用紙タイプを設定する(プリンタドライバー)(LBP6200)



用紙タイプを設定する(プリンタドライバー)(LBP6200)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000059258



対処方法

* お使いのアプリケーションソフトによって印刷時の操作が異なる場合があります。
メモ
印刷設定の初期値を変更する方法について
  • ここで設定した内容は、同じアプリケーションソフトから印刷するデータに対してのみ有効です。アプリケーションソフトを閉じると、設定した内容は初期値に戻ります。印刷設定の初期値を変更する方法については、プリンターに付属のCD-ROMに収められている「e-マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。

1.アプリケーションソフトの[ファイル]メニューから[印刷]を選択します。
→ [印刷]ダイアログボックスが表示されます。

2.本プリンタを選択して、[プロパティ]または[詳細設定]をクリックします。

3.[用紙種類]を設定します。
(1)[給紙]ページを表示します。
(2)給紙部にセットした用紙の種類を選択します。*
* 用紙の種類に応じて、次のように設定してください。
用紙の種類[用紙種類]の設定
普通紙(60 〜 90 g/m2[普通紙](初期値)
[普通紙L]*1
[ラフ紙1]*2
厚紙(91 〜 163 g/m2[厚紙]
[ラフ紙2]*3
OHPフィルム[OHPフィルム]
ラベル用紙[ラベル用紙]
郵便はがき、郵便往復はがき、郵便 4 面はがき[はがき]
封筒[封筒]
*1[普通紙]に設定して印刷した結果、排紙された用紙がカールする(印刷した面が反る)場合は、[普通紙L]に設定してください。
*2表面の粗い用紙(60 〜 90 g/m2)を[普通紙]に設定して印刷した結果、紙づまりが起こったときや定着性をより改善したい場合は、[ラフ紙1]に設定してください。
*3表面の粗い用紙(91 〜 163 g/m2)を[厚紙]に設定して印刷した結果、紙づまりが起こったときや定着性をより改善したい場合は、[ラフ紙2]に設定してください。

4.必要に応じて、その他の印刷条件を設定します。
メモ
設定項目の詳しい説明について
  • ヘルプを参照してください。ヘルプの表示方法については、プリンタに付属のCD-ROMに収められている「e-マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。

5.設定内容を確認して、[OK]をクリックします。
→[印刷]ダイアログボックスに戻ります。

6.[OK]をクリックします。
→印刷がはじまります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP6200

 

[TOP▲]
このページのトップへ