WindowsVista【CAPT】ポートを手動で選択してインストールする方法(ダウンロードしたプリンタードライバー)



WindowsVista【CAPT】ポートを手動で選択してインストールする方法(ダウンロードしたプリンタードライバー)
更新日 : 2013年3月29日
文書番号 : Q000071672



WindowsVistaでダウンロードしたプリンタードライバーのインストール方法を説明します。
製品にWindowsVista用ドライバーCD-ROMが同梱されていない場合や、最新ドライバーをご利用いただく場合は、
ドライバーをダウンロードしてインストールしてください。

   ポートを手動で選択してインストールする方法

プリンターが接続されていない状態でインストールする場合は、この方法でインストールを行ってください。

ポートを手動で選択してインストールする方法(WindowsVista CAPT)
1

コンピューターの電源を入れ、WindowsVistaを起動します。

2 Administratorのメンバーとしてログオンします。

プリンタードライバーのインストールを行うためには、プリンターに関するフルコントロールアクセス権が必要です。
3 プリンタードライバーをキヤノンHPからダウンロードします。

ドライバーのダウンロードについては: こちら
4 ダウンロードしたプリンタードライバーを解凍します。

ダウンロードしたドライバーの解凍については : こちら
5

解凍が完了すると、右図のようなフォルダーが作成されます。

フォルダー名は機種によって異なります。


6

作成されたフォルダー内にある[Setup]を
ダブルクリックします。

インストーラーが起動し「セットアップウィザード」ダイアログボックスが表示されます。
7

ユーザーアカウント制御」画面が開いたら、[続行]を押します。

8 [Readmeファイルの表示]をクリックしてReadmeファイルの内容を確認したあと、
[次へ]を押します。

9

使用許諾書の内容を確認したあと、[はい
を押します。

10 ポートを手動で設定してインストール
を選択し、[次へ]を押します。


LBP7010C/6200/3100は下の表示となります。

11

「使用するポート」で接続先を指定します。
その他の項目も、必要に応じて設定し、
次へ]を押します。

各項目の設定内容は以下の通りです。

使用する
ポート
プリンターを接続するポートを選択してください。
プリンター名 任意にプリンター名を変更することが可能です。
通常使う
プリンター
として使う
メインプリンターとして利用する場合は、チェックを入れてください。
プリンターを
共有する
共有プリンターとして利用する場合は、チェックを入れ、「共有名」に共有プリンター名を入力してください。
12 開始]を押します。
13 インストール開始後の中止不可に関する警告が表示されたら、[はい]を押します。

インストールが開始します。

14 インストール完了の画面が表示されたら、
「ただちにコンピューターを再起動します」
を選択し、[再起動]を押します。
Windowsが再起動します。



すぐに再起動ができない場合は、「ただちにコンピューターを再起動する」のチェックを外して[終了]をクリックします。
プリンターを使用する前には必ず再起動してください。

以上で、プリンタードライバーのインストールは完了です。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-2410 / LBP3000 / LBP3000B / LBP3100 / LBP3210 / LBP3300 / LBP3310 / LBP3500 / LBP3600 / LBP5000 / LBP5050 / LBP5050N / LBP5100 / LBP5200 / LBP5300 / LBP5600 / LBP5600SE / LBP5610 / LBP6200 / LBP6300 / LBP7010C / LBP7200C / LBP7200CN / LBP9100C / LBP9200C

 

[TOP▲]
このページのトップへ