オプション品の取り付け(LBP5600SE/5600)



オプション品の取り付け(LBP5600SE/5600)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000058653



本プリンタは、取り付けるオプション品によって、設置する手順が異なります。
お買い求めになったオプション品の内容を確認し、次表手順で作業を行ってください。

INDEX

■ペーパーフィーダ

プリンタ本体を移動する

ペーパーフィーダを取り付ける

■ネットワークボード

ネットワークボードを取り付ける




   ペーパーフィーダ

ペーパーフィーダを設置する前に、パッケージに以下のものがすべて揃っているかを確認してください。
万一不足しているものや破損しているものがあった場合は、お買い求めの販売店までご連絡ください。



 !!
 注意
 
ペーパーフィーダを取り付けるときやプリンタを移動させる場合は、必ずプリンタの電源をオフにし、電源プラグを抜き、プリンタ本体に接続されているすべてのインターフェースケーブルや電源コード、アース線を取り外してください。そのまま作業を行うと、電源コードやインターフェースケーブルが傷つき、火災や感電の原因になります。

 !
 重要
 
ペーパーフィーダのコネクタや給紙ローラには触れないでください。故障や給紙不良の原因になります。

ペーパーフィーダは最大3台まで取り付けることができます。
 ただし、ぺディスタル(ボックスタイプ)を装着した場合は、2台までです。





   プリンタ本体を移動する

プリンタ設置後に、ペーパーフィーダを取り付けるときは、次の手順でプリンタをいったん適切な場所へ移動させます。

 !
 重要
 
給紙カセットを取り付けた状態で持ち運ばないでください。給紙カセットが落下し、けがの原因になることがあります。


手順
1 後カバーを取り外します。
後カバーを少し開けてから(1)、後カバーを取り外します(2)
2 電源スイッチの【】側を押してプリンタの電源をオフにし(1)、USBケーブルを抜き(2)、電源プラグを電源コンセントから抜いて(3)、アース線を専用アース線端子から取り外します(4)

3 すべてのインタフェースケーブルや電源コード、アース線を取り外します。
4  給紙カセットを引き出します。
給紙カセットを止まる位置まで引き出します(1)
給紙カセットの手前を少し持ち上げてから(2)、図のように手をそえて引き出します。

給紙カセットは水平に引き抜くことはできません。無理に引き抜こうとすると、給紙カセットを破損することがあります。
5

プリンタ本体を設置場所から移動します。
プリンタ本体下部にある運搬用取っ手に4人以上で手を掛け、同時に持ち上げて設置場所から移動します。

本プリンタは、給紙カセットを取り付けていない状態で約48.3kg(本体:約39.4kg/トナーカートリッジ×4:約1.3kg/ドラムカートリッジ×4:約7.6kg) あります。必ず4 人以上で腰などを痛めないように注意して持ち運んでください。
   
絶対に手差しトレイなど、運搬用取っ手以外の部分を持たないでください。落としてけがの原因になることがあります。
必ず前カバーや手差しトレイが閉まっていることを確認してから持ち運んでください。
以上で移動作業は完了です。





   ペーパーフィーダを取り付ける

ペーパーフィーダはプリンタ本体の底面に取り付けます。


 !!
 注意
 
プリンタやペーパーフィーダはゆっくりと慎重におろしてください。手などを挟むとけがの原因になることがあります。
給紙カセットを取り付けた状態で持ち運ばないでください。給紙カセットが落下し、けがの原因になることがあります。
ペーパーフィーダを取り付けた状態で持ち運ばないでください。ペーパーフィーダが落下し、けがの原因になることがあります。

 !
 重要
 

ペーパーフィーダを装着した場合、給紙するペーパーフィーダ(カセット2、カセット3、カセット4)より上段の給紙カセットは、必ずセットした状態で使用してください。給紙カセットがセットされていないと、下段の給紙元から給紙することは出来ません。
(たとえば、カセット2がセットされていない場合、カセット3から給紙することはできません。)




手順
1 すべてのペーパーフィーダから、給紙カセットを引き出します。
給紙カセットを止まる位置まで引き出します(1)

給紙カセットの手前を少し持ち上げてから(2)、左手をそえて給紙カセット右側にある取っ手が完全に見えるまで引き出します(3)
図のように給紙カセットを両手で持って、完全に引き出します(4)

給紙カセットは重いので両手でしっかり持ってください。
取り出した給紙カセットは、水平で安定した場所に置いてください。
給紙カセットは水平に引き抜くことはできません。無理に引き抜こうとすると給紙カセットを破損することがあります。
2

ペーパーフィーダのカセット保護カバーを取り外します。
図のようにカセット保護カバーのレバーを押しながら、カセット保護カバーを取り外します。

3 ペーパーフィーダを設置場所に置きます。
ペーパーフィーダを持ち運ぶときは、両手で左右の運搬用取っ手を持って運んでください。


ペーパーフィーダのコネクタや給紙ローラには触れないでください。故障や給紙不良の原因になります。
本プリンタおよびオプション品の質量で歪んだり、沈む可能性のある場所(じゅうたん、畳などの上)には設置しないでください。
プリンタ本体を載せたり、電源コードやインターフェースケーブルなどの接続作業ができるように、周囲に十分なスペースを確保しておいてください。
4 ペーパーフィーダとペーパーフィーダを取り付けるときは、ペーパーフィーダの位置決めピンに合わせてゆっくりと載せます。
ペーパーフィーダを1台のみ取り付ける場合は、手順6に進んでください。
※ペーパーフィーダは最大3台まで取り付けることができます。
5 付属の4本のネジでペーパーフィーダを固定します。
ネジはしっかりと固定してください。

 
6 プリンタ本体をペーパーフィーダの位置決めピンに合わせてゆっくりと載せます。
7 付属の4つの部材とネジで、プリンタ本体とペーパーフィーダを固定します。
部材の穴をプリンタの突起に取り付けて(1)、ネジで固定します(2)
ペーパーフィーダがうまく載らないときは、一度ペーパーフィーダを持ち上げて、水平にしてから載せなおしてください。ペーパーフィーダを持ち上げずに無理に載せようとすると、ペーパーフィーダのコネクタや位置決めピンが破損することがあります。
プリンタ本体のカセット保護カバーを上げながら(3)、部材の突起をプリンタの穴に取り付け(4)、ネジで固定します(5)
8 カセット保護カバーを取り付けます。
図のようにカセット保護カバーのレバーを押しながら、突起をペーパーフィーダ背面の溝に差し込みます。

貸せと保護カバーに手をかけたり、強く押したり、物を置いたりしないでください。カセット保護カバーが破損する恐れがあります。
9 給紙カセットをプリンタ本体、ペーパーフィーダにセットします。
10 USBケーブル意外のインターフェースケーブルや電源コード、アース線を接続します。
11

アース線を専用のアース線端子へ、電源プラグを電源コンセントへ接続します。

12 USBケーブルを接続します。
13 後カバーを取り付けて(1)、閉めます(2)
図のようにケーブルを後カバーの溝に通します。

ペーパーフィーダを装着した後は、プリンタドライバの[デバイスの設定]ぺージでオプション機器の設定が必要になります。[デバイスの設定]ページの[デバイス情報取得]ボタンをクリックすると、プリンタのオプション情報が自動的に取得できます。
以上でペーパーフィーダの取り付けは完了です。




   ネットワークボード

ネットワークボードは、プリンタ背面の拡張ボードスロットへ取り付けます。



オプションのネットワークボードを装着すると、LBP5600SEをネットワーク直結プリンタとして使用することができます。


 !!
 注意
 
ネットワークボードを取り付けるときは、必ずプリンタの電源をオフにし、プリンタ本体に接続されているすべてのインターフェースケーブルや、電源コード、アース線を取り外してから作業を行ってください。
感電の原因になることがあります。
ネットワークボードの取り扱いには注意してください。ネットワークボードの角や部品の鋭利な部分に触れると、けがの原因になることがあります。


 !
 重要
 

ネットワークボードには、静電気に敏感な部品などが使用されています。静電気による破損を防止するためには、取り扱いに当たっては次のことをお守りください。

  • 一度室内の金属部分に手を触れ、体の静電気を逃がしてから作業してください。
  • 作業中に、ディスプレイなどの静電気を発生しやすいものに、触れないでください。
  • ネットワークボードの部品やプリント配線、コネクタには直接手を触れないでください。
  • 静電気の影響を避けるために、ネットワークボードは取り付ける直前まで保護袋から取り出さないでください。また、保護袋はネットワークボードを取り外すときに必要になります。
    捨てないで保管しておいてください。
本プリンタにネットワークボードを装着してご使用になる場合、ネットワークボードのファイームウェアのバージョンが1.10以上でないと正常に動作しません。ネットワークボードの取り付けとソフトウェアのインストールが完了したあと、ファームウェアのバージョンをリモートUIの[ネットワーク]ページにある[ファームウェア]の[バージョン]またはネットワークステータスプリントの[ファームウェアバージョン]で確認してください。
ファームウェアの更新が必要な場合は、こちらから最新のファームウェアをダウンロードして、ファームウェアに添付のREADMEファイルの記載にしたがって、ファームウェアを更新してください。





   ネットワークボードを取り付ける

ネットワークボードは、次の手順でプリンタ本体の拡張ボードスロットに取り付けます。
ネットワークボード の取り付け作業には、プラスドライバが必要です。あらかじめネジに合ったサイズのものを
ご用意ください。

手順
1 後カバーを取り外します。
後カバーを少し開けてから(1)、後カバーを取り外します(2)
2 電源スイッチの【】側を押してプリンタの電源をオフにし(1)、USBケーブルを抜き(2)、電源プラグを電源コンセントから抜いて(3)、アース線を専用アース線端子から取り外します(4)

 
3 電源コード、アース線を取り外します。
作業用スペースが十分とれない場合は、作業しやすい場所にプリンタを移動します。
4 ネジを外して、拡張ボードスロットの保護板を取り外します。

取り外した保護板とネジは、ネットワークボードを外したときに必要になります。なくさないように保管しておいてください。
5

ネットワークボードを拡張ボードスロットに差し込みます。
ネットワークボードは、金属製のパネル部分を持ち、ボードを拡張ボードスロット内部のガイドレールに合わせて差し込みます。

ネットワークボードの部品やプリント配線、コネクタには直接手を触れないでください。
ネットワークボードのプリンタ接続コネクタを、拡張ボード内部のコネクタにしっかりと確実に押し込んでください。
6

ネットワークボードの上下を、付属の2本のネジで固定します。

7 図のようにLANケーブルにフェライトコアを取り付けます。
フェライトコアはプリンタに接続するコネクタから5cm以内の場所に取り付けます。

フェライトコアは、プリンタに同梱されています。
本ネットワークボードには、LANケーブルは付属していません。
8 LANケーブルを接続します。
お使いのネットワークに合わせて、ネットワークボードのLANコネクタに対応したLANケーブルを接続してください。
9
電源コード、アース線を接続します。
10
アース線を専用のアース線端子へ、電源プラグを電源コンセントへ接続します。
11
必要に応じて、USBケーブルを接続します。
12 電源スイッチの【I】側を押して、プリンタ側の電源をオンにします。
13 ネットワークボードのLNKランプ(緑)が点灯していることを確認します。
10BASE-Tの場合は、LNKランプが点灯していれば正常です。
100BASE-TXの場合は、LNKランプと100ランプが点灯していれば正常です。

正常に動作していない場合は、プリンタの電源をオフにし、LANケーブルの接続やハブの動作、ネットワークボードの取り付け状態を確認してください。
14

後カバーを取り付けて(1)、閉めます(2)
手順7でLANケーブルに取り付けたフェライトコアを後カバーに入れて、図のようにケーブルを後カバーの溝に通します。

以上でネットワークボードの取り付け作業は完了です。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP5600 / LBP5600SE

 

[TOP▲]
このページのトップへ