トナーカートリッジを交換する(LBP9660Ci/LBP9520C)



トナーカートリッジを交換する(LBP9660Ci/LBP9520C)
更新日 : 2013年11月19日
文書番号 : Q000076616



対処方法

メッセージ表示される時期または原因内容および対処
「16 <トナーの色>*トナーカートリッジの寿命が近づいています」トナーカートリッジの交換時期が近づいたとき・印刷は継続できます。
・表示された色の新品のトナーカートリッジを用意してください。
・大量の印刷をするときは、トナーカートリッジを交換することをおすすめします。
「<トナーの色>* トナーカートリッジの寿命が近づいています。」トナーカートリッジの交換時期が近づいたとき・プリンターは停止します。
・[ ](オンライン)を押すと印刷は継続できます。
・表示された色の新品のトナーカートリッジを用意してください。
・大量の印刷をするときは、トナーカートリッジを交換することをおすすめします。
「1G <トナーの色>* トナーカートリッジの交換をおすすめします」トナーカートリッジが寿命になったとき・印刷は継続できます。
・表示された色のトナーカートリッジを新しいトナーカートリッジに交換することをおすすめします。
「トナーカートリッジ寿命<トナーの色>*」トナーカートリッジが寿命になったとき・プリンターは停止します。
・[ ](オンライン)を押すと印刷は継続できます。
・表示された色のトナーカートリッジを新しいトナーカートリッジに交換することをおすすめします。
「9G <トナーの色>* トナーカートリッジ部品寿命 交換をおすすめします」トナーカートリッジの部品が寿命になった可能性があるとき・そのまま印刷を継続できますが、プリンター本体の故障の原因となることがありますので、新しいトナーカートリッジに交換することをおすすめします。
「<トナーの色>* トナーカートリッジの部品寿命です。交換をおすすめします。」トナーカートリッジの部品が寿命になったとき・プリンターは停止します。
・[ ](オンライン)を押すと印刷は継続できます。
・プリンター本体の故障の原因となることがありますので、新しいトナーカートリッジに交換することをおすすめします。
「<トナーの色>* トナーカートリッジを再セットしてください。」トナーカートリッジが正しく取り付けられていない可能性があるとき・プリンターは停止し、継続して印刷することはできません。
・表示された色のトナーカートリッジを取り出し、セットしなおしてください。
「1H <トナーの色>* トナーカートリッジをセットしなおしてください。」トナーカートリッジが正しい位置にセットされてないとき・トナーカートリッジを取り出し、セットしなおしてください。
「<トナーの色>* トナーカートリッジを再セットまたは交換してください。」トナーカートリッジが正しく取り付けられていない可能性があるとき・プリンターは停止します。
・[ ](オンライン)を押すと印刷は継続できます。
・表示された色のトナーカートリッジを取り出し、セットしなおしてください。
・それでもメッセージが表示される場合は、新しいトナーカートリッジに交換することをおすすめします。
「<トナーの色>* トナーカートリッジをセットしてください。」トナーカートリッジがセットされてないとき・表示された色のトナーカートリッジをセットしてください。
「<トナーの色>* トナーカートリッジがセットされている位置を確認してください。」トナーカートリッジが正しい位置にセットされてないとき・表示された色のトナーカートリッジを正しい位置にセットしなおしてください。
* <トナーの色>には、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)が表示されます。

トナーが少なくなったときに「16 <トナーの色>トナーカートリッジの寿命が近づいています」と「<トナーの色>トナーカートリッジの寿命が近づいています。」のどちらが表示されるかは、セットアップメニューの「警告処理」の設定によります。本プリンターの工場出荷時の状態では、「16 <トナーの色>トナーカートリッジの寿命が近づいています」が表示されるように設定されています。「警告処理」の設定については、プリンターに付属のCD-ROMに収められている「e-マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。


2.交換する色のトナーカートリッジを引き出します。
(1) 取っ手を持ちます。
(2) トナーカートリッジを引き出します。
* 使用済みトナーカートリッジの回収にご協力ください。
 

3.新しいトナーカートリッジを、保護袋から取り出します。
保護袋は、切り込みの部分から手で開けることができます。
* 保護袋は、捨てずに保管しておいてください。プリンターのメンテナンスなど、トナーカートリッジを取り外したときに必要になります。

4.トナーカートリッジを図のように 5 〜 6 回振って、内部のトナーを均一にならします。
* ドラム保護カバー(A)は取り外さないでください。

5.取っ手(A)を持って、ドラム保護カバーを取り外します。
* ドラム保護カバーは、捨てずに保管しておいてください。プリンターのメンテナンスなど、トナーカートリッジを取り外したときに必要になります。

6.トナーカートリッジを取り付けます。
トナーカートリッジの突起(A)を前カバーのガイド(B)に合わせて取り付けます。
* トナーカートリッジを取り付けるときは、ドラム部分をプリンターの枠にぶつけないように注意してください。
しっかりと奥まで押し込みます。
重要
トナーカートリッジを取り付けるときの注意
  • トナーカートリッジは色別に取り付け位置が決まっています。同じ色のラベルが貼ってあるスロットに取り付けてください。

7.前カバーを閉めます。

トナーカートリッジは正しく持つ
  • トナーカートリッジを取り扱うときは、図のように正しく持ってください。立てたり、裏返したりしないでください。
トナーカートリッジメモリー(A)や電気接点部(B)、ドラム(C)には触れない
  • トナーカートリッジメモリー(A)や電気接点部(B)に触れると、故障の原因になることがあります。また、ドラム(C)を手で触れたり、傷を付けたりすると、印刷品質が低下します。絶対に手で触れないでください。
 
高圧接点部(D)には触れない
  • 高圧接点部(D)に触れると、印字不良や故障の原因になることがあります。
その他の注意
  • 絶対に直射日光や強い光に当てないでください。
  • 絶対に分解や改造などをしないでください。
  • トナーカートリッジを急激な温度変化にさらすと、内部や外部に水滴が付着(結露)することがあります。温度変化のある場所で取り付けるときなどは、保護袋を開封せずに 2 時間以上置き、周囲の温度に慣らしてから開封してください。
  • トナーカートリッジを取り付けた状態で、前カバーを開けたまま長時間放置しないでください。
  • トナーカートリッジをディスプレーやコンピューター本体など、磁気が発生する装置に近づけないでください。

メモ
梱包材について
  • 梱包材は予告なく位置・形状が変更されたり、追加や削除されることがあります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP9520C / LBP9660Ci

 

[TOP▲]
このページのトップへ