用紙サイズと用紙種類を登録する(LBP8100)



用紙サイズと用紙種類を登録する(LBP8100)
更新日 : 2015年5月15日
文書番号 : Q000083885



対処方法

用紙サイズと用紙種類を登録する場合は、以下の内容を参照してください。


用紙サイズ用紙選択レバーの向き
A3、B4、A4、B5、A5
レジャー、リーガル、レター、エグゼクティブ、ユーザー設定用紙

2.用紙サイズダイヤルを回して、設定する用紙サイズに合わせる

MEMO:
ユーザー設定用紙の場合
  • 用紙サイズダイヤルを「Custom」に合わせてください。

使用しないダイヤル位置
  • 「16K」、「8.5 × 13」の位置は使用しません。

続いて、給紙カセットにセットした用紙に合わせて、プリンターステータスウィンドウで用紙に関する設定を行います。
重要
セットした用紙と設定が一致していないと、正しく印刷できないだけでなく、紙づまりや印刷不良の原因となります。

3. タスクトレイに表示されている をクリックし、本機を選ぶ

4. [オプション] [デバイス設定] [給紙部設定]を選ぶ

5. [カセット1]〜[カセット4]で用紙の設定をし、[OK]をクリックする

[用紙サイズ]
本項目は[ユーザー設定]以外に設定することはできません。
MEMO:
給紙カセットにセットした用紙サイズの設定は、給紙カセットにある用紙サイズダイヤルで行います。
[用紙の送り方向]
ユーザー設定用紙を使用する場合に、給紙カセットにセットした用紙の送り方向(置きかた)を選択します。
MEMO:
  • ヨコ置きにセットしたときは、プリンタードライバーの[給紙]タブで[ユーザー設定用紙を横送りにする]にチェックマークを付けてから印刷してください。
[用紙種類]
MEMO:
[フリー]について
セットする用紙をひんぱんに変更する場合は、[フリー]に設定しておくことで、その都度、設定を変更する手間が省けます。ただし、プリンタードライバー側で設定した用紙種類をチェックしないで印刷するため、注意が必要です。


1. タスクトレイに表示されている をクリックし、本機を選ぶ

2. [オプション] [デバイス設定] [給紙部設定]を選ぶ

3.[手差し]で用紙の設定をし、[OK]をクリックする

[用紙サイズ]
セットした用紙サイズを選択します。
MEMO:
[フリー]について
  • [フリー]に設定すると、印刷が終了するたびに、印刷したデータの用紙サイズが自動的に登録されます。
[用紙の送り方向]
ユーザー設定用紙を使用する場合に、手差しトレイにセットした用紙の送り方向(置きかた)を選択します。
MEMO:
  • [用紙サイズ]の設定が[フリー]のときは、印刷が終了するたびに、印刷したデータの用紙の送り方向が自動的に登録されます。
  • ヨコ置きにセットしたときは、プリンタードライバーの[給紙]タブで[ユーザー設定用紙を横送りにする]にチェックマークを付けてから印刷してください。
[用紙種類]
MEMO:
[フリー]について
  • セットする用紙をひんぱんに変更する場合は、[フリー]に設定しておくことで、その都度、設定を変更する手間が省けます。ただし、プリンタードライバー側で設定した用紙種類をチェックしないで印刷するため、注意が必要です。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP8100

 

[TOP▲]
このページのトップへ