pingとipconfigの操作方法について



pingとipconfigの操作方法について
更新日 : 2016年3月18日
文書番号 : Q000062596



ここでは、コマンドプロンプトからのpingとipconfigの操作方法について説明しています。


INDEX

  1. pingの操作方法(Windows2000/XP)
  2. pingの操作方法(WindowsVista以降)
  3. ipconfigの操作方法(Windows2000/XP)
  4. ipconfigの操作方法(WindowsVista以降)

【詳細1】pingの操作方法(Windows2000/XP)

 【重要】pingコマンドは、ネットワーク上に調べたいIPアドレスが存在しているか調べるためのコマンドです。

pingの操作方法(Windows2000/XP)
1 コマンドプロンプトを起動します。

<Windows 2000の場合>
[スタート]メニューから[プログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を選択します。

<Windows7/Vista/Server2008/ XP/Server2003の場合>
[スタート]メニューから[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を選択します。

2 WindowsXP/20000の場合、pingコマンドを入力 ⇒ スペースを入力 ⇒ アドレスを入力し[Enter]キーを押します。

例 ping 192.168.250.254 ⇒ [Enter]  /  ping 192.168.11.1 ⇒ [Enter]

                     <Windows2000/XP入力例>
                

<成功例>

※pingがすべて成功した場合は、
・byte = xx
・time < XXms
・TTL = xxx
・Lost = 0(0%の損失)と表示されます。

<失敗例>

※pingが失敗した場合は、Requesut timed outと表示され、Lostの数が増えるほど通信が届きにくいことを表していします。


 

終了時は右上の×ボタンを押し、 コマンドプロンプトを終了します。

戻る


【詳細2】pingの操作方法(WindowsVista以降)

 【重要】pingコマンドは、ネットワーク上に調べたいIPアドレスが存在しているか調べるためのコマンドです。

pingの操作方法(WindowsVista以降)
1 コマンドプロンプトを起動します。

<Windows7/Vista/Server2008/ XP/Server2003の場合>
[スタート]メニューから[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を選択します。

<Windows8以降の場合>
「Winodwsキー」+「X」キーを押し、メニューの中の[コマンドプロンプト]を選択します。

2 WindowsVista以降の場合、pingコマンドを入力 ⇒ スペースを入力 ⇒ アドレスを入力し[Enter]キーを押します。

例 ping 192.168.250.254 ⇒ [Enter]  /  ping 192.168.11.1 ⇒ [Enter]

                     <WindowsVista/7/8入力例>
                

<成功例>

※pingがすべて成功した場合は、
・バイト数 = xx
・時間 < XXms
・TTL = xxx
・損失 = 0(0%の損失)と表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<失敗例1>

※pingがすべて失敗した場合は、損失 = 4(100%の損失)と表示されます。
            <失敗例2>

※「宛先ホストに到達できません」と表示される場合、PCのネットワーク接続トラブルです。損失 = 0(0%の損失)は成功の判断材料になりません。

※「一般エラー」と表示される場合、ファイアーウォールなどのセキュリティー関連トラブルの可能性が高いエラーメッセージです。

終了時は右上の×ボタンを押し、 コマンドプロンプトを終了します。
戻る

【詳細3】ipconfigの操作方法(Windows2000/XP)

 【重要】ipconfigコマンドは、PCのネットワーク設定を調べるためのコマンドです。

ipconfigの操作方法(Windows2000/XP)
1 コマンドプロンプトを起動します。

<Windows 2000の場合>
[スタート]メニューから[プログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を選択します。

<Windows7/Vista/Server2008/ XP/Server2003の場合>
[スタート]メニューから[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を選択します。

2

WindowsXP/20000の場合、ipconfigコマンドを入力し、[Enter]キーを押します。

                     <Windows2000/XP入力例>
                

<ローカルエリア(有線LAN)接続>

※PCの有線LAN接続のネットワーク設定が表示されます。
<ワイヤレスネットワーク(無線LAN)接続>

※PCの無線LAN接続のネットワーク設定が表示されます。
終了時は右上の×ボタンを押し、 コマンドプロンプトを終了します。
戻る

【詳細4】ipconfigの操作方法(WindowsVista以降)

 【重要】ipconfigコマンドは、PCのネットワーク設定を調べるためのコマンドです。

ipconfigの操作方法(WindowsVista以降)
1 コマンドプロンプトを起動します。

<Windows7/Vista/Server2008/ XP/Server2003の場合>
[スタート]メニューから[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を選択します。

<Windows8以降の場合>
「Winodwsキー」+「X」キーを押し、メニューの中の[コマンドプロンプト]を選択します。

2

WindowsVista以降の場合、ipconfigコマンドを入力し、[Enter]キーを押します。

                     <WindowsVista以降入力例>
                

<ローカルエリア(有線LAN)接続>

※PCの有線LAN接続のネットワーク設定が表示されます。※WindowsVista以降は、IPv6にもOSが対応しています。
<ワイヤレスネットワーク(無線LAN)接続>

※PCの無線LAN接続のネットワーク設定が表示されます。※WindowsVista以降は、IPv6にもOSが対応しています。
終了時は右上の×ボタンを押し、 コマンドプロンプトを終了します。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1110 SE / LBP-1110 Premium / LBP-1120 / LBP-1210 / LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-210 / LBP-220 / LBP-220Pro / LBP-250 / LBP-2030 / LBP-2030PS / LBP-2035PS / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2160 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2260PS / LBP-2260PSII / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2410 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP-310 / LBP-320 / LBP-320Pro / LBP-350 / LBP3000 / LBP3000B / LBP3100 / LBP3200 / LBP3210 / LBP3300 / LBP3310 / LBP3410 / LBP3500 / LBP3600 / LBP3700 / LBP3800 / LBP3900 / LBP3910 / LBP3920 / LBP3930 / LBP3950 / LBP3970 / LBP3980 / LBP-430 / LBP-450 / LBP-470 / LBP5000 / LBP5050 / LBP5050N / LBP5100 / LBP5200 / LBP5300 / LBP5400 / LBP5500 / LBP5600 / LBP5600SE / LBP5610 / LBP5700 / LBP5800 / LBP5900 / LBP5900SE / LBP5910 / LBP5910F / LBP6030 / LBP6040 / LBP6200 / LBP6230 / LBP6240 / LBP6300 / LBP6330 / LBP6340 / LBP6600 / LBP6700 / LBP6710i / LBP-720 / LBP-730 / LBP-730PS / LBP-740 / LBP-740e / LBP-750 / LBP7010C / LBP7100C / LBP7110C / LBP7200C / LBP7200CN / LBP7600C / LBP7700C / LBP-830 / LBP-840 / LBP-850 / LBP-870 / LBP-880 / LBP8100 / LBP8610 / LBP8620 / LBP8630 / LBP8710 / LBP8710e / LBP8720 / LBP8730i / LBP8900 / LBP-910 / LBP-930 / LBP-930EX / LBP-950 / LBP9100C / LBP9200C / LBP9500C / LBP9510C / LBP9520C / LBP9600C / LBP9650Ci / LBP9660Ci / LBP9900Ci / LBP9950Ci / LBP-A304E / LBP-A304EII / LBP-A304GII / LBP-A309GII / LBP-A404 / LBP-A404E / LBP-A404F / LBP-A404GII / LBP-A404PS / LBP-A404PS-Lite / LBP-A405Jr. / LBP-A408 / LBP-B406 / LBP-B406D / LBP-B406E / LBP-B406EII / LBP-B406G / LBP-B406GII / LBP-B406PS / LBP-B406PS-Lite / LBP-B406S

 

[TOP▲]
このページのトップへ