「弥生会計 11」と「弥生販売 11」からの出力不具合時の軽減方法手順について(LBP1110/1120/1210/3200)



「弥生会計 11」と「弥生販売 11」からの出力不具合時の軽減方法手順について(LBP1110/1120/1210/3200)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000063576




   現象
 


『弥生会計 11』と『弥生販売 11』で網掛け部分が黒く塗りつぶされ文字、数字が判読できなくなる。




   対象機種
 
LBP-1110/1120/1210/3200


   対処方法

 ※下記ドライバの設定変更にて判読できるようになることがあります。

軽減方法手順について
1

Windowsの[スタート]メニューから[設定]⇒[コントロールパネル]を開き、[プリンタとFAX]をダブルクリックして下さい。

2

ご使用されている対象プリンタ
「Canon LASER SHOT
LBP-1110/1120/1210/3200」
を選択し右クリックをして頂き、[プロパティ]を開いて下さい。

3

[全般]タブにある[印刷設定]を選択して下さい。

4

[印刷品質]タブを選択して頂き、
以下の設定を行って下さい。

■ハーフトーン:
ディザパターン2を選択

■明るさ:
40%に設定
(推奨設定値)

※上記の設定で文字/数字が判読できない場合は、40%〜60%の間で調整下さい。(40%以上の調整は、他の文字/数字に影響(薄くなる)が出てきます。)

 

5 [詳細設定]を選択して下さい。
6

[トナー濃度]を左側に1目盛移動させ、設定は完了です。

※開いているページを全て[OK]
  ボタンで閉じて終了して下さい。

以上になります。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1120 / LBP-1210 / LBP3200

 

[TOP▲]
このページのトップへ