用紙がつまった(LBP8900)



用紙がつまった(LBP8900)
更新日 : 2014年10月10日
文書番号 : Q000082186



対処方法

紙づまりが起きると、タッチパネルディスプレーに、紙づまり箇所と処理方法を示す画面が表示されます。画面の指示に従って処理してください。画面は、紙づまりが処理されるまで繰り返し表示されます。[閉じる]を押すと、紙づまりをすぐに処理しなくてもモードの設定など、本体の操作を続けることができます。
重要
  • 画面に表示された紙づまり位置に、実際に紙がつまっていないことがあります。そのような場合も、画面の表示に従って、必ずすべての箇所を確認するようにしてください。
  • ホチキスを設定してプリント中に、紙づまりが起こって出力が停止した場合は、タッチパネルディスプレーに紙づまり箇所として表示された場所以外の用紙は取り除かないようにしてください。例えば本体で紙づまりが起きたときは、紙づまりの起きていないフィニッシャーからは用紙を取り除かないようにしてください。(本体の紙づまりを処理すると、フィニッシャー内の用紙はそのまま継続してホチキスされて、出力されます。)
メモ
複数の箇所に用紙がつまっているときは、タッチパネルディスプレーに表示される画面の指示に従って処理してください。



1. カセット右上カバー内につまっている用紙を取り除きます。
(1)取っ手を持ちながらカセット右上カバーを開く
(2)つまっている用紙を取り除く
(3)カセット右上カバーを閉じる
メモ
カバーは、「カチッ」と音がするまでゆっくりと閉じます。

2. カセット内につまっている用紙を取り除きます。
(1)カセットのオープンボタンを押す
(2)カセットの取っ手を持ち、止まる位置まで手前に引き出す
(3)つまっている用紙を取り除く

3. カセットを「カチッ」と音がするまでゆっくりと本体に押し込みます。
メモ
ペーパーデッキユニット・B2を装着している場合は、ペーパーデッキユニットを本体に接続します。

4. 画面の指示に従って操作します。
メモ
紙づまりの処理方法を示す画面は、紙づまりが処理されるまで繰り返し表示されます。


1. 本体右カバーを開きます。
(1)本体右カバーのオープンボタンを押す
(2)本体右カバーを開く

2. 第1排紙トレイにつまっている用紙を取り除きます。

3. 第2排紙トレイ、反転部につまっている用紙を取り除きます。
(1)第2排紙トレイにつまっている用紙を取り除く
(2)反転部につまっている用紙を取り除く

4. 排紙ユニットにつまっている用紙を取り除きます。
(1)排紙ユニットを引き出す
(2)排紙ガイドを下げながら、つまっている用紙を取り除く
(3)排紙ユニットを閉じる
メモ
  • インナーフィニッシャー・D1を装着していて、内蔵2穴パンチャー・A1を装着していない場合に、排紙ユニットから用紙を引き抜けないときは、次の手順でつまっている用紙を取り除きます。
(1)排紙口付近につまっている用紙を取り除く
  • インナーフィニッシャー・D1と内蔵2穴パンチャー・A1装着時、またはステイプルフィニッシャー・G1/中綴じフィニッシャー・G1とバッファパスユニット・H1装着時は、次の手順でつまっている用紙を取り除きます。
(1)排紙ユニットを引き出す
(2)つまっている用紙を取り除く
(3)排紙ユニットを閉じる
  • ホチキスを設定してプリントしていた場合、ホチキスされる前の出力紙の束は取り除かないでください。(紙づまりを処理したあと、続きから出力されます。)

5. 定着器上部につまっている用紙を取り除きます。
(1)定着器上部カバーを開く
(2)つまっている用紙を取り除く
(3)定着器上部カバーを閉じる

6. 定着器下部、レジ付近につまっている用紙を取り除きます。
(1)定着器下部からつまっている用紙を取り除く
(2)レジ付近からつまっている用紙を取り除く

7. 本体右カバーの下部につまっている用紙を取り除きます。

8. 右カバーの裏側につまっている用紙を取り除きます。
(1)右カバー裏上部につまっている用紙を取り除く
(2)右カバー裏下部につまっている用紙を取り除く

9. 手差し給紙の搬送部につまっている用紙を取り除きます。
メモ
手差し給紙の搬送部の下側から紙づまりを処理できないときは、手差しトレイ側から処理してください。

10. カセット右上カバー、右下カバーを開いて、紙づまりがないかどうかを確認します。
(1)カセット右上カバーを開く
(2)カセット右下カバーを開く
つまっている用紙があったら取り除いて、カバーを閉じます。
メモ
カバーは「カチッ」と音がするまでゆっくりと閉じます。

11. 本体右カバーを閉じます。
メモ
  • カバーは、「カチッ」と音がするまでゆっくりと閉じます。
  • ペーパーデッキユニット・B2を装着している場合は、ペーパーデッキユニットを本体に接続します。

12. 画面の指示に従って操作します。
メモ
紙づまりの処理方法を示す画面は、紙づまりが処理されるまで繰り返し表示されます。


1. ペーパーデッキユニットを本体から引き離します。
(1)リリースレバーを押す
(2)ペーパーデッキユニットを本体から引き離す

2. ペーパーデッキユニットの側面につまっている用紙を取り除きます。
(1)ペーパーデッキユニット側面にある緑色のレバーを押さえる
(2)緑色のレバーを押さえたまま、つまっている用紙を取り除く
本体側面の給紙口にも用紙がつまっていることがあります。つまっている場合は用紙を取り除いてください。

3. ペーパーデッキユニットを本体に接続します。
ペーパーデッキユニットを接続したときに紙づまりのメッセージが表示されなくなった場合は、手順7へ進みます。

4. ペーパーデッキユニットを開きます。
(1)オープンボタンを押す
(2)ペーパーデッキユニットを開く
内部のリフターが自動的に用紙補給位置まで下がります。
重要
本製品がスリープモードに移行しているとき(タッチパネルディスプレーの表示が消灯し、[ ](節電)が点灯しているとき)はペーパーデッキユニットを開くことができない場合があります。この場合は、[ ](節電)を押して、スリープモードを解除してからオープンボタンを押してください。

5. つまっている用紙を取り除きます。
つまっている用紙は見えにくいことがあります。よく確認してください。

6. ペーパーデッキユニットを閉じます。

7. 画面の指示に従って操作します。
メモ
紙づまりの処理方法を示す画面は、紙づまりが処理されるまで繰り返し表示されます。


1. カセット右上カバー、右下カバーを開きます。
(1)カセット右上カバーを開く
(2)カセット右下カバーを開く

2. カセット右上カバー、右下カバー内につまっている用紙を取り除きます。
(1)カセット右上カバー内につまっている用紙を取り除く
(2)カセット右下カバー内につまっている用紙を取り除く

3. カバーを閉じます。
(1)カセット右上カバーを閉じる
(2)カセット右下カバーを閉じる
メモ
カバーは「カチッ」と音がするまでゆっくりと閉じます。

4. カセット内につまっている用紙を取り除きます。
(1)給紙中のカセットのオープンボタンを押す
(2)カセットの取っ手を持ち、止まる位置まで手前に引き出す
(3)つまっている用紙を取り除く

5. カセットを「カチッ」と音がするまでゆっくりと本体に押し込みます。
メモ
ペーパーデッキユニット・B2を装着している場合は、ペーパーデッキユニットを本体に接続します。

6. 画面の指示に従って操作します。
メモ
紙づまりの処理方法を示す画面は、紙づまりが処理されるまで繰り返し表示されます。


本体内に紙片が残っている
- つまっている用紙を無理に引っ張ると、用紙が破れて紙片が本体内に残ってしまうことがあります。用紙が破れたときには、残りの紙片もすべて取り除いてください。

設定と異なる用紙が給紙箇所にセットされている
- 給紙箇所にセットされている用紙のサイズと種類が、[環境設定](設定/登録)の[用紙の設定]で設定されている用紙サイズと種類に一致しているかどうか確認してください。
メモ
用紙の向きを変えてプリントすると紙づまりが改善される場合があります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP8900

 

[TOP▲]
このページのトップへ