ユーザー設定用紙に印刷する(LBP9200C)



ユーザー設定用紙に印刷する(LBP9200C)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000064300



対処方法

* カセット2、3、4(オプション)の用紙のセット方法はカセット1と同じです。

1.給紙カセットを止まるまで引き出します。

2.用紙ガイドを用紙より少し大きめの位置に移動します。
ロック解除レバー(A)をつまみながら調整します。

3.印刷面を上にして、用紙を図のようにセットします。
メモ
レターヘッドやロゴ付きの用紙などをセットするとき
  • 「用紙をセットする向き」を参照して、正しい向きでセットしてください。

4.用紙ガイドをセットした用紙に合わせます。
4-A-1.側面の用紙ガイドを移動します。
(1) ロック解除レバーをつまみます。
(2) セットした用紙に合わせて用紙ガイドを移動します。
* 側面の用紙ガイドは上下が連動しています。
4-A-2.後端の用紙ガイドを移動します。
(1) ロック解除レバーをつまみます。
(2) セットした用紙に合わせて用紙ガイドを移動します。

5.用紙を下へ押さえて、用紙ガイドに付いているツメ(A)の下に用紙を入れます。
積載制限マークの線(B)を超えていないことを確認してください。
* 絶対に積載制限マークの線を越えない範囲でセットしてください。積載制限マークの線を超す量の用紙をセットすると、給紙不良の原因になります。

6.給紙カセットをプリンターにセットします。

ユーザー設定用紙を給紙カセットで使用するときは、給紙カセットの設定を変更する必要があります。
次の手順で給紙カセットの設定を行ってください。
メモ
用紙サイズを登録するとき
  • 印刷中は用紙サイズの登録はできませんので、印刷していないことを確認してから登録してください。ただし、プリンターステータスウィンドウに次のメッセージが表示されている場合は、用紙サイズの登録ができます。
- 「用紙が指定と異なります」
- 「用紙がありません」
- 「用紙を確認してください」

7.タスクトレイに表示されている[ ]をクリックして、プリンター名を選択します。

8.[オプション]メニューから[デバイス設定]→[カセット設定1]を選択します。

9.用紙サイズを登録します。
(1)給紙カセットの設定を[ユーザー設定]に変更します。
  • カセット1:プリンター本体に標準の給紙カセット
  • カセット2、3、4: オプションのペーパーフィーダーの給紙カセット
(2)[OK]をクリックします。

10.[オプション]メニューから[デバイス設定]→[カセット設定2]を選択します。

11.ユーザー設定用紙の送り方向を設定します。
(1) [ユーザー設定用紙の送り方向]を設定します。
  • [縦送り]: 用紙を横置き(用紙の長辺がプリンター前面と平行になる置きかた)にしたときに選択します。
  • [横送り]: 用紙を縦置き(用紙の短辺がプリンター前面と平行になる置きかた)にしたときに選択します。
(2) [OK]をクリックします。

ユーザー設定用紙に印刷する場合は、あらかじめユーザー設定用紙のサイズをプリンタードライバーに登録しておく必要があります。
次の手順でユーザー設定用紙の登録を行ってください。

12.プリンターフォルダーを表示します。
メモ
プリンターフォルダーの表示方法について
  • このページの最後にある「参考」を参照してください。

13.本プリンターのアイコンを右クリックして、ポップアップメニューから[印刷設定]を選択します。

14.[ユーザー設定用紙]ダイアログボックスを表示します。
(1) [ページ設定]ページを表示します。
(2) [ユーザー設定用紙]をクリックします。

15.ユーザー設定用紙を設定します。
[ユーザー設定用紙名]登録するユーザー設定用紙の名称を入力します。半角/全角 31 文字まで入力できます。
[単位]ユーザー設定用紙のサイズを設定するときに使用する単位を選択します。
[用紙サイズ]ユーザー設定用紙の高さと幅([高さ][幅])を設定します。
用紙サイズは、縦長([高さ][幅])かつ、定義可能な範囲内で指定してください。

16.ユーザー設定用紙を登録します。
(1) [登録]をクリックします。
* 登録できるユーザー設定用紙の数は、ご使用のシステム環境によって異なります。
(2) [用紙一覧]に、登録したユーザー設定用紙が追加されたことを確認します。
(3) [OK]をクリックします。


1.手差しを開けます。
手差しは右側面の取っ手を持って開けます。

2.A3などの長いサイズの用紙をセットするときは、延長トレイを引き出します。

3.用紙ガイドを用紙の幅より少し広めの位置に移動します。

4.印刷面を下にして、用紙を奥に当たるまでゆっくりと差し込みます。
重要
長尺紙をセットするとき
  • 1 枚ずつ図のようにセットします。

メモ
レターヘッドやロゴ付きの用紙などをセットするとき
  • 「用紙をセットする向き」を参照して、正しい向きでセットしてください。

5.用紙ガイドを用紙の幅に合わせます。

6.用紙束が積載制限ガイド(A)の下を通っていることを確認します。
積載制限マークの線(B)を超えていないことを確認してください。
* 絶対に積載制限マークの線を越えない範囲でセットしてください。積載制限マークの線を超す量の用紙をセットすると、給紙不良の原因になります。

ユーザー設定用紙に印刷する場合は、あらかじめユーザー設定用紙のサイズをプリンタードライバーに登録しておく必要があります。
次の手順でユーザー設定用紙の登録を行ってください。

7.プリンターフォルダーを表示します。
メモ
プリンターフォルダーの表示方法について
  • このページの最後にある「参考」を参照してください。

8.本プリンターのアイコンを右クリックして、ポップアップメニューから[印刷設定]を選択します。

9.[ユーザー設定用紙]ダイアログボックスを表示します。
(1) [ページ設定]ページを表示します。
(2) [ユーザー設定用紙]をクリックします。

10.ユーザー設定用紙を設定します。
[ユーザー設定用紙名]登録するユーザー設定用紙の名称を入力します。半角/全角 31 文字まで入力できます。
[単位]ユーザー設定用紙のサイズを設定するときに使用する単位を選択します。
[用紙サイズ]ユーザー設定用紙の高さと幅([高さ][幅])を設定します。
用紙サイズは、縦長([高さ][幅])かつ、定義可能な範囲内で指定してください。

11.ユーザー設定用紙を登録します。
(1) [登録]をクリックします。
* 登録できるユーザー設定用紙の数は、ご使用のシステム環境によって異なります。
(2) [用紙一覧]に、登録したユーザー設定用紙が追加されたことを確認します。
(3) [OK]をクリックします。


用紙を縦置きする場合*1用紙を横置きする場合*2
縦レイアウト横レイアウト縦レイアウト横レイアウト
給紙カセット
(片面印刷時)

(印刷面を上に)

(印刷面を上に)

(印刷面を上に)

(印刷面を上に)
給紙カセット
(両面印刷時)

(表面を下に)

(表面を下に)

(表面を下に)

(表面を下に)
手差し
(片面印刷時)

(印刷面を下に)

(印刷面を下に)

(印刷面を下に)

(印刷面を下に)
手差し
(両面印刷時)

(表面を上に)

(表面を上に)

(表面を上に)

(表面を上に)
*1 縦置き:用紙の短辺がプリンター前面と平行になる置きかたです。
*2 横置き:用紙の長辺がプリンター前面と平行になる置きかたです。



参考
プリンターフォルダーを表示する
[スタート]メニューから[設定]→[プリンタ]を選択します。
 
[スタート]メニューから[プリンタとFAX]を選択します。
[スタート]メニューから[コントロールパネル]を選択して、[プリンタとその他のハードウェア]→[プリンタとFAX]の順にクリックします。
[スタート]メニューから[コントロールパネル]を選択して、[プリンタ]をクリックします。
 
[スタート]メニューから[デバイスとプリンター]を選択します。
[スタート]メニューから[コントロールパネル]を選択して、[プリンタ]をダブルクリックします。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP9200C

 

[TOP▲]
このページのトップへ