのシャットダウンを行ってから電源をオフにしてください。
シャットダウン方法は、 「電源のオン、オフ(LBP8630/8620/8610)」を参照してください。

USB ケーブルを接続している場合は、コンピュータの電源を切って(2)、USB ケーブルを抜きます(3)。

電源プラグを電源コンセントから抜きます(4)。

アース線を専用のアース線端子から取り外します(5)。

【重要】

電源コードを外した際は、アース線にキャップをしてから保管してください。

2 すべてのインタフェースケーブルや電源コード、アース線を取り外します。
作業用スペースが十分とれない場合は、作業しやすい場所にプリンタを移動します。
3 プリンター背面のネジを取り外します。
4 右カバーを取り外します。
右カバーを矢印の方向にスライドさせます(1)。
右カバーを取り外します(2)。
5 スロットカバーの2本のネジを取り外します。
6

スロットカバーを取り外します。
スロットカバーを開けます(1)。

スロットカバーを少し持ち上げて(2)、矢印の方向にスロットカバーを取り外します(3)。


【重要】
  • メインボードの部品やプリント配線、コネクタには直接手を触れないでください。
  • 作業中にネジなどの金属がメインボードに触れないように気をつけてください。
  • 製品内部に、ネジやクリップ、ステイプル針などを落とさないでください。これらが製品内部に落ちた時は、電源プラグを電源コンセントに接続しないでお買い求めの販売店にご連絡ください。
  • 右カバーやスロットカバーを取り付けていない状態でプリンターの電源をオンにしないでください。故障の原因になることがあります。


RAMやROMの取り付ける位置は右記の通りです。取り付け位置を確認してからRAMやROMを取り付けてください。

 

7

●RAM を取り付ける場合

黒色のRAMスロットへ図のように切り欠きに合わせて差し込み(1)、奥までしっかりと押しこみます(2)。

RAMが正しく取り付けられると、RAMスロット両端のレバーが閉じます。

メインボードの部品やRAM、ROM の角でけがをしないように注意してください。

●ROM を取り付ける場合

2ヶ所のコネクタに合わせて、奥までしっかりと押し込みます。

メインボードの部品やRAM、ROM の角でけがをしないように注意してください。

8

スロットカバーを取り付けて(1)、閉めます(2)。
9

スロットカバーの2本のネジを取り付けます。
スロットカバーを取り付けるときは、下側のネジを取り付けてから(1)、上側のネジを取り付けます(2) 。

ペーパーフィーダーを取り付けるとネジが4本余りますが、なくした場合に必要になるので、大切に保管しておいてください。

 

10 図のように右カバーを取り付けて(1)、スライドさせます(2)。
11 ネジを取り付けます。
12 USB ケーブル以外のインタフェースケーブルや電源コード、アース線を接続します。
13 アース線を専用のアース線端子へ、電源プラグを電源コンセントへ接続します。
14 必要に応じて、USB ケーブルを接続します。

以上でRAMまたはROMの装着は完了です。RAMやROMを装着した後は、必要に応じて次の設定を行ってください。

拡張RAM 必要に応じてメニューの印字調整グループの設定を行ってください。
コントロールROM メニュー機能で設定します。

操作パネルのメニュー機能のエミュレーションモードの設定については、LIPS機能ガイド「第2章 メニューの機能と操作」またはオプションのコントロールROMに付属の取扱説明書を参照してください。

両面ユニットを装着したあとは、プリンタードライバーの[デバイスの設定]ページでオプション機器の設定が必要になります。[デバイスの設定]ページの[デバイス情報取得]ボタンをクリックすると、プリンターのオプション情報が自動的に取得できます。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP8610 / LBP8620 / LBP8630

 

[TOP▲]
このページのトップへ