各部の名称と機能(LBP6240/LBP6230)



各部の名称と機能(LBP6240/LBP6230)
更新日 : 2014年7月8日
文書番号 : Q000079175



対処方法


(1) 操作パネル
キーや各種ランプが配置されており、本体の状態確認や操作を行うことができます。操作パネルの各部の名称と機能については、「操作パネル」を参照してください。
(2) (Wi-Fi)ランプ(LBP6240)
無線LANで接続されているときに点灯します。
(3) (Wi-Fi)キー(LBP6240)
無線LANの接続設定をWPS/AOSS/らくらく無線スタートのプッシュボタン方式で行うときに使用します。
(4) 電源スイッチ
電源を入れたり、切ったりします。
(5) 上カバー
(6) 排紙トレイ
印刷が終わると、用紙はここに排出されます。
(7) 補助トレイ
印刷するときに引き出します。
(8) 手差し給紙口
給紙トレイにセットされていない用紙を一時的に使うときなどは、ここにセットします。 手差し給紙口に用紙をセットする(LBP6240/LBP6230)
(9) トレイカバー
給紙トレイにセットした用紙にホコリが付かないようにするカバーです。また、手差し給紙口に用紙をセットする際にはトレイの役割もします。
(10) 給紙トレイ
印刷に使用する用紙をセットします。 給紙トレイに用紙をセットする(LBP6240/LBP6230)


(1) 通気口
本体内部の換気と冷却を行います。通気口のそばに障害物を置くと換気の妨げになりますのでご注意ください。
(2) 後ろカバー
(3) 定格銘板ラベル
お問い合わせの際に必要となるシリアルナンバーが記載されています。
(4) USBポート
USBケーブルを使ってパソコンに接続します。
(5) リセットボタン
このボタンを押しながら電源を入れると、システム管理設定を初期化することができます。初期化の方法については、本機に付属のCD-ROM/DVD-ROMに収められている「電子マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。
(6) ACTランプ
有線LANでデータの送受信が行われているときに点滅します。
(7) LANポート
市販のLANケーブルを使って、ハブ(またはルーター)に接続します。接続方法については、本機に付属のCD-ROM/DVD-ROMに収められている「電子マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。
(8) LNKランプ
有線LANで接続されているときに点灯します。
(9) 電源ソケット
電源コードを接続します。




(1) 用紙ガイド
セットした用紙がまっすぐ引き込まれるように、用紙の幅にぴったり合わせます。


(1) 用紙ガイド
セットした用紙がまっすぐ引き込まれるように、用紙の大きさにぴったり合わせます。
(2) はがきガイド
はがきなどの小さなサイズの用紙をセットする場合に手前の用紙ガイドに取り付けて使います。


(1) (電源)ランプ
電源が入っているときに点灯します。
(2) (エラー)ランプ
(3) (ジョブ)ランプ
印刷中や待機中などの印刷データがあるときに点灯します。印刷を中止しているときは点滅します。
(4) (ジョブキャンセル)キー
印刷中の文書を中止します。 印刷を中止する(LBP6240/LBP6230)
(5) (Paper)キー
用紙がない場合や用紙サイズが異なる場合など、用紙の確認が必要なエラーが発生したときにキーが点滅します。用紙をセットしなおして、キーを押すと印刷が再開されます。
MEMO:
印刷可能な状態のときに[ ](Paper)キーを長押し(3 秒間)すると、ネットワークに関する設定内容をリストとしてプリントすることができます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP6230 / LBP6240

 

[TOP▲]
このページのトップへ