Windows2000/XP ファイルを手動で選択してインストールする方法【LBP-1110シリーズ/1210/3200】(ダウンロードしたプリンタードライバー)



Windows2000/XP ファイルを手動で選択してインストールする方法【LBP-1110シリーズ/1210/3200】(ダウンロードしたプリンタードライバー)
更新日 : 2013年4月2日
文書番号 : Q000071804



WindowsXP/2000でダウンロードしたプリンタードライバーのインストール方法を説明します。
製品にWindowsXP/2000用ドライバーCD-ROMが同梱されていない場合や、最新ドライバーをご利用
いただく場合は、ドライバーをダウンロードしてインストールしてください。


  ファイルを手動で選択してインストールする方法

プリンターが接続されていない状態でインストールする場合は、この方法でインストールを行ってください。

   重要
 
プリンタードライバーをインストールしていない状態でプリンター本体をUSBで接続しても、プリンターを使用できません。
必ず、プリンタードライバーをインストールしてからプリンター本体を接続してください。
ご利用のプリンターによっては、USB環境の場合、デバイス情報取得機能および部門管理機能を使用できません。
詳細については、プリンタードライバーの[ヘルプ]を参照してください。
ご利用のプリンターをUSBで接続したい場合、機種によっては、オプションのUSBインターフェースボードが必要になる場合があります。
ご利用のプリンターによっては、あらかじめプリンターのページ記述言語選択(プラグ&プレイ)機能をご利用のプリンタードライバーにあわせて設定しておく必要があります。ページ記述言語選択(プラグ&プレイ)機能の設定方法については、本体に付属のマニュアルを参照してください。 



ファイルを手動で選択してインストールする方法(WindowsXP/2000 CAPT)

1

プリンターとコンピューターの電源がオフになっていることを確認します。

【重要】
この段階では、プリンターの電源は入れないでください。最後の【手順21】で電源をオンにします。

2 USBケーブルのBタイプ(四角い)側をプリンターのUSBコネクタへ接続します。
3 USBケーブルのAタイプ(平たい)側をコンピューターのUSBポートへ接続します。
4

コンピューターの電源を入れ、WindowsXP/2000を起動します。

このとき、プリンターの電源が必ずオフになっていることを確認してください。
プリンターの電源が入っているとプラグアンドプレイの画面が表示されます。プラグアンドプレイの自動セットアップウィザードが表示された場合は、[キャンセル]をクリックして、本手順でインストールを行ってください。
5

Administratorのメンバーとしてログオンします。

プリンタードライバーのインストールを行うためには、プリンターに関するフルコントロールアクセス権が必要です。
6 プリンタードライバーをキヤノンHPからダウンロードします。

ドライバーのダウンロードについては: こちら
7 ダウンロードしたプリンタードライバーを解凍します。

ダウンロードしたドライバーの解凍については : こちら
8 解凍が完了すると、右図のようなフォルダーが作成されます。


フォルダー名は機種によって異なります。
Windows XP Service Pack 2の場合は
修正モジュールもダウンロードし、解凍
して下さい。インストール方法はこちら



9 スタート]-[コントロールパネル]-
[プリンターとその他のハードウェア]-
プリンターとFAX]の順で開き、[プリンターのインストール]を押します。
10 [プリンターの追加ウィザード]が表示されます。[次へ]をクリックします。
11

このコンピューターに接続されている
ローカルプリンター(L)
]を選択し、[次へ]を
押します。

12

次のポートを使用(U)]を選択し、ポートを選択し、[次へ]を押します。

13

[プリンターソフトウェアのインストール]画面が開いたら、[ディスク使用]を押します。

14

参照(B)]を押します。

15

[ファイルの場所]が表示されますので
【手順8】で作成されたフォルダーを指定します。[開く]を押します。

16

[プリンターソフトウェアのインストール]が
表示されますので、一覧からインストール
したいプリンターを選択し、[次へ]を押します。

 

 

17 [プリンター名]の画面が表示されます。
機種名に間違いがなければ[次へ]をクリック
します。

インストールが開始されます。
18 プリンターの共有を有効にしている場合は
[プリンター共有]の画面が表示されます。

共有する場合は[共有名]を、共有しない場合は[このプリンターを共有しない]を選択してください。


パソコンの共有設定がされていない場合はこの画面は表示されません。
この設定はインストール後も変更可能です
19 [テストページの印刷]画面が表示されます。
[いいえ]を選択し[次へ]をクリックして下さい。

20

[完了]を押します。

 

21

プリンター側面の電源スイッチの""側を押して、プリンターの電源をオンにします。
USBドライバー-がインストールされ、プリンターが使用出来る状態になります。

以上で、プリンタードライバーのインストールは完了です。


戻る



  修正モジュールをインストールする(Windows XP Service Pack 2の場合)

Windows XP Service Pack 2 などの データ実行防止機能を持っているOSを使用する場合は、ドライバーの
インストール後、以下の修正モジュールのダウンロードと解凍を行い、生成したフォルダー内 [CAP1RU.exe]
をダブルクリックしてドライバーの更新を行ってください。

データ実行防止機能が働くと、以下のようなメッセージが表示され印刷が行えません。

修正モジュールをインストールする(Windows XP Service Pack 2)
1 以下のキヤノンホームページ(ソフトウエアダウンロードサイト)へアクセスします。
ドライバーダウンロード画面にある、修正モジュールクリックしダウンロードを行います。

2

【手順 1】ダウンロード後解凍を行うと、「CAP1UD」という名前のフォルダーが作成されます。

3

CAP1UD]フォルダーをクリックして、開きます。

CAP1UDフォルダーの中にある[CAP1UD.EXE
アイコンをダブルクリックします。
4 「CAPT RU Utility」画面が開いたら、[はい]ボタンを押します。
5 次の画面で[OK]ボタンを押します。
以上で修正モジュールのセットは完了です。


戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP-1110 / LBP-1110 SE / LBP-1110 Premium / LBP-1120 / LBP-1210 / LBP3200

 

[TOP▲]
このページのトップへ