用紙種類を設定する(LBP6240/LBP6230)



用紙種類を設定する(LBP6240/LBP6230)
更新日 : 2014年7月8日
文書番号 : Q000079168



対処方法

プリンタードライバーを使って、パソコン上の文書を本機で印刷する方法を説明します。

1. アプリケーションで文書を開いて、印刷画面を表示させる
  • 印刷画面の表示方法はアプリケーションによって異なります。各アプリケーションの取扱説明書を参照してください。

2. 本機を選び、[詳細設定]または[プロパティ]をクリックする
  • 表示される画面は、アプリケーションによって異なります。

3. [給紙]タブで用紙の種類を選ぶ
  • 印刷に使用する用紙の種類に応じて[用紙種類]を設定します。
用紙の種類プリンタードライバーでの用紙設定
普通紙 *160 〜 90 g/m2[普通紙]
[普通紙L]*2
[ラフ紙1]*3 *5
厚紙91 〜 163 g/m2[厚紙]
[ラフ紙2]*4 *5
OHPフィルム *6 *7[OHPフィルム]
ラベル用紙 *7[ラベル用紙]
はがき *8[はがき]
封筒[封筒]
*1 再生紙も使用できます。
*2 [普通紙]に設定すると用紙がカールするような場合は、こちらを選択します。
*3 表面が粗い用紙(60 〜 90 g/m2)を[普通紙]に設定すると、紙づまりが発生したり、トナーが定着されずに印刷がかすれたりするような場合は、こちらを選択します。
*4 表面が粗い用紙(91 〜 163 g/m2)を[厚紙]に設定すると、紙づまりが発生したり、トナーが定着されずに印刷がかすれたりするような場合は、こちらを選択します。
*5 トナーによる汚れが布などに付着する場合は、こちらを選択します。
*6 レーザープリンター用のものを使用してください。
*7 A4またはレターサイズのみ使用できます。
*8 郵便はがき、郵便往復はがき、郵便 4 面はがきを使用できます。インクジェット用の郵便はがきや郵便往復はがきは使用できません。

4. 必要に応じてその他の印刷設定をする
MEMO:
ここで行った印刷設定を「お気に入り」として登録して、次に印刷するときに呼び出すことができます。印刷のたびに同じ設定を繰り返す手間を省くことができます。登録方法については、本機に付属のCD-ROM/DVD-ROMに収められている「プリンタードライバーインストールガイド」(HTMLマニュアル)を参照してください。

5. [OK]をクリックする

6. [印刷]または[OK]をクリックする
印刷が開始されます。アプリケーションによっては、印刷中に次のような画面が表示されます。
  • 印刷を中止したいときは、上の画面が表示されているときに[キャンセル]をクリックします。画面が消えたあとや表示されない場合は、別の方法で印刷を中止できます。 印刷を中止する(LBP6240/LBP6230)

重要
印刷した用紙のトナーで汚れたりトナーがはがれたりするとき
  • 表面が粗い用紙を使用している場合や、トナーによる汚れが布などに付着する場合は、[用紙種類]を[ラフ紙1](60 〜 90 g/m2)または[ラフ紙2](91 〜 163 g/m2)に設定してください。
  • 印刷した用紙はこすらないでください。印刷した用紙を指や布などでこすると、トナーで汚れたりトナーがはがれたりすることがあります。
メモ
Windows 8/Server 2012でWindowsストアアプリから印刷するときは
  • 画面右側のチャームを表示し、次の操作を行います。
- Windows 8/Server 2012
[デバイス] お使いのプリンター [印刷]をタップまたはクリックします。
- Windows 8.1/Server 2012 R2
[デバイス] [印刷] お使いのプリンター [印刷]をタップまたはクリックします。
なお、この方法で印刷した場合は、使用できる印刷設定は制限されます。
  • <印刷するには入力が必要です。デスクトップへ移動します。>というメッセージが表示されたときは、デスクトップに移動し、表示されているダイアログボックスに従って操作してください。メッセージは印刷時にユーザー名を確認するように設定しているときなどに表示されます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP6230 / LBP6240

 

[TOP▲]
このページのトップへ