リモートUIを起動する(工場出荷時パスワードあり)



リモートUIを起動する(工場出荷時パスワードあり)
更新日 : 2013年11月19日
文書番号 : Q000065602



リモートUIを起動する

リモートUIを起動する
1 Webブラウザを起動します。
2 アドレス入力欄に「http://<プリンターのIPアドレス>/」を入力して、キーボードの[ENTER]キーを押します。
入力例: http://192.168.0.215/
DNSサーバーにプリンターのホスト名が登録されている場合は、IPアドレスのかわりに[ホスト名.ドメイン名]を入力することもできます。
入力例: 「http://my_printer.xy_dept.company.com/」
SSLによる暗号化通信を利用するときは、「https://<プリンターのIPアドレスまたは名前>/」を入力します。[セキュリティ警告]ダイアログボックスなどが表示された場合は、メッセージにしたがって対処してください。
入力例: https://192.168.0.215/
リモートUIが起動されない時
次のことを確認してください。
 ・リモートUIが有効になっている
 ・コンピューターとプリンターがネットワーク経由で正しく接続されている
 ・プリンターの電源が入っている
 ・IPアドレスまたは[ホスト名.ドメイン名]が正しく入力されている
3 リモートUIに管理者または一般ユーザーでログインする。
  管理者モードでログインする
管理者モードでログインすると、リモートUIのすべての操作および設定が可能です。
(1) [管理者モード]を選択します。
(2) [パスワード]を入力します。
 ※工場出荷時の設定は「7654321」です。
(3) [ログイン]をクリックします。
  一般モードでログインする
一般ユーザーモードでログインすると、デバイスの状態の確認、設定の確認、ジョブの閲覧などが可能です。
(1) [一般ユーザーモード]を選択します。
(2) 必要に応じて[ユーザー名]を入力します。

(3)

[ログイン]をクリックします。

【メモ】

[ユーザー名]について
[ユーザー名]を入力しなくてもログインすることはできますが、入力することで、ユーザー名が一致するジョブの操作が可能になります。
入力する[ユーザー名]はコンピューターにログインしたときに入力したユーザー名になります。


ユーザー名が一致するジョブの操作について
[ユーザー名]を入力してログインした場合、[設定/登録]−[管理設定]−[セキュリティー]の[管理設定]で一般ユーザーによるジョブ操作を許可されているときにのみ、ユーザー名が一致するジョブの操作が可能です。

以上でリモートUIの起動は完了です。

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP6600 / LBP6710i / LBP7600C / LBP8710 / LBP8710e / LBP8720 / LBP8730i / LBP9510C / LBP9520C / LBP9650Ci / LBP9660Ci

 

[TOP▲]
このページのトップへ