色味や色ずれを調整する(キャリブレーションや色ずれ補正) (LBP7600C)



色味や色ずれを調整する(キャリブレーションや色ずれ補正) (LBP7600C)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000065028



対処方法

色味が変わったり色ずれが発生して、正しい色(指定した色)で印刷されないときなどは、キャリブレーションを行ってください。

キャリブレーションの種類概要キャリブレーションの実行時間(目安)
色ずれ調整各色の印字開始位置のずれを制御して色ずれを調整します。色ずれが起こっているときに実行してください。約 54 秒
濃度制御最大濃度および中間濃度を制御します。色味が変わり正しい色(指定した色)で印刷されないときなどに実行してください。約 56 秒
中間濃度制御中間濃度を制御します。中間濃度の色味が変わり正しい色(指定した色)で印刷されないときなどに実行してください。約 56 秒
フルキャリブレーション「色ずれ調整」と「濃度制御」を行います。色ずれの調整と濃度の制御(色味の調整)をまとめて行いたいときなどに実行してください。約 100 秒



操作パネルからキャリブレーションを行う

1.[ ](ユーティリティー)を押します。

2.[ ]、[ ]で「キャリブレーション」を選択して、[OK]を押します。

3.[ ]、[ ]で「色ずれ調整」、「濃度制御」、「中間濃度制御」、「フルキャリブレーション」から調整したい項目を選択して、[OK]を押します。

4.[ ]で「はい」を選択して、[OK]を押します。
→キャリブレーションが実行されます。


リモートUIからキャリブレーションを行う

1.Webブラウザーを起動します。

2.アドレス入力欄に「http://<プリンターのIPアドレス>/」を入力して、キーボードの[ENTER]キーを押します。
  • 入力例: http://192.168.0.215/
* DNSサーバーにプリンターのホスト名が登録されている場合は、IPアドレスのかわりに[ホスト名.ドメイン名]を入力することもできます。
- 入力例: 「http://my_printer.xy_dept.company.com/」
* SSLによる暗号化通信を利用するときは、「https://<プリンターのIPアドレスまたは名前>/」を入力します。[セキュリティ警告]ダイアログボックスなどが表示された場合は、メッセージにしたがって対処してください。
- 入力例: https://192.168.0.215/
メモ
リモートUIが起動されないとき
  • 次のことを確認してください。
- リモートUIが有効になっている
- コンピューターとプリンターがネットワーク経由で正しく接続されている
- プリンターの電源が入っている
- IPアドレスまたは[ホスト名.ドメイン名]が正しく入力されている

3.管理者モードでログインする
(1)[管理者モード]を選択します。
(2)[パスワード]を入力します。
* 管理者パスワードを設定していない場合は、入力する必要はありません。
(3)[ログイン]をクリックします。

4.[設定/登録]メニューから[出力/制御]にある[キャリブレーション]を選択します。

5.キャリブレーションを実行します。
(1)実行したいキャリブレーションを選択します。
(2)[実行]をクリックします。
→キャリブレーションが実行されます。


1.[ ](セットアップ)を押します。

2.[ ]、[ ]で「拡張機能」を選択して、[OK]を押します。

3.[ ]、[ ]で「タイマー設定」を選択して、[OK]を押します。

4.[ ]、[ ]で「キャリブレーションタイマー」を選択して、[OK]を押します。

5.[ ]、[ ]で「使う」を選択して、[OK]を押します。

6.[ ]、[ ]で「キャリブレーション時刻」を選択して、[OK]を押します。

7.自動的にキャリブレーションを行う時刻を設定して、[OK]を押します。
]、[ ]で数値の増減、[ ]、[ ]で設定箇所を移動することができます。
メモ
自動的にキャリブレーションが行われないとき
次のような場合は、「キャリブレーションタイマー」を「使う」に設定していても、キャリブレーションは行われません。
  • データの受信中や印刷中の場合
  • 操作パネルを操作している場合


1.[ ](オンライン)を押します。
→オンラインランプが消灯し、操作パネルで設定できる状態になります。

2.[ ](セットアップ)を押します。

3.[ ]、[ ]で「ユーザーメンテナンス」を選択して、[OK]を押します。

4.[ ]、[ ]で「初回キャリブレーション」を選択して、[OK]を押します。

5.[ ]、[ ]で「色ずれ調整」を選択して、[OK]を押します。

6.電源を入れた直後の「色ずれ調整」の動作を設定します。
]、[ ]で「ジョブ終了後実行」または「即時実行」を選択して、[OK]を押します。
ジョブ終了後実行電源を入れてから最初の印刷が終了したときに色ずれ調整を実行します。
即時実行電源を入れた直後に色ずれ調整を実行します。電源を入れた直後に色ずれ調整を実行すると、印刷可能な状態になるまでに時間がかかります。


7.[ ]、[ ]で「濃度制御」を選択して、[OK]を押します。

8.電源を入れた直後の「濃度制御」の動作を設定します。
]、[ ]で「しない」、「ジョブ終了後実行」または「即時実行」を選択して、[OK]を押します。
しない使用環境の温度変化が大きい場合に、濃度制御を実行することがあります。
ジョブ終了後実行電源を入れてから最初の印刷が終了したときに濃度制御を実行します。
即時実行電源を入れた直後に濃度制御を実行します。電源を入れた直後に濃度制御を実行すると、印刷可能な状態になるまでに時間がかかります。

→「初回キャリブレーション」の設定が変更されます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP7600C

 

[TOP▲]
このページのトップへ