オーバーレイ印刷方法



オーバーレイ印刷方法
更新日 : 2015年4月3日
文書番号 : Q000064790



フォームオーバーレイ印字とは、すべてのページに印刷するデータをあらかじめフォームファイルとして作成しておき、
実際に印刷するときに印刷原稿とフォームファイルを重ね合わせて印刷する機能です。
本機能により、印刷のたびに同じデータを送信する手間を省くことができます。
 
●フォームオーバーレイのイメージ

 ※フォームオーバーレイ印刷を行うには、LIPS4対応のプリンタとLIPS4ドライバ(Windows環境)が必要です。


■フォームオーバレイ印刷方法


フォームファイル作成

  1. フォームとして登録したいデータを開き、アプリケーション側からプリンタのプロパティまたは印刷設定を開きます。
  2. 「ページ設定」タブ内の「ページオプション」を開きます。



  3. 「オーバレイ」タブを開き、処理方法の「フォームファイルを作成する」を選択し、「参照」をクリックします。



  4. 保存先およびファイル名(任意のフォームファイル名)を入力し、「保存」を押します。



  5. 必要に応じて「タイトル」、「サブタイトル」を入力して「OK」を押します。




  6. 「OK」を押し, アプリケーションから印刷を実行するとフォームファイルが作成されます。

※フォームファイルとして登録する場合、印刷は行われません。

戻る

オーバーレイ印刷方法

  1. オーバーレイ印刷をしたいデータを開き、アプリケーション側からプリンタのプロパティまたは印刷設定を開きます。
  2. 「ページ設定」タブ内の「ページオプション」を開きます。



  3. 「オーバレイ」タブを開き、処理方法の「オーバレイ印刷を行う」を選択します。
    「参照」を選択し、重ね合わせるフォームファイルを選びます。



  4. 保存先からフォームファイルを選択し、「開く」をクリックします。



  5. フォームファイルの名称に間違いが無いか確認し、「OK」をクリックします。



  6. 「OK」を押し, アプリケーションから印刷を実行すると、フォームファイルと印刷データが重なって印刷されます。

※フォームファイルがカラー、原稿がモノクロで、カラーモードが「カラー/モノクロ自動切替」の場合、「フォームファイルとドライバファイルのカラー印刷の設定が異なっています。印刷を中止します。」の警告が表示され、印刷が中止される場合がございます。その際は、原稿印刷時にカラーモードで「カラー」を選択して印刷を行ってください。

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1310 / LBP-1420 / LBP-1510 / LBP-1610 / LBP-1620 / LBP-1710 / LBP-1810 / LBP-1820 / LBP-1910 / LBP-2030 / LBP-2040 / LBP-2050 / LBP-2160 / LBP-2200 / LBP-2260 / LBP-2260N / LBP-2300 / LBP-2360 / LBP-2510 / LBP-2710 / LBP-2810 / LBP3410 / LBP3700 / LBP3800 / LBP3900 / LBP3910 / LBP3920 / LBP3930 / LBP3950 / LBP3970 / LBP3980 / LBP-430 / LBP-450 / LBP-470 / LBP4510 / LBP5400 / LBP5500 / LBP5700 / LBP5800 / LBP5900 / LBP5900SE / LBP5910 / LBP5910F / LBP6700 / LBP6710i / LBP-720 / LBP-730 / LBP-740 / LBP-740e / LBP-750 / LBP7700C / LBP-830 / LBP-840 / LBP-850 / LBP-870 / LBP-880 / LBP8610 / LBP8620 / LBP8630 / LBP8710 / LBP8710e / LBP8720 / LBP8730i / LBP8900 / LBP-910 / LBP-930 / LBP-930EX / LBP-950 / LBP9600C / LBP9650Ci / LBP9660Ci

 

[TOP▲]
このページのトップへ