用紙がつまった(LBP9200C)



用紙がつまった(LBP9200C)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000064283



対処方法

紙づまりが起こると、紙づまりランプ(オレンジ色)が点滅して、プリンターステータスウィンドウにメッセージが表示されます。

メッセージに表示されている順に、それぞれの位置の紙づまりを取り除いてください。
メッセージと紙づまりの処理方法紙づまりの位置


(1) 「紙づまりの処理(手差しエリア)」
(2) 〜 (8) 「紙づまりの処理(排紙、右カバー、両面ユニット、カセット1、2、3、4エリア)」
(9) (10) 「紙づまりの処理(カセット2、3カバーエリア)」


2.手差しを閉めます。

続いて、メッセージに表示されている別の位置の処理手順に進みます。


2.排紙ガイドを開けます。
(1) つまみ(A)を持ちます。
(2) 開けます。

3.つまっている用紙を矢印の方向にゆっくり引っぱって取り除きます。

4.排紙ガイド内に用紙がつまっていないことを確認して、排紙ガイドを閉めます。

5.図の箇所につまっているときは、つまっている用紙を矢印の方向にゆっくり引っぱって取り除きます。
 

6.つまっている用紙を矢印の方向にゆっくり引っぱって取り除きます。
 

7.つまっている用紙をゆっくり引っぱって取り除きます。
図の位置に用紙がつまっていて簡単に取り除けないときは、無理に引っぱらず、メッセージに表示されている別の位置の処理手順を行ってください。

8.右カバーを閉めます。
→ 給紙カセットに用紙がつまっているときは、つまっている用紙が自動的に排紙されます。
紙づまりランプが消えて、印刷可能な状態になります。
メモ
紙づまりランプが消えないとき
  • 給紙カセット周辺に紙や紙片が残っている可能性があります。給紙カセットを引き出し、紙や紙片を取り除いてください。詳細については、「給紙カセットの紙づまりの確認」を参照してください。
  • 別の位置にも用紙がつまっている可能性があります。別の位置も確認して、つまっている用紙を取り除いてください。詳細については、「紙づまりの処理(カセット2、3カバーエリア)」を参照してください。
  • 用紙を除いても紙づまりランプが消えないときは、右カバーが確実に閉まっているか確認してください。


2.カセット2の右カバー(A)またはカセット3の右カバー(B)を開けます。
(1) 取っ手を矢印の方向に押します。
(2) 開けます。
 

3.つまっている用紙をゆっくり引っぱって取り除きます。
(1) 用紙の先端を引き出します。
(2) ゆっくり引っぱって取り除きます。
 

4.図の位置に用紙がつまっていて、簡単に取り除けないときは、無理に引っぱらずに手順6に進んでください。

5.カセットの右カバーを閉めます。

6.右カバーを閉めます。
→ 給紙カセットに用紙がつまっているときは、つまっている用紙が自動的に排紙されます。
紙づまりランプが消えて、印刷可能な状態になります。
メモ
紙づまりランプが消えないとき
  • 給紙カセット周辺に紙や紙片が残っている可能性があります。給紙カセットを引き出し、紙や紙片を取り除いてください。詳細については、「給紙カセットの紙づまりの確認」を参照してください。
* 用紙を取り除いても紙づまりランプが消えないときは、右カバーが確実に閉まっているか確認してください。


1.右カバーを開けます。

2.紙づまりが発生している給紙カセットを引き出します。

3.つまっている用紙を矢印の方向にゆっくり引っぱって取り除きます。

4.給紙カセットをセットします。

5.右カバーを閉めます。
→ 紙づまりランプが消えて、印刷可能な状態になります。
メモ
紙づまりランプが消えないとき
  • 右カバーが確実に閉まっているか確認してください。それでも紙づまりランプが消えないときは、別の位置にも用紙がつまっている可能性があります。別の位置も確認して用紙を取り除いてください。詳細については、「紙づまりの処理(排紙、右カバー、両面ユニット、カセット1、2、3、4エリア)」、「紙づまりの処理(カセット2、3カバーエリア)」を参照してください。

2. [オプション]メニューの[デバイス設定]から[印刷補助設定]を選択する
3. [紙づまり低減モードL(普通紙L両面)]の設定を変更する
紙づまりの低減効果は次の順序で強くなります。
[使わない] (効果:弱)
[モード1]
[モード2]
[モード3] (効果:強)
* 低減効果を強くすると、印刷品質が低下することがあります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP9200C

 

[TOP▲]
このページのトップへ